マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

キッチンまわりのチェックポイントを徹底解説!

キッチンまわりのチェックポイントを徹底解説!

中古のマンションを購入するとき、見るべきポイントがいくつかあります。その中でも、キッチンは他の場所と比べて見るべきポイントが非常に多くあります。コンロなどの調理台、水まわり、付属の設備機器など購入してからイメージと違う、といったことで後悔しないようにチェックすべきポイントを押さえましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

キッチンのタイプについて

一言にキッチンといっても、いくつものタイプがあります。大きく分けるとクローズドタイプとオープンタイプの2つに分かれます

クローズドタイプはキッチンスペースが完全に独立した形です。一方、オープンタイプはリビング、ダイニングと一緒に設置されるタイプです。オープンタイプは6種類あります。それぞれの特徴や実際に使用する際の導線をイメージするとキッチン選びで失敗が少なくなります。

クローズドタイプの紹介

クローズドタイプキッチン

リビングダイニングスペースからキッチンを独立させたタイプ。キッチンを完全に独立させてタイプでオープンタイプに比べると数は減りつつあるが、人気は高い。

メリット

  • 洗い物などが目につきにくく、見た目を阻害しない。
  • 油煙や生ごみなどの臭いがリビング内に篭りにくい。

デメリット

  • 料理中は1人でキッチンスペースに篭ることになってしまう。
  • 熱が篭りやすく暑い。

オープンタイプの紹介

最近はマンション、戸建てを問わず多くがオープンタイプのキッチンです。キッチンスペースを個別に設けるようよりも、導線として楽であること空間を有効的に使えるといった点があります。また、リビングダイニングにキッチンも集約することで家の中心として家族が集まりやすい空間としています。

Ⅰ型キッチン(壁付き型)

シンクやコンロといった機材を一直線に並べた一番シンプルなタイプ。

メリット

  • 動線がシンプルかつ動きやすい。

デメリット

  • 一直線に並べるため、キッチン台に長さが必要となる。
  • 長さが足りない場合、調理スペースが狭くなることやビルトイン食洗機などを設置できないこともある。

L字型

L字型キッチン

I壁に沿って折れた形で壁に接しているタイプ。2面を使用するタイプ。

メリット

  • I型に比べて作業スペースが広くなるため、居室の幅が狭くても設置可能。
  • 横を向くだけで作業を切り替えることができるので、作業効率がI型と比べてよい。

デメリット

  • I型よりも広いスペースを必要とする。
  • 折れたスペース分、冷蔵庫、食器棚の配置が難しくなる。

U字型

U字型キッチン

三方向を調理スペースに囲まれたタイプ。それぞれの向きに役割を持たせているので向きを変えるだけで別の作業ができる。

メリット

  • 作業に合わせて向きを変えれば良いため、移動が少なくて済む。
  • 収納スペースも多く、機材などにこだわる方でも片付けがしやすい。

デメリット

  • 他のタイプと比べて広いスペースを必要とする
  • 一般的なマンションで取り扱っているケースは少ない
  • 所有者の趣味、嗜好が反映されやすく、自身が使おうとすると違和感を感じやすい

Ⅱ型キッチン

型キッチンを前面、背面に分割したタイプ。

メリット

  • 各設備がI型と比べ、移動が少なくて済む配置となっている。
  • 冷蔵庫、食器棚などを設置するスペースもあり、配置に悩むことが少ない。

デメリット

  • 火元から目を離してしまいがちのため、吹きこぼれなども起きやすい。
  • 振り返る際、鍋などの持ち手が当たり火傷を負うこともある。

ペニンシュラ型

ペニンシュラ型キッチン

ペニンシュラの意味は半島。キッチンの左右いずれかが壁に接しているタイプ。

メリット

  • I型と比べるとカウンターの奥行きが長く、ダイニング側に収納スペースを確保することやカウンターテーブルとして使用することもできる。
  • 壁や吊り戸棚がない分、明るく開放感がある。

