マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

超高級マンション「プラウド六本木」が凄い!

超高級マンション「プラウド六本木」が凄い!

野村不動産の人気マンションブランド「プラウド」が六本木に誕生します!

さすが六本木にできるだけあって、その豪華さに皆さんもきっと驚くことでしょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

どんなマンション?

ロケーションは港区六本木4丁目、東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木駅」より徒歩4分、東京ミッドタウンや檜町公園の近くになります。

施工は東急建設株式会社で、2017年9月の完成、入居時期は10月下旬を予定しています。

敷地面積は2,450.11㎡で、建物は地上4階地下1階建て、総戸数は35戸になります。

間取りのプランは1LDK~4LDKとなりますが、驚くべきはなんとその専有面積です。1LDKのお部屋でも100.12㎡以上の広さを誇り、4LDKのお部屋は最大で288.03㎡です!

このお部屋の広さと港区六本木という立地であるがゆえ、お値段も超高額で、新築分譲価格は2億4900万~12億1000万円となっています。

共用部分は?

超高級な「プラウド六本木」ですが、共用部分ももちろん豪華な仕様になっています。

エントランス前には広いスペースが確保され、車寄せも可能です。

24時間有人のセキュリティ管理に加え、エントランスやエレベーターなど各セキュリティゾーンでは、携帯しているだけ反応するハンズフリーのキーシステムを採用しているので、カバンやポケットの中から鍵を探さなくても済みます。

フロントでは、宅配便の代理受取・発送、レストランの予約、ハウスキーピングの取次など、コンシェルジュサービスを受けられます。午前8時から11時の間ではクリーニング取次サービスも受けられます。

駐車場・駐輪場はともに35台収容できます。

専有部分は?

お部屋には「スケルトン・インフィル」と呼ばれる設計を採用し、居住者がより自分の理想の住まいにするべくリフォームやリノベーションがしやすいように設計されているのが最大の特徴です。

また、お部屋のバルコニーは「テラスウィンドウ」と呼ばれる構造の窓を採用し、框を隠すことし窓ガラス部分を広めに確保することで、景色とともに太陽の光を室内に取り込めるよう設計されています。

プラウド六本木↑テラスウィンドウ

バスタブには日本発の高級浴槽ブランドJAXSONのものを採用し、洗面台の水栓は有名ホテル御用達のドイツ製のDORNBRACHT(ドンブラハ)を使用しています。

288㎡のお部屋とは?

ついに288㎡のお部屋の間取り図が公開されました!早速みてみましょう!

プラウド六本木お部屋は4LDKです。リビングとダイニングは別々で、リビングだけで41.1畳あります!

さらに、すべての居室にウォークインクローゼットが設けられています。

ウッドデッキのバルコニーも二つあります。

プラウド六本木こちら家具を配置したイメージ図になります。

こんなに大きいソファを置いてもスペースがあるリビングとか羨ましい限りです。

周辺環境は?

「プラウド六本木」が建設される六本木4丁目は海抜27mの高台になるため、周囲を見渡せるような立地にあります。

近くには、東京ミッドタウンや檜町公園、赤坂氷川神社などがあり、自然も感じられる環境です。飲食店の数も豊富で、夜遅くまで営業しているお店も多いエリアです。

また、国立新美術館や森美術館、映画館などもあるので、遠出をしたくない休みの日でも十分楽します。

品川駅まで約15分、羽田空港まで約25分と国内外問わず旅行や出張へ出かける際にも大変便利です。

「プラウド六本木」の詳細はこちら

まとめ

今回ご紹介した「プラウド六本木」は想像をはるかに超える超高級マンションだったと思います。

しかし、同じ六本木エリアでもお手頃なマンションもありますので、気になる方は調べてみてはいかがででしょうか。

カウルライブラリーを利用すれば、手軽に気になるマンションの詳細データをご覧になれます。ぜひご利用ください。

カウルライブラリーはこちら

画像出典:プラウド六本木-公式HP

8942

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top