マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!中古マンション売買の専門会社Housmart(ハウスマート)が運営。お得にマンションを買う方法や、住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【豊洲のシンボル的タワマン】シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの魅力に迫る!

【豊洲のシンボル的タワマン】シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの魅力に迫る!

日本を代表する企業のオフィスビル、人気の商業施設「ららぽーと豊洲」、昭和大学江東豊洲病院、芝浦工業大学の豊洲キャンパス、そして多くの中古タワーマンションが立ち並ぶ豊洲の街は、一つのエリアで生活が完結してしまう、そんな街です。

都心へのアクセスは良好で、どことなく東京らしくない水辺と緑のバランスが魅力的で、若いファミリー層や富裕層といった方々に非常に人気のあるエリアです。

そんな豊洲の街にシンボルと銘打った中古マンションがあるのをご存知でしょうか。

有楽町線「豊洲駅」から徒歩4分。

高層中古タワーマンションが立ち並ぶ豊洲3丁目エリアにシティタワーズ豊洲ザ・シンボルがあります。

南側のザ・豊洲タワーと豊洲北小学校を挟んで立ち並ぶシティタワーズ豊洲ザ・ツインと同じ2009年に建てられた兄弟マンションです。

そのコンセプトは豊洲のどこからでも視認できる「シンボルタワー」です。

まさに豊洲のどこからでも視認できるマンションとして、知名度と人気の高いマンションです。

本日はこちらのシティタワーズ豊洲ザ・シンボル(中古)の魅力に迫ります!

>>シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの物件詳細はこちら!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

>>シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの売却を検討中の方はこちら!

マンション概要

  • 住所:東京都江東区豊洲3丁目6-8
  • アクセス:東京メトロ有楽町線 豊洲駅徒歩6分、東京臨海新交通臨海線ゆりかもめ 豊洲駅徒歩9分
  • 築年数:2009年12月
  • 総戸数:全850戸
  • 規模:最上階地上44階、地下1
  • 構造:鉄筋コンクリート(一部鉄骨造)、塔屋1階建
  • 間取:1LDK〜4LDK

シティタワーズ豊洲ザ・シンボル外観

《シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの外観》


有楽町線「豊洲駅」から徒歩6分に位置する「シティタワーズ豊洲ザ・シンボル」は、2009年に完成して瞬く間に人気を博した、現在でも豊洲エリアを代表するタワーマンションです。

44階建のフォルムはガラス張りで美しく、その名に恥じぬ、まさに「シンボル」たる風格があります。

シティタワーズ豊洲ザ・シンボルは、3丁目エリアの一番北側に位置しており、東雲運河沿いの水辺の美しい風景と、整備された周辺環境が魅力的です。

道路を挟んだ北側の豊洲1丁目エリアにはキャナルワーフタワーズ以外の建物ははそれほどの高さがないため、4方向に眺望が抜けています。

東側には豊洲運河が流れ、その先の塩浜・木場エリアにかけては高層の建物が少なく、その先のスカイツリーまではっきりと見える眺望の良さがあります。

西側にはIHIの本社ビル、豊洲キュービックガーデン、アーバンドックパークシティ豊洲があり、少し眺望が遮られてしまう印象がありますが、その先には都心の高層マンション、ビル群、レインボーブリッジが見える絶好の環境があります。

都内各所へのアクセスに優れ、住環境も良いことから、ここ数年で豊洲の人口は爆発的に増えました。

それでも街全体が整備されており、歩道や車道の幅が比較的広いこともあり、街全体に開放感があります。

最近では、お子様が生まれたタイミングや、進学のタイミングで住環境の良い豊洲へとお引越しをされる方も増えています。

また、周辺に目を向けてみると、晴海地区における『東京オリンピック選手村建設計画』や、有明地区における『競技施設建設計画』など、まだまだ破竹の勢いで開発が続きそうです。

付随して、都心までのアクセス面において、さらなる恩恵を受けられるのではないでしょうか。

具体的には、『有楽町線の延伸計画』『都心部と臨海地域を結ぶバス高速輸送システムの整備』『臨海地域地下鉄構想』などが挙がっており、都心へのアクセスが有楽町線一択だった様相も変わっていきそうです。

>>シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの物件詳細はこちら!