デメリット

  • 吊り収納分のスペースがないため、収納に困る。
  • 壁などがないため、リビングへの油煙や臭い、油の飛び跳ねなどが気になりやすい。

アイランド型

キッチンが壁に接することなく設置されているタイプ。位置が固定されがちなキッチンらしさが少ない。

メリット

  • 壁などに接していないため、開放感がある。
  • 複数名で使用していても移動の邪魔になることが少ない。
  • お部屋のデザインなど空間演出に向いている。

デメリット:

  • 使用しやすい環境を確保するため、広いスペースが必要。
  • 壁などで遮るものがないため、水跳ねや油煙や臭いが広がりやすい。
  • 水道、下水、ガス管、換気扇のダクトを通すための工事ができないケースがある

以上、7つのキッチンタイプがあります。一口のキッチンといっても、それぞれのタイプでメリットデメリットがあるので、どのキッチンが自身に合ったものかをよく検討することが大切です。

キッチンの見るべきポイント

キッチンのタイプを紹介したところで、具体的に見るべきポイントを紹介していきます。キッチンで注意して見るべき箇所は大きく以下の5点と考えていいでしょう

  • 水まわり
  • 火まわり
  • 換気扇
  • 導線
  • その他付帯設備

キッチンは水や火を取り扱うため、トラブルに発展しやすい部分でもあります。また、リフォームやリノベーションなどの工事もできる場合と出来ない場合が多くあります。お金で解決できるとはいえ、金額が大きく変わるため注意が必要です。

それでは、順に各ポイントについて紹介していきます。

水まわりでは絶対に気をつけたい、水漏れ

キッチン(蛇口)

水漏れは大きな問題となります。所有する住戸だけでなく、階下の住戸にも水が染み出してしまうといった迷惑、トラブルの原因となる可能性があります

水漏れが起こった場合、天井や壁のクロスを交換するだけでなく、床下、天井裏に溜まった水の排水やカビが発生しないように対応をしたりと費用がかかってしまいます。

ポイントは目に見える部分と見えない部分です

実際に水を出してみましょう。この時、水量を調整するレバーの下の繋ぎ目の部分から水が漏れ出している場合は、中の部品であるパッキンやバルブカートリッジが劣化している可能性があります。これらは10~15年を目安に交換すると良いでしょう。

交換については、ご自身で行うこともできますが、心配な方は業者さんに相談してみると良いでしょう。

排水部分にも水漏れの可能性があります。シンクの下を開けると排水管が通っています。蛇口もそうですが、排水管も複数のパーツで構成されています。

このパーツ同士の繋ぎ目にパッキンを使用しています。パッキンはゴム製のため、熱や水によって劣化がしやすいという難点があります。一方で、ゴムの柔らかさを生かし、隙間を埋め水が漏れ出すことを防いでいます。

シンク部分と繋がっているパーツを排水トラップといいます。このトラップ部分に蓋をし、水を溜めることで下水からの臭いが上がってくることを防いでいます。そして排水トラップの先は排水管となります。

排水管は金属製、プラスチック製といったものが主流ですが、中にはビニール製のものもありますビニール製の排水管の場合、耐久性が低いため、熱湯や油などを流すと破損してしまうため、交換も検討した方が良いかもしれません

人気のディスポーザも注意が必要

ディスポーザー

生ゴミなどを粉砕処理してくれることで人気の高いキッチン設備の一つにディスポーザがあります。

仕組みは排水口の中にバスケットと呼ばれるゴミを入れる空間があり、その下にブレードと呼ばれるゴミを粉砕する刃が存在します。排水口に蓋をしてスイッチを入れればゴミを粉砕し、水で流してしまうだけ。流れた生ゴミはマンション内の処理層で処分され汚水のみが下水道へ流れる仕組みです。

この時、粉砕が甘かったりしっかりと水を流さないと詰まりの原因となり、水が溢れるといったことに繋がります。

また、生ごみの中には油分の多いものも含まれます。油は冷えると固まり付着しやすくなります。そうすると詰まりやすくなる原因となるため、しっかりと掃除をすることが重要です

