マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

硬質な雰囲気が魅力の「ブルックリンスタイル」って?

硬質な雰囲気が魅力の「ブルックリンスタイル」って?

くつろぎの場所である、自分の家。そのリラックス空間がお気に入りのスタイルで統一されていたら、もっといい気分になりますよね。

色々あるインテリアスタイルの中でも、最近人気を集めているのが「ブルックリンスタイル」。男前な、重厚感のあるインテリアスタイルです。

この記事では、ブルックリンスタイルとおすすめのショップやアイテムについて紹介していきます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ブルックリンスタイルとは?

出典:http://xn--eckva4ayar7i6ffg0f.jp/img/header.jpg

そもそも、ブルックリンスタイルとはどんなスタイルなのでしょう。

まず注目したいのが、名前に含まれている「ブルックリン」。ブルックリンは、アメリカのニューヨーク州にある地区の名前。17世紀の開拓以来、長い歴史を持つ地区であり、歴史的建造物もたくさんあります。

もともと工業地帯であったこの場所に近年アーティストなどのクリエイターたちが移り住み、その地にあった倉庫や古いアパートなどを活用、ビンテージ家具などを利用してひとつのスタイルを作り上げました。これが「ブルックリンスタイル」です。

これさえあればブルックリンスタイル!

ここからは、そんなブルックリンスタイルの特徴となる要素をご紹介していきましょう。

レンガ壁

出典:https://www.livinghouse.co.jp/wp-content/uploads/37dc3834385dde03c66ad4e9759a3c10-750×500.jpg

ブルックリンスタイルに欠かせないものとして、レンガの壁が挙げられます。ブルックリンには赤レンガを使用した建物が多く見られ、ブルックリン独特の街並みを築いています。実際に室内にレンガの壁を作るのは難しいですが、レンガ調の壁紙や100円ショップで売っているリメイクシートなどを利用すれば、このレンガ壁を簡単に取り入れることができます。

ビンテージ感のあるアイテム

ブルックリンには古い建物を活かしたアパートなどが多く見られます。こうした古き良きものを活かすのがブルックリンスタイルには欠かせません。ですから、室内のインテリアでも、真新しいものよりは、ビンテージ感のあるものがよくマッチします。

実際にビンテージ家具をそろえるのはコストもかかるためやはり大変ですが、ビンテージ風の家具やインテリア小物を活用すれば手軽にブルックリンスタイルの雰囲気が手に入ります。

モノトーン

ブルックリンには、レンガ壁の建物や、コンクリートの打ちっぱなしの倉庫などの建物が多くあります。この雰囲気にインテリアを合わせるには、男っぽい無骨な感じを取り入れましょう。男前インテリアにするには、色合いをモノトーンにするのがポイントです。すべてをモノトーンにしなくても、ポイントで黒と白を効かせると、ブルックリンスタイルに近づきます。

インダストリアル風

ブルックリンは工業地帯だったので、ブルックリンスタイルには倉庫のような無機質な雰囲気が好まれます。アイアンを使用した家具を室内に配置したり、チェーンなどを利用したインダストリアル風ペンダントライトを照明に選ぶと、一気にブルックリンスタイルに。

観葉植物

出典:https://amd.c.yimg.jp/amd/20170216-00003107-yj_realestate_article-000-1-view.jpg

無骨な印象のあるブルックリンスタイルには、実は観葉植物も欠かせない要素です。葉が大ぶりで背丈ほどの高さがある存在感ある植物を置くことで、硬質なインテリアの存在感がより引き立ちます。

おすすめのショップとアイテム

BrooklynStyleDepart

出典:https://limia.jp/idea/31235/

ちらのショップ「BrooklynStyleDepart」は、ライフスタイルに本物の心地よさをもたらしながら共生していくことを目指しているお店。ブルックリンスタイルの小物雑貨はもちろんのこと、ソファーや収納家具、テーブルなどの大型家具もそろっているほか、法人や個人宅の内装の施工も行っています。