売買相場

それではマンションの相場を見ていきましょう。こちらは2017年になってからの売買物件の一覧です。

(階数 / 間取り / 専有面積 / 販売価格 / ㎡単価)

  • 12 / 2LDK / 72.17 / 5,990万円 / 96.52万円
  • 12 / 2LDK / 72.17 / 6,180万円 / 92.44万円
  • 12 / 2LDK / 72.17 / 6,350万円 / 94.68万円
  • 19 / 2LDK / 67.49 / 6,490万円 / 90.06万円
  • 24 / 2LDK / 69.02 / 5,980万円 / 93.77万円
  • 25 / 2LDK / 82.17 / 7,780万円 / 87.99万円
  • 34 / 2LDK / 77.78 / 7,190万円 / 85.63万円
  • 36 / 2LDK / 74.44 / 6,980万円 / 83.00万円
  • 39 / 2LDK / 77.50 / 6,980万円 / 96.16万円
  • 43 / 2LDK / 117.84 / 16,800万円 / 142.57万円
  • 43 / 2SLDK / 122.16 / 18,900万円 / 154.72万円

43階の1億8,900万円のお部屋のように非常に高価格帯のお部屋もあります。

高層階の100㎡以上のお部屋なので平均的な物件を見る上ではあまり参考にならないため除外して、売買に出ている物件の平米単価を見ると90.78万円/㎡となっています。

兄弟マンションであるシティタワーズ豊洲ザ・ツインと比較してみると、平米単価の平均は89.02万円/㎡なので、あまり大きな差はありません。

>>シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの物件詳細はこちら!

>>シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの売却を検討中の方はこちら!

賃貸相場

続いて賃貸相場を見ていきましょう。

(階数 / 間取り / 専有面積 / 賃料)

  • 6 / 3LDK / 83.54 / 245,000
  • 8 / 2LDK / 82.17 / 269,000
  • 9 / 2LDK / 83.57 / 270,000
  • 10 / 2LDK / 62.31 / 218,000
  • 10 / 3LDK / 83.57 / 278,000
  • 11 / 2LDK / 62.22 / 215,000
  • 14 / 3LDK / 72.56 / 240,000
  • 19 / 2LDK / 75.08 / 239,000
  • 26 / 3LDK / 77.19 / 275,000
  • 36 / 2LDK / 72.19 / 180,000
  • 42 / 2LDK / 77.16 / 285,000
  • 43 / 2LDK / 132.52 / 700,000

こちらも高層階で100㎡を越えると70万円以上と非常に高額な賃料となっています。

一体、どんなお部屋なんでしょうか。気になりますね。

先ほどと同様に高層階の100㎡は除外して計算してみます。

1㎡あたり0.34万円/㎡となり、36階72.19㎡の住戸はおよそ6万円ほど低い価格で賃貸に出されています。

こういった場合、眺望が他の住戸に比べてあまりよくないという可能性もあるかもしれません。

それでは、より詳しくマンション内部を見ていきましょう!

シティタワーズ豊洲ザシンボルの共用部

シティタワーズ豊洲ザ・シンボル外観

《シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの外観(夜)》

敷地面積に対する建物の面積(建坪)のことを建ぺい率といいます。

シンボルは、この建ぺい率がシティタワーズ豊洲ザ・ツインと比べると小さくなっているのが特徴です。

建ぺい率が小さいと、敷地部分が広くなりますので、敷地内に植栽や遊歩道などが整備され、住環境が整っていきます。

シンボルの敷地内には遊歩道や芝生広場があり、お子様を遊ばせたり、ペットのお散歩をするのにピッタリな空間となっています。マンション内敷地

《エントランス横から芝生広場に抜ける通路》

シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの芝生広場

《敷地内の芝生広場。お子様が遊んでいる風景などがよく見られます》

また、シンボルはほぼ角地にあるため、前面の道路の交通量は非常に少なく、周辺を歩いている人の数も多くない(シンボルかTOYOSU TOWERの住民がメインです)ので、プライベート感が強いのも一つの特徴ですね。

敷地部分が広いと競合する建物との距離が広がるので、眺望がひらけてきます。

シンボルの場合、運河や隣接する芝浦工業大学のキャンパスにより、眺望がひらけています。

また、隣接するザ・豊洲タワー面で接するのではなく点で接する建て方をしたことでマンション間で眺望を塞いでしまう、視線が合うといったことを防ぐよう建て方が工夫されています。