ディスポーザの付いているマンションでは、定期的に高圧洗浄を実施しています。月に1~2回程度行っているようなマンションであれば特に心配はありません。

この高圧洗浄をあまり行わないマンションの場合は、詰まったり故障するといった可能性もあるため、営業マンに確認をしてみましょう。

ちなみにディスポーザは安いものでは5万円程度、高いものでは10万円以上となっています。耐用年数はおよそ10年です。過去の故障、交換歴については確認をしておくようにしましょう。

>>【家庭の生ゴミ問題を解決!】ディスポーザーの魅力とメリット、デメリットとは?

実は割高?自動食洗機

ビルトインの自動食洗機がついている場合は、新築時のオプションとなっているケースが多くあります。

この自動食洗機、新築時にオプションで購入すると20万円程度かかります。中古のマンションを購入する方はそんなに高いなら、最初からついているタイプを選びたいと思う方が多いはず。ところが後付けの方が安くできるケースもあります。

機械自体は大きさなどにもよりますが10万円程度で購入可能です。あとは取り付け工事費用が5万円程度あればできてしまいます。もちろん、取り付ける業者もプロなので、キッチンの模様や色に合わせて調整、変更も可能です。

余談ですが、新築時のオプションは割高なものが多くあります。食洗機をはじめエアコンなどの電化製品は、型落ち品と呼ばれる少し古いもの導入することがあります。

なぜ、そのようなことが起こるのかというと、マンションディベロッパーからマンション購入者までに製品が届き、設置されるまでに多くの人間が介在するためです。

オプションにはオプション専門の業者がいます。その業者は、ディベロッパーから依頼を受け設置をします。この時、工事は別の会社に発注することも少なくありません。

そうすると、商品が届くまでにディベロッパー、オプション業者、施工業者の3社が関わってきます

それぞれがこの取引で利益を上げなければいけないため、価格が上がります。ただし、価格が高いと導入してくれる方が減ってしまいます。そこで、割安な製品がオプション品として提供されることが多くなります。

新築マンションでは、オプションは特定の業者の決められた製品から選択しなければなりませんが、中古マンションでは製品や工事業者を自分で選ぶことができます。余計な中間業者が入らないため、新築時よりもいい機材を購入しても安くなるというメリットがあります

水まわりのチェックポイント

  • パーツ同士の継ぎ目から水が漏れだしたりしていないか、また継ぎ目部分にカルシウム汚れ(白い固形物)が付いていないか
  • ディスポーザがある場合は、胡椒、交換履歴の確認
  • ディスポーザの高圧洗浄の実施状況の確認
  • ディスポーザーは起動するのか、掃除はしっかりとされているか
  • ビルトインの食洗機が付いているか、交換は可能か、付いていない場合は後付ができるタイプのキッチンか

水まわりについて説明してきました。次はコンロなどの火まわりの部分について説明します。水まわりと同様に熱や油などで汚れてしまうため、経年劣化が激しい部分でもあります。

IHクッキングヒーター VS ガスコンロ

キッチンにおいて、よく議論の一つになるものの一つがIHクッキングヒーターとガスコンロのどっちが良いかという話です。どちらもメリット、デメリットがあります。しっかりとメリット、デメリットを理解しておく必要があります。

また、加熱調理をする関係上、痛みが他の設備に比べ進みやすいものです。そのため、リフォームも視野に入れて見ることも必要です

>>ガスコンロとIHってどっちがいいの?