URL:https://brooklynstyle.jp/pages/index.html

パイプウォールシェルフ

https://www.brooklynstyle.jp/uploads/201607231752421.jpg
出典:https://www.brooklynstyle.jp/items/1246

ブルックリンスタイルでは、工場の配管を利用した雰囲気のインテリアも好まれます。実際に配管がむき出しのインテリアを作り出すのは本格的な工事が必要ですが、こちらのシェルフなら、収納力も確保しつつ無骨な配管の見えるインテリアが楽しめます。

  • 価格:¥95,000(税別)
  • サイズ:幅1500mm×奥行き500mm×高さ2000mm

アイアンペンダントライト

https://www.brooklynstyle.jp/uploads/201607251802142.jpg
https://www.brooklynstyle.jp/items/1296

インテリアでも重要なポイントとなる照明。このペンダントライトなら、シンプルながら高級感もあり、ブルックリンスタイルにぴったりなインダストリアル感も醸し出してくれます。

  • 価格:¥25,000(税別)
  • サイズ:幅370mm×奥行き370mm×高さ380mm

NOCE

出典:http://www.noce.co.jp/pages/kouhoku.aspx

おしゃれながらお買い得な家具が揃っているショップが「NOCE」。デザインと価格のバランスが整えられ、できるだけ多くの人に商品が提供できるようにと心がけられています。初めてブルックリンスタイルに挑戦してみたい!という方には特におすすめ。

URL:http://www.noce.co.jp/pages/brooklynstyle.aspx

ソファバルセロナ 3人掛け

出典:http://www.noce.co.jp/g/g2314000001614/

インパクトあるブラックレザーは、部屋に配置すれば存在感抜群。足の部分はスチール製と、素材のコントラストがおしゃれなソファーです。

  • 価格:¥59,800(税込)
  • サイズ:幅194×奥行88×高さ83(42)cm

T3534M1チェア(同色4脚セット)

出典:http://www.noce.co.jp/g/g2377000000087/

座面にニレの木、背もたれと脚にブラックスチールを使った椅子です。ダイニングに置くだけで、ブルックリンのカフェ風インテリアが完成します。

  • 価格:¥31,920(税込)
  • サイズ:幅44.5×奥行55×高さ82(43.5)cm  座面:幅37×奥行36.5㎝

journal standard furniture

出典:http://js-furniture.jp/shop/#onlinestore

ファッションのようなインテリアスタイルを提案している「journal standard furniture」。お店のディスプレイが実際の部屋のインテリアをイメージできるようになっているのが嬉しいところ。ブルックリンスタイルには欠かせないアイテムが取り揃えられています。

URL:http://js-furniture.jp/

BRUGES DOLLY ブルージュ ドーリーテーブル

出典:http://item.rakuten.co.jp/js-furniture/ms-15000339/

journal standard furnitureオリジナルの、台車をモチーフにしたコーヒーテーブルです。車輪の部分は実用性も兼ねていて、テーブルの移動の際に使用できます。なかなか出会えない個性的なデザインが、重厚感のあるブルックリンスタイルらしいアイテムです。

  • 価格:\64,800(税込)
  • サイズ:幅90×奥50×高さ40cm

GUIDEL 12DRAWER CHEST ギデル 12ドロワーチェスト

出典:http://item.rakuten.co.jp/js-furniture/ms-15000165/

アンティーク加工が施されたアイアンのチェストです。チェストに書かれている文字もひとつひとつ手書きなので、オリジナリティあふれるインテリア作りに活躍してくれそうです。デザインはもちろん、収納力もあるのがうれしいですね。

  • 価格:¥81,000
  • サイズ:幅59×奥32×高さ151cm

まとめ

長い歴史を感じさせるブルックリンの街並み。その雰囲気を自室のインテリアにも取り入れてみませんか?

古いものを大切に活かして、今のインテリアのポイントとして使う。そんなブルックリンスタイルは、ぜひ真似したい注目のインテリアスタイルです。

361

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top