シティタワーズ豊洲ザ・シンボル立地

そのため、「横のマンションに眺望がもろに塞がれている。。」といったことは起こらず、4方向すべてにおいて、それぞれ個性ある眺望を楽しむことが出来るのです。

特に南側はザ・豊洲タワーと隣接しているため、圧迫感を避けるよう敷地内庭園もあります。正面に見えるのはマンションのロビーフロアのラウンジとスカイデッキです。

ラウンジ・スカイデッキ

シティタワーズ豊洲ザ・シンボルのスカイデッキ

ロビーに隣接するラウンジから眺める庭園と豊洲運河の風景は気持ちがいいものなので、ぜひ一度ご覧いただきたいです。

広々としたスペースが、シンボルの敷地の広さを象徴しています。

エントランス

シティタワーズ豊洲ザ・シンボルのエントランス

《広々としたエントランス。左部分には数台分停められる車寄せもあります》

エントランスも非常に大きいです。販売を手がけた住友不動産は、エントランスやロビーといった空間を非常に重視した設計をします。

エントランスは住んでいる自分自身が毎日通る場所である上、ご両親やご友人などを招待した時の第一印象になるため、住友不動産はエントランスに強いこだわりを持っているようです。

天井を高く、採光面を広く取り、明るく気持ちの良い開放感ある空間となっているため、エントランスからロビーへ移動していくだけでも気持ちが高まり、非日常的な感覚を味わうことが出来ます。

見ていただくと分かるように、およそ2〜3階分の高さをエントランスに使用しています。他のマンションではなかなか真似できない贅沢なつくりです。

エントランスホールからエスカレーターを上がるとロビーフロアになります。

ロビーフロアも天井が高く、窓のサイズも非常に大きいので、とにかく明るくて開放的です。

有明にあるシティタワー有明も明るさや開放感を意識した設計がなされていますが、それ以上の空間です。

>>【湾岸エリアの少し変わったマンション?】シティタワー有明の魅力に迫る!

ロビー

湾岸エリアのタワーマンションでは共用施設に力を入れていますが、空間に力を入れているところが住友不動産のマンションの特徴です。

シティタワーズ豊洲ザ・シンボルのロビー

シティタワーズ豊洲ザ・シンボルのロビー

シティタワーズ豊洲ザ・シンボルのロビー

《ロビーにあるラウンジスペース。大きなソファと大理石のフロアが高級感を醸し出しています》

明るく開放感のある落ち着いたロビーラウンジスペース。都心のオフィスビルのロビーと言われても納得してしまいそうな高級感のある雰囲気です。

運河方面に広く取られた窓からは光が差し込み、豊洲ならではの風景を楽しむことが出来ます。

スカイラウンジ

シティタワーズ豊洲ザ・シンボルとシティタワーズ豊洲ザ・ツインは共同開発された背景もあり、共用施設については相互利用が可能となっています。

シンボルにある主な共用施設は、こちらのスカイラウンジのみとなっています。

ゲストルームやシアタールームなどの主要な共用施設はザ・ツインにありますが、いつでも利用可能となっています。

32階にあるスカイラウンジは貸切予約が入っていない限りは誰もが楽しめるスペースです。

高層階からの都心の眺望は最高です。

スカイラウンジ

《32階のスカイラウンジ。ここから見下ろす夜景は圧巻です》

いかがでしょうか。住友不動産は、眺望というコンセプトを非常に大切にしています。

眺望にこだわると、マンションの周囲の環境や採光面が重要になります。

そういった点を考え抜いてできたマンションがシティタワーズ豊洲というマンションです。

眺望や日当たり、空間を重要視される方にとって必見のマンションといえるでしょう。

サイクルトランク

サイクルトランク

各住戸に、完全屋内の「サイクルトランク」がついています。

大容量なので、通常の自転車であれば2〜3台入りますし、自転車を持っていない場合は、トランクルームとしても使い勝手が抜群です。

そもそも「シティタワーズ豊洲ザ・シンボル」と兄弟マンションの「シティタワーズ豊洲ザ・ツイン」は、周辺のタワーマンションと比べて共用施設は比較的控えめな印象です。

多種多様な共用施設を楽しむというよりも、駅近の利便性と各方向に抜けた眺望を楽しむマンションと言えるでしょう。

>>シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの物件詳細はこちら!

「シンボル」と「ツイン」はどう違うのか?