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター

メリット

  • コンロに比べて凹凸面が少ないため、掃除が簡単。
  • 焼き加減や加熱を自動調整してくれる機能がある。
  • 火を使わないため火事の心配が少ない。
  • キッチン周りが暑くなりにくい。
  • 本などをヒーター側においても安心して調理ができる。
  • 災害時において、ガスよりも早く利用再開が期待できる。

デメリット

  • IH専用の調理器具が必要。
  • トッププレートに汚れや傷がつきやすい。
  • 中華鍋のようなそこが丸い鍋は使用できない。
  • フライパンや鍋を振って調理ができない。
  • 火による気流発生がないため、油煙が拡散しやすい。
  • 停電時には調理ができなくなる。

ガスコンロ

ガスコンロ

メリット

  • 従来品に比べて掃除がしやすくなった(IHよりは手間がかかる)。
  • ゴトクがあるため、トッププレートに傷がつきにくく、目立たない。
  • 鍋などがないこと検知して自動で消化、加熱時間に応じて火力を自動調節する安全機能がある。
  • 今まで変わらない感覚で調理をすることが可能、焦げ目や炙りといった調理方法の幅が広くなる。
  • 停電発生時にも使用することが可能。
  • 火による加熱効果で油煙が拡散しにくい。

デメリット

  • 火を使うため、火事のリスクがある、料理本などを近くに置くと危険性が高まる。
  • キッチン周り、部屋が暑くなりやすい。
  • 冬場は結露しやすくなる(燃焼時に空気を使用するため)。
  • 災害時の復旧スピードが電気に比べ遅い。

このようなメリット、デメリットが存在します。最近では、火事などのリスクや日頃のメンテナンスの煩雑さからIHクッキングヒーターを選ばれる方が増えています。また、換気扇も高性能化したことで、油煙をしっかりと吸収できるようになってきています

しかしながら、新規でIHクッキングヒータに交換する場合、電気工事が必要となることがあります。その場合は、リフォーム費用がガス台の交換よりもかかるため注意が必要です。

一方、ガスの方がIHクッキングヒーターに比べ、リスクもありますが、料理が好きな方には電気では物足りない、味、食感が異なる、停電時のリスクといった点でガスを選ぶ方もいます

この議論には正解はありません。生活する中でどちらの方が自分たちの生活に合うのかということを考えて選ぶと良いかもしれません。

火まわりのチェックポイント

  • ガスタイプなのか?IHクッキングヒーター(電気)タイプなのか。
  • メリットとデメリットを理解して選んでいるか。
  • 劣化やサビはないか。
  • 掃除、手入れのしやすいタイプか。
  • タイプを変更する場合、工事が可能か、また工事費用はどの程度かかるか。

 

料理のためだけではない?換気扇の役割

換気扇

料理をすると、油煙などで部屋に臭いがこもってしまいます。せっかくのお部屋が煙や油でクロスや家具がベタつくと嫌な気分にもなってしまいます。

また、クロスの張替えや家具の買い替えには多額の費用がかかってしまいます。そこで、重要になるのが換気扇です。この換気扇ですが、料理のためだけではありません。

最近のマンションは高機密性を特徴の一つに挙げています。高気密であれば、防音、保温効果に優れています

一方、空気の入れ替えがしにくいというデメリットがあります。空気の入れ替えがしにくいと、暮らしている人の吐き出す二酸化炭素や臭い、ハウスダストや建材の化学物質などいろいろな要素で空気が淀みます

そこで、24時間換気装置を住戸に設置するようになりました。蓋を開けて置くだけで空気の入れ替えができるものですが、開けておくだけでは十分に空気が動きません。

そこで換気扇を使い室内の空気を外部に排出しながら、換気装置で空気を取り込んでいます。

そんな換気扇のチェックポイントの一つは手入れのしやすさです。換気扇を頻繁に掃除をする家庭は少ないため、気がつくとタール化した油脂汚れが換気扇に付着している、といったことは少なくありません。

特に最新のスリム型ではフィルターがなく、掃除の手間が大きく改善されています。特にオイルスマッシャーディスクというものがついたタイプでは、ディスクに付いた油を水で洗いで落とすことができる加工もされており、以前のような洗剤への漬け置きといった手間もありません。

