マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【この沿線に住みたい】総武線

【この沿線に住みたい】総武線

千葉県の中でも東京寄りのエリアは、最近人口が増加傾向にあります。その千葉県と東京都を結んでいるのが、JR総武線です。これまであまり注目を集めることがなかった総武線ですが、沿線に住む人の増加により、街も暮らしも充実度が高まっています。ここではそんな総武線沿線の魅力を探ってみましょう。 >>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

総武線が走っている範囲は

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/総武本線

一般に「総武線」と言われている路線は、正式には「中央・総武緩行線」といいます。その中でも御茶ノ水駅より東が「総武本線」、西が「中央本線」という名前になっています。しかしいわゆる黄色いラインの入った車体の電車は全て「総武線」と呼ぶのが、馴染みの深い言い方でしょう。ここではJRのホームページで総武線として掲載されている、千葉駅から御茶ノ水駅までを総武線として取り上げたいと思います。
その総武本線が走っている範囲は、銚子駅から千葉駅、そして東京都の御茶ノ水駅となっています。また中央線との接続もされているので、千葉県から三鷹市まで行くことが可能になっています。
まさに千葉から東京を横断することができる路線であり、千葉県内から東京都内へ通勤・通学をする人の支えになっています。

総武線の特色

そんな総武線の魅力は、沿線の街が多様性に富むことです。千葉県内の発展が進んでいるエリア、東京の下町、そして秋葉原などの先進的なエリアと、それぞれ独特な顔を見せてくれます。
千葉県内はベッドタウンとなっており、大きなショッピングスポットやスタジアムがあり、公園や観光施設が豊富です。また錦糸町や亀戸駅のあたりは、今なお下町ののどかな雰囲気が色濃く残っています。東京都内でありながら地価も安いので、庶民的な香りのする街となっています。また秋葉原は世界に名だたる電気街、そして御茶ノ水や水道橋にも簡単にアクセスできる利便性があります。
なかなか一言で表すことができないさまざまな表情が、総武線の魅力と言えるのではないでしょうか。ただ通勤によく使われる電車ということで、朝晩の混雑も大変なようです。

沿線にある魅力的なスポット

総武線沿線にある魅力的な施設は枚挙に暇がありませんが、デートスポット、ショッピング、家族で出かけられる場所など、用途別に見てみましょう。

(1)デートスポット

出展:http://www.laqua.jp/spa

総武線御茶ノ水駅から一駅、徒歩でも行ける水道橋駅には、ラクーアという温泉施設があります。都心でありながら癒やしを感じられるスポットで、マッサージや食事、リラクゼーションサロンなどを楽しめます。カップルで行っても良いですし、女子会をしても楽しいでしょう。
千葉県内では、千葉ポートタワーが人気です。千葉駅からすぐの場所にあり、展望台からの眺望は抜群!海までしっかりと見渡すことができますし、食事をしながら眺望を楽しむこともできます。

(2)ショッピングスポット

千葉県内でも屈指のショッピングモールであるららぽーと船橋。西船橋駅から直通のバスで行くことができる、大きなショッピングモールです。アパレル、スーパー、書店、ホビーショップなどあらゆるお店があるので、一日いても飽きのこないショッピングモールとなっています。千葉県民ならば一度は入ったことがあるのではないでしょうか?
東京都内では、都内最大級の店舗となる秋葉原のヨドバシカメラが人気です。巨大な店舗だけに品揃えは抜群!外国からの観光客も多く、毎日賑わいを見せています。秋葉原という土地柄、アニメやホビー関連の品揃えが充実しているのも特徴です。

(3)家族で出かけられる場所

家族で出かけたい場所と言えば、お茶の水駅から徒歩10分ほどの場所、水道橋からは徒歩1分の東京ドームです。言わずと知れた読売ジャイアンツの本拠地であり、試合観戦や野球博物館など、野球関連施設が広がっています。またコンサートなどもオフシーズンを中心に開催されています。間近のTOKYODOMECITYの中の遊園地では、子供の大好きなヒーローショーが開催されています。
また御茶ノ水駅は周辺に大学が多く、古書店街としても知られる大変アカデミックなエリアです。子供と一緒に通うことで、子供の学問への興味を引き出すことができるかもしれません。

総武線沿線 人気の駅

それでは総武線沿線では、どんな駅が人気があるのでしょうか?

(1)千葉駅

出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/千葉駅

千葉県の県庁所在地のある千葉駅は、遊びにも買い物にも事欠きません。交通の便も抜群です。おすすめは稲毛海浜公園で、海のある公園として、ちょっとしたマリンスポーツも楽しめます。家族連れにもカップルにも人気のスポットとなっています。

(2)津田沼駅

津田沼駅は総武線千葉駅の手前にあります。目立った周辺施設はありませんが、美味しいお店やカラオケなどの遊べる場所が多く、家賃も比較的安いなど、住みやすさに優れています。東京に出やすく生活費も抑えられるので、住みたい街のランキングでも上位に入っています。

(3)秋葉原駅

世界に名だたるマニアックな街、秋葉原。家電製品やゲーム、アニメグッズだけではなく、最近はアイドルの街としても有名です。住むような場所はあまりありませんが、待並みを見ているだけでも観光になるのが特徴でしょう。ムードのあるデートとは行かないかもしれませんが、共通の趣味を持つカップルであればこれ以上楽しい街はないのではないでしょうか。

まとめ

総武線は大変多彩な顔を持ち、東京へ出られる都心への身近さ、海にもすぐ出られる遊びやすさを持っています。総武線沿線は人口が増加していることもあり、これからも総武線の人気はさらに上がっていくのではないでしょうか。

>>>総武線沿線のマンションを見てみる!

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top