豊洲でタワーマンション購入を検討していると、兄弟マンションである「シティタワーズ豊洲ザ・シンボル」と「シティタワーズ豊洲ザ・ツイン」をご覧になる機会も多いと思います。

実はこの2つのマンション、明確に違うポイントがいくつかあります

ここでは、2つのマンションの違いについてご紹介します。

共用施設の種類と数

先ほど軽く触れましたが、基本的にはシンボルの住民はツインの共用施設を、ツインの住民はシンボルの共用施設を、相互利用が可能となっています。

どちらも、もともとあまり共用施設が多いマンションではありませんが、シンボルとツインを比較すると、主要な共用施設はほぼツイン内に存在します。

ツインに存在する共用施設は下記の通りです。

  • ゲストルーム(6室)
  • シアタールーム(2室)
  • カラオケルーム
  • ミーティングルーム
  • 屋上庭園

他の豊洲エリアのタワーマンションと比較すると、必要最低限であることが分かります。

共用施設より、駅近の利便性と眺望を楽しむマンション、という色合いが強いためですね。

ちなみに、シンボル内の32階には「スカイラウンジ」がありますが、共用施設はこれくらいですね。

洗濯物は外に干せる? 干せない?

個人的に、シンボルとツインの最も明確に違う点は、「洗濯物をバルコニーに干せるかどうか」の違いではないかと思います。

実は、ツインでは洗濯物をバルコニーに出すことは禁止されています。

タワーマンションでは珍しい話ではありませんが、階数が高く、落下の危険性があるため、洗濯物を外に干すことが禁止されることがあります。

そのため、タワーマンション住民は、部屋干しや浴室乾燥機などを利用して洗濯物を干しています。

ツインも例に漏れず、外干しは禁止です。

前面の通りは通行人も車通りも多いため、危険だと判断されたのでしょう。

一方で、シンボルは洗濯物の外干しが可能です。

ツインよりも奥まった立地にあることなども関係あるのでしょうか。

洗濯物の外干しについては、日常的な問題ですから、この違いは大きいですね。

シティタワーズ豊洲ザシンボルの駐車場

シティタワーズ豊洲ザシンボルの駐車場は機械式駐車場となっており、月額28000円から利用可能となっています。

駐車場のサイズは、以下のようになっています。

  • 全長5,000~5,300mm
  • 横幅1,850~2,050mm
  • 高さ1,850~2,050mm
  • 重量1,900~2,500mm

お部屋紹介

お部屋の間取りパターンはいくつかありますが、基本的にワイドスパン型となっています。

ただ、普通のワイドスパン型ではありません。窓の先にはバルコニーがあるのが一般的です。しかし、バルコニーがあると部屋の中でゆっくりとソファに座ってくつろぎながら外を眺めることはできません。そこで、バルコニーを設置せず窓のみを設置しました。

さらにその窓も広く高くスペースを確保することで開放感を得られるようにしました。この構造をダイレクトウインドウといいます。住友不動産のタワーマンションではおなじみとなったこの構造ですが、明るく開放感のある空間を演出してくれるため、多くの人から人気があります

リビング

普通の窓に比べると明らかに高く広くなっており、その窓の先には豊洲の街並みが広がっています。

こんな環境で料理をしたり、生活をしていたらきっと気持ちいいでしょうね。採光面が広いので明るさも印象的です。

バスルーム

浴室に窓がついたタイプの住戸もあります。換気用の窓ではないため、開け閉めはできませんが明かりと眺望を楽しむことができます。

方角によっては、湯船に浸かりながら、東京タワーを見ることが出来るお部屋もあるようです。

>>シティタワーズ豊洲ザ・シンボルの物件詳細はこちら!

「シティタワーズ豊洲ザ・シンボル」の資産性についての考察

マンション購入の際には、「将来的にいくらで売れるのか」「いくらで貸せるのか」という、いわゆる『資産性』について、みなさん気にされると思います。

一口に『資産性』と言っても様々な状況が絡み合うため、非常に繊細な内容ですが、重要なのは「立地(エリアそのもの、及び駅距離)」「管理状態」などが挙げられます。

「立地」と「管理状態」を『シティタワーズ豊洲ザ・シンボル」に当てはめて考察してみましょう。

立地

周知の通り、豊洲エリアはここ10年ほどで一気に成長していった街です。

開発ラッシュは一段落した様相ですが、豊洲にはまだまだ開発の余地があります。

もともと団地が多い街でもありますので、今でも駅前から一本路地を入ると、レトロな団地が残っているところもあります。

こうした団地の建て替えなどもあり得ますし、敷地が広いため、大規模マンションを建てるだけの余裕はあります。

また、前述の通り、都心へのアクセスがより便利になる計画(有楽町線の延伸や高速バスなど)もあり、これからますます便利で住みやすい街になっていくのではないでしょうか。