一方、ブーツ型と呼ばれるレンジフードがついたタイプでは鉄製のフィルターがついており、フィルターとファンの二つを掃除しなくてはならないという手間があります。

換気扇のチェックポイント

  • レンジフードの形状はどうなっているか。
  • 掃除がしやすいタイプか。
  • しっかりと掃除がされているか。
  • 換気扇の位置は適切か。

その他設備

これまでに紹介した水まわり、火まわり、換気扇はキッチンに欠かせない要素です。ここからはこれら以外のポイントについて紹介していきます。

浄水器

水を気にして生活する方は多くいます。

ミネラルウォーターをはじめ、浄水器を家に設置する人も少なくありません。マンションには蛇口に浄水カートリッジ取り付けできるタイプがあります。また、定期的にカートリッジ交換をしてくれるービスもあります。

定期的にミネラルウォーターを購入する場合、スペースをとってしまうことや、重い水を運ぶ負担は大きいものです。カートリッジの交換であれば、数千円で済んでしまうため、非常にリーズナブルです。

収納

シンクの下や吊り戸棚などに鍋などの調理器具を置くスペースがあるのかといった収納力も大きなポイントです。

収納スペースが少ないキッチンでは、背面に食器棚兼器具をしまう棚などを設置しなくてはなりません。この食器棚の設置や大きさによっては動線を塞いでしまうしまうといったリスクがあります

動線が悪くなると冷蔵庫が開けにくくなったり、すれ違いができずぶつかってしまう、といったストレスを抱えることになります。どこにどの程度のサイズの食器棚を設置するのか、スペースについても注意が必要です。

キッチン用の換気窓・専用バルコニー

角部屋だと換気窓がついたタイプのキッチンがあります。また、角部屋でない場合、バルコニーと接するようにキッチンを作り、専用のドアでバルコニーから出入りができるタイプやキッチン専用のサービスバルコニーが付いた住戸もあります

こういった窓やバルコニーがあると、換気もより効果的になるというメリットがあります。また、外の様子を眺めたり、バルコニーに出て気分転換も計れたり、といった気持ちよく料理ができる環境にもなります。意外とあると便利な設備、間取りとしてオススメです。

これまで設備面のお話をしてきました。最後にキッチンの見えない重要な要素について紹介します。

動線を考慮する

食器棚や冷蔵庫といった大型のものを設置するといままで広く見えていたキッチンも狭く感じます。実際に配置してみると、圧迫感が出たり開閉部分で動線がふさがれたりと狭く感じることがあります

配置によっては、動きを邪魔してしまうことやぶつかったりして怪我をすることもあります。

キッチンで注意すべき点として、実際にどのように動くのかを想定するとよいでしょう。どこに何を置くのかということを考え、水まわり、火まわり、棚、冷蔵庫といった場所から場所への動きに無理がないか、ストレスが起きるようなことがないかを検討してください

キッチンの動線

上の図は一般的なキッチンの動線を示したものです。

シンクからコンロまでの距離が120cm〜180cm、コンロから冷蔵庫までが120cm〜270cm、冷蔵庫からシンクまでが120cm〜210cmという三角形になると良い、と言われています。とはいえ実際にはこの形を取るのは難しいものです。

少なくともぶつかったりして怪我やストレスのない配置にはしたいですね。動線を意識して配置することやサイズに合わせて家具の買い替え、リフォームも検討することが重要となります。

まとめ

キッチンまわりの見るべきチェックポイントについて紹介してきました。

一口にキッチンといっても色々な設備がついているため、チェックすべきポイントは住戸の他のスペースよりも多くなります。

また、色々な機材も付いているため、リフォームをしようとすると大規模なものになってしまうという問題もあります。工事にあたっては費用だけでなく、希望する工事が可能なのかを検討する必要があるため、注意が必要です。

どういったキッチンにしたいのか、どういう機能がついていたら良いのかという条件をまとめ、営業マンに相談するといいアイデアを出してくれるので、積極的に相談してみてください。

著者について

石原浩気
仲介手数料最大無料の中古マンションWEBサービス「カウル」にて、中古マンションの購入・売却のコンサルティング営業を担当。
東京神奈川を中心に、タワーマンションから低層マンションまで幅広く扱っています。
不動産のプロとして、丁寧なお客様対応と、分かりやすい情報のご提供を心がけています。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top