マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

仲介手数料って内覧の数、部屋を見た数で料金が変わるの?

仲介手数料って内覧の数、部屋を見た数で料金が変わるの?

不動産購入や売却を行う際、不動産会社に支払う必要がある仲介手数料。

例えば不動産を購入する際、何回ぐらい物件を見たら、理想の物件が見つかるかは、実際に探してみないと分かりませんよね。

「たくさん物件を見たら、その分料金が発生するのかな?」

そんな疑問に対する答えや、仲介手数料を安くするコツを徹底解説します!

>>仲介手数料が最大無料のサービスとは?

仲介手数料は成功報酬

弁護士費用や税理士費用などと違い、不動産会社に支払う仲介手数料は成功報酬。つまり、実際に売買契約を結ぶまで費用がかかることはありません。

物件探しの中で、複数の不動産会社に問い合わせるのは一般的なことですが、問い合わせた会社の分だけ手数料がかかるということはありません。これは、安心ですね。

内覧の数は関係ない

仲介手数料が成功報酬だとしても、気になるのはその計算方法です。

仲介手数料はどのように金額が決まるのでしょうか?

  • 見た物件数だけ費用がかかる?
  • 不動産会社の対応時間で金額が決まる?

実は、これらは仲介手数料料金と関係がなく、関係があるのは物件金額だけです。

計算方法と相場

仲介手数料の計算方法は非常にシンプル。下記の計算式で求められます。

不動産の取引価格 × 3% + 6万円+ 消費税

ただし、そうではない会社もある(仲介手数料を割引してくる会社もある)ので、後ほど詳しくご説明します。

一般的には、物件金額が高ければ高いほど、仲介手数料がかかる形になります。

つまり、1件だけ見て購入しても、100件見たとしても、仲介手数料は変わらないのです。

見た物件数によって、安くなる不動産会社もある

出典:ソニー不動産WEBページより

仲介手数料で面白い制度を導入している不動産会社がソニー不動産。電化製品で有名なソニー系列の不動産会社です。ソニーは音楽(ソニーニューミュージック)や映画(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)、生命保険(ソニー生命)など様々な業態に手を広げています。

特徴1.面談で全てソニー不動産に行けば最大10万円割引

ソニー不動産との面談出典:ソニー不動産WEBページより

そもそもの希望条件の整理や、住宅ローンの相談などで、不動産会社の営業マンとの打ち合わせは意外と多いもの。その際に、自宅や、自宅の近くの喫茶店などで打ち合わせをすることも多いものですが、不動産会社の営業マンにとってみると移動距離は負担になります。

ソニー不動産では、これらの面談を、全てソニー不動産に行くことで最大10万円割引してくれるサービスを提供しているそうです。いちいち店舗に行くのはちょっと大変ですが、その分安くなると思えば納得感があるかも?

特徴2.見た物件が5件以下であれば5万円割引

ソニー不動産の内覧割引制度出典:ソニー不動産WEBページより

先ほど仲介手数料は、見た物件数によって通常変わらないとお伝えしました。

しかしソニー不動産では、見た物件数が5件以下の場合は、仲介手数料から5万円値引きしてくれるとのこと。

先ほどの店舗に行くサービスと合わせると合計15万円、安くなる計算になりますね。

仲介手数料が半額、もしくは無料の会社もある

実は世の中には、独自の仲介手数料料金を設定している会社もあります。

実は先ほどお伝えした仲介手数料の計算方法は、法律(宅地建物取引業法第46条第1項)で決まっている仲介手数料の上限金額なのです。

法律で不動産会社に支払う仲介手数料の上限が決まっているというのも変な感じがしますが、法律決まっているのは上限だけなので、本当は不動産会社は仲介手数料を値下げをすることも可能なのです。

>>仲介手数料が最大無料のサービスを見てみる

それでも安くしてくれる不動産会社は殆どない

しかし実際に、不動産会社に「仲介手数料って安くなりませんか?」と交渉しても「すいません、会社の規定で出来ません」と言われるのがオチです。これは、有名な不動産会社でも、地元の小さな地場業者であっても、どこの不動産会社でも同じで値引きをしてくれません

不動産業を営む為には、店舗の家賃、広告費用、営業マンの人件費などがかかるので、意外とランニングコストが高いのです。仲介手数料を法律の上限貰っても、ようやくちょっと黒字、という会社が多いのです。

仲介手数料を値引きをしてくれる会社はここだ!

一方、一部の不動産仲介会社は仲介手数料の値引きをしてくれます。

これらの会社は、どうしても費用としてかかってしまう人件費を、機械学習やビックデータなどの最新のIT技術によって効率化したり、無駄な広告費用を削減することで仲介手数料の値下げを行っています。

>>仲介手数料が最大無料のサービスを見てみる

不動産業界とIT業界は、本来相性がとても良いのですが、今までは中々交流が生まれませんでした。不動産業界は営業会社が多く、テクノロジーに対する知見の少なさや、ITを活用する土壌が整っていなかったのが大きな要因です。

これらの会社が仲介手数料を安くする具体的な仕組みについては、下記の記事を是非ご覧ください。

関連記事:仲介手数料無料は詐欺?裏側のからくりを専門家が徹底解説

まとめ

仲介手数料と計算方法、いかがでしたでしょうか。実際に見たお部屋の数が、全く関係ないというのは衝撃だったと思います。不動産取引の仕方や、不動産価格、仲介手数料など、何かと分かりにくい事が多い不動産取引。少しずつ透明化が進む事が期待されています。

関連記事:仲介手数料は住宅ローンで借りられるのか?
関連記事:仲介手数料 早見表

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top