マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

仲介手数料っていつ払うの?分割払いは出来る?

仲介手数料っていつ払うの?分割払いは出来る?

結婚や出産を機に不動産探しを始められる方や、急な転勤などで不動産売却をしようという方にとって大きなハードルとなるのが「仲介手数料」。不動産会社に支払う成功報酬です。

不動産金額自体が人生最大の買物とは言え、仲介手数料自体も馬鹿になりません。物件金額によっては、ゆうに100万円以上かかってしまうので、この費用を準備するだけでも一苦労です。

果たして、仲介手数料はいつ支払えば良いのでしょうか?そして支払いが難しい時、分割払いにする方法はあるのでしょうか?

今回は不動産売買と切っても切り離せない仲介手数料の支払いタイミングについて徹底解説します!

>>>仲介手数料が最大無料のサービスを見てみる

仲介手数料を支払う相手

仲介手数料とは、その名の通り「不動産を仲介してくれてありがとう!」と支払う報酬。つまり支払う先は不動産仲介会社です。

通常の不動産取引において、買主と売主には別の不動産会社が付いています。

そして買主は買主側の不動産会社に、売主は売主側の不動産会社にそれぞれ仲介手数料を支払うのです。

買主が売主側の不動産会社に費用を支払う必要はありません。

稀に、買主側の不動産会社と売主側の不動産会社が同じケースがありますが、この場合は不動産会社は買主・売主両方から仲介手数料をもらえるので、彼らにとっては非常に美味しい取引となります。

いくらぐらいかかるの?

不動産取引における仲介手数料は、顧客から貰える上限金額が法律によって決まっています。下記のような計算式で、仲介手数料は計算されます。

物件価格の3%+6万円+消費税

関連記事:仲介手数料 早見表

あくまでこれは上限金額なのですが、実際にはほとんどの不動産会社が上限いっぱいの金額を顧客に請求します。一部の不動産会社は仲介手数料の割引を行っています。

いつ支払うのか?

それでは一体、仲介手数料はいつ不動産会社に支払うのでしょうか?もし、家探しを始めてすぐのタイミングで支払わなければいけないとしたら、大変ですよね。

不動産取引は大きく分けて、下記のような流れで進みます。

  1. 内覧
  2. 購入申し込み
  3. 売買契約
  4. 住宅ローン本審査
  5. 引渡し

仲介手数料は成功報酬のため、「1.内覧」のタイミングで費用がかかることはありません。物件探しの途中で「やっぱりマンションを購入するのは、もっと先にしようかな」と思ったら、仲介手数料がかかることはないのです。

最初に仲介手数料を支払うタイミングは「3.売買契約」のタイミングになります。売買契約では「重要事項説明書」「売買契約書」の読み合わせと署名・捺印、さらに売主への手付金の支払いを行います。

このタイミングで、不動産仲介会社に対して仲介手数料の半額を支払うのです。

売買契約後、住宅ローンの手続きを行います。そして無事に引渡し(決済)を迎えると、そのタイミングで仲介手数料残りの半額を支払います。

どうやって支払うの?

仲介手数料の支払い方ですが、基本的に現金で不動産会社に支払います。振込でも受け付けてくれる不動産会社が殆どですが、振込手数料がかかってしまうため(864円程度)、現金で受け取るケースが多いです。

ただ、売買契約のタイミングでは、手付金も現金で持っていくことになりますので、手付金と仲介手数料の半金でかなりの金額になります。多額の現金を持ち歩く事が不安な方は、振込で不動産会社に支払うようにしましょう。

準備にはATMの引き出し上限金額に要注意!

ちなみにこの売買契約時の仲介手数料ですが、直前になって「ATMから現金を引き出せない!」となるケースがあります。

コンビニATMからの1日の引き出し上限金額は20万円、銀行ATMからの1日の引き出し上限金額は50万円などと設定されていることが多いもの。100万円以上かかることも多い仲介手数料は、売買契約日当日になって「準備出来ない!」という事になりがちです。

平日の15時までに銀行に行く必要がありますが、銀行窓口で現金引き出しを行えば1日の上限金額がないため、1度の手続きで済ませることが出来ます。

現金が足りない場合はどうすれば良い?

貯金などの手持ち資金に余裕がない場合、仲介手数料を準備出来ない場合があります。このような場合、どうすれば良いのでしょうか。

解決方法1.親族に借りる

一番オーソドックスな方法が、親など親族に借りる方法です。

絶対にしてはいけないのが「消費者金融で借りる(キャッシングをする)」という方法。キャッシングをすると与信情報が極めて悪くなり、住宅ローン審査に多大な悪影響があります。

解決方法2.支払いを引渡し時(決済時)にしてもらう

2つ目の方法が、不動産会社への仲介手数料の支払いを引渡し時(決済時)まで待ってもらうという方法。売買契約時と引渡し時に分割して支払うのではなく、引渡し時にまとめて支払うという方法です。

収入に比べて、借り入れ金額に余裕がある場合は仲介手数料を住宅ローンで借りることも出来ます。住宅ローンで借りた場合、お金が手元に振り込まれるのは引渡し時なので、そのタイミングで不動産会社に支払うというワケです。

関連記事:仲介手数料は住宅ローンで借りられるのか?

解決方法3.仲介手数料が半額、無料など安い会社を使う

究極の方法が、仲介手数料そのものを安くしてしまうという方法です。支払う絶対額が減れば、準備する必要がある金額も減らす事が出来ます。

最近では仲介手数料をシステム化、広告費削減、経営努力、などで削減する会社も増えてきました。6000万円のマンションであれば、通常仲介手数料が約200万円かかるところが、利用する会社によっては仲介手数料を100万円にすることも可能です。

>>>仲介手数料が最大無料のサービスを見てみる

まとめ

仲介手数料の支払い方、いかがでしたでしょうか。支払うタイミングと金額をしっかり抑え、余裕を持ったスケジュールを組んで頂ければと思います。

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top