マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【おすすめソファも!】お気に入りソファを見つけるための3つのポイント

【おすすめソファも!】お気に入りソファを見つけるための3つのポイント

インテリアの中でも主役になりうる存在、ソファ。しかし存在感がある分選ぶのが難しく、買ってみても後々気に入らなかった、自分の部屋に合ったサイズがわからないなどの問題点が出てくることの多い家具でもあります。

この記事では、お気に入りのソファを見つけるために気をつけたいポイントをご紹介します。購入後の失敗を少しでも減らし、お部屋に合った最適なソファを選ぶ際の参考にしてください。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1.サイズと形

ソファは置く場所や使い方によってサイズ選びが異なります。

例えばソファをくつろぐために使いたい場合は、座面に寝転んで体が収まるサイズであるかを確認しましょう。

また、テレビの前に置く場合、位置関係も重要です。テレビの正面にソファを置くのか、斜め横に置くのかなど、部屋のサイズ、テレビとの距離、ソファのサイズなどを正確に測り決めていきましょう。

2人で使う場合は、実際に2人で座ってみて窮屈ではないか、2人の間隔がどれくらいあれば快適に座れるかなどを確認する事も大切です。

また部屋のどこにソファを置くのかによっても、購入するソファの形は変わります。ソファにはI型、L型、対面型の3つの種類があります。それぞれの長所と短所を知って、購入時の参考にしましょう。

I型

カウチソファとも呼ばれる、最も一般的なソファです。カウチとは「寝ることができる肘のついたソファ」のこと。カウチソファは、寝転んでテレビを見たり、本を読んだりする事ができるというメリットがあります。

一方で、カウチソファは寝られることが裏目に出てしまい、ついダラダラしてしまう、疲れたまま夜寝てしまい朝になってしまった、ということも。

また大きすぎるのがデメリットとなり、ワンルームなどの狭い部屋には置けないという問題があります。

L型

L型ソファはコーナーソファとも呼ばれ、その名の通り角に設置するために作られたタイプですが、広い部屋を区切るのにも使えます。大きなものでは、4人以上が座れるものもあり、お客様が多い家庭におすすめです。

一方で、大きすぎて邪魔になる、置く場所が限定されるので部屋の模様替えがしにくいなどのデメリットもあります。

対面型

テーブルを挟んで向かい合うスタイルが対面ソファです。狭いリビングなどでは、両側のソファを壁に付けることで広く使う事ができます。

しかし、一方でリビングの中央に配置する場合はソファの後方に通路を設けるスペースが必要であるため、L型レイアウトの方が使い勝手がよい場合もあります。リビング全体との兼ね合いでどちらにするか決めるとよいでしょう。

2.座り心地

ソファ選びで次に重要になるのが、座り心地です。座り心地はデザインや、価格、色、サイズなどと違い視覚だけではわからないので、なかなか判断が難しい部分です。

柔らかいソファを好む人も多いのですが、柔らかすぎるソファは背中を丸めた猫背の状態になりやすく、長く座っていると疲れてしまったり、腰痛の原因になることもあります。

ソファで過ごす時間が長い人は、ある程度しっかりとした硬さのあるソファがおすすめです。また、座面の高さも確認しておきましょう。座面が高すぎるソファは、太ももの後ろが圧迫され下半身の疲れや痛みが出ることもあります。逆に低すぎるソファは、立ち上がるのが大変なので、気を付けましょう。適正な高さは、深く腰掛けた時に床にかかとがつくくらいが目安と言われています。

もちろん部屋の家具とのバランスも大切です。テレビの設置位置が高い場合、ロータイプのソファだと首が疲れてしまいます。ソファとテレビやテーブルのバランス、アームの高さなども考慮しつつ、部屋の大きさに合ったものを選びましょう。

3.張り地

張り地とは、ソファの表面に使用されている生地のこと。ソファに座ったときに肌に触れる部分なので、張り地の素材は選ぶ際の大きなポイントになります。

代表的なのは、やはり天然皮革。ソファに使われることの多い牛革は、肌触りがスムーズでしっとりとした質感の素材です。また耐久性にも非常に優れています。丁寧に手入れをすれば、使えば使うほど味わいがでるのも魅力的です。

ツルツルした表面は保湿性が高く熱伝導率が低いので、暑い夏場でも意外に蒸れにくく冬の寒い日にも冷えないので、とても心地よい質感となっています。しかし硬めの沈まない素材の場合は、表面が滑りやすくやや座りにくいので注意が必要です。

また部屋の雰囲気に合った素材であることも大事です。例えばナチュラルテイストのお部屋の場合、先に紹介した牛革のソファですとちょっと堅いイメージになりすぎてしまうかもしれまsねん。こうした部屋の場合は、ソファも布素材を選ぶとより統一感がでておしゃれになります。

おすすめソファ

以上のポイントを押さえた、おすすめのソファをいくつか紹介します。

ノイエス 3人がけソファ

出典:https://tabroom.jp/sofa/3-seater-sofa/itm0010677/

税込価格¥105,840~¥143,640 幅1870 × 奥行850 × 高さ790 × 座面高420mm

コスタ L字型コーナーソファセット

出典:http://les-web.jp/product/costa-l.html

税込価格¥251,000円~311,000円 幅2500×奥行1500×高さ650×座面高350mm

アルモニアソファ

出典:http://www.armonia.jp/shop/products/detail.php?product_id=6

税込価格99,980円~119,980円

部屋の大きさに合わせて2タイプがあります。

  • ラージタイプ 幅2800×奥行800×高さ600×座面高350mm
  • コンパクトタイプ 幅2400×奥行800×高さ660×座面高350mm

その他にも、ソファを選ぶ際のポイントとしては、軽量である、汚れにくい、カバーが洗える、背もたれの角度を変えることができる、なども考慮するといいでしょう。

必ずしも見た目だけでは選べないのがソファの難しいところ。店頭で実際に座ってみて、座り心地、背もたれの高さ、張り地の感触など、自分の好みで選ぶことが大切です。

たくさんのソファを試して、自分の感覚に合うものを見つけることが、ソファ選びで失敗しないための鉄則です。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top