オリンピックも控え、これからも豊洲人気はしばらく続きそうです。

また、シンボルは豊洲駅徒歩6分という立地にあり、豊洲のタワーマンションの中では比較的駅に近いタワーマンションです。

タワーマンションで最も駅から近いのは、駅直結の「豊洲シエルタワー」ですが、それ以外で駅徒歩7分以内のタワーマンションは、「アーバンドックパークシティ豊洲」「シティタワーズ豊洲ザ・ツイン」「パークホームズ豊洲ザ・レジデンス」「THE TOYOSU TOWER」の4つしかありません。

豊洲という期待値の高いエリアで、駅徒歩7分以内という立地にある「シティタワーズ豊洲ザ・シンボル」は、不動産の資産性を決める最も重要な『立地』においては、文句のつけようがありません

管理状態

管理業務は、住友不動産建物サービス株式会社に全部委託しています。

マンション内は非常に広いですが、清掃人員も豊富で清掃は行き届いており、いつ訪れても管理状態の良さを実感します。

コンシェルジュも常駐しているので、マンションの日々の状態を管理会社がしっかりと把握しているのでしょう。

ゴミ置場の整頓具合でマンションの管理状態が見えたりしますが、シンボルには各階に24時間ゴミ捨て可能なゴミ置場があり、こちらも非常に清潔に保たれています。

住友不動産分譲で、管理も住友不動産の管理会社が一気通貫で行なっているため、連携が図られています。

上述のように、「立地」と「管理状態」に優れている『シティタワーズ豊洲ザ・シンボル」ですが、実際にここ数年の価格はどう変化しているのでしょうか?

30階以上、70㎡以上、2LDK~3LDKという条件で、2014年〜2017年の平均販売価格の推移を見てみます。

まず、新築分譲時の価格ですが、上記の条件に当てはまるお部屋を全て調べた結果、平均で6,442万円という結果になりました。

一方、中古で売買された際の販売価格は下記の通りです。

  • (2017年)中古平均販売価格:9,037万円
  • (2016年)中古平均販売価格:9,429万円
  • (2015年)中古平均販売価格:8,899万円
  • (2014年)中古平均販売価格:8,482万円

「30階以上、70㎡以上、2LDK~3LDK」の条件に当てはまる販売中物件の平均価格を見ると、いずれも新築分譲時よりも高い金額で売買されていることが分かります。

分譲時よりも高い価格での売買が数年にわたって継続されている現状から、いかに「シティタワーズ豊洲ザ・シンボル」の資産性が高い(≒価値が下がりにくい)かお分かり頂けたのではないでしょうか。

こういった、街のランドマークのマンションの価値が下がりにくく、管理状態が保たれれれば、築年数が20年30年と経過しても、ヴィンテージマンションとして新たな価値を持ったマンションへと変貌していきます。

周辺環境について

最後に周辺環境についてご紹介していきましょう。

ららぽーと豊洲

ららぽーと豊洲

豊洲といえば、ららぽーと豊洲は外せません。

ショッピングだけでなく、映画館、子供向け職業体験施設のキッザニアと1日を通して賑わう場所です。休日には、イベントなども行われています。

CLIMBING PARK for TOKYO 2020

5月には2020年のオリンピックに向けたイベントの一環として、CLIMBING PARK for TOKYO 2020というイベントが開催されていました。こういったイベントもあるので、ぜひ、休日は足を運んでみてください。

豊洲公園

豊洲公園

ららぽーと豊洲の西側にある公園です。

広い敷地内は芝生や遊具が置かれており、平日、休日を問わず子供達の格好の遊び場です。

第2回日本ワイン祭り

またこちらでもイベントが行われることが多くあります。人が集まる街だからこそ、このようなイベントも開催されやすいという点がいいですね!

ビバホーム豊洲店

ビバホーム豊洲

ららぽーと豊洲まで行くのは少し遠い、そんな方にはビバホーム豊洲店があります。

1階はホームセンターとなっています。2階にはスーパーや本屋、家電量販店などのテナントが入っており、非常に便利な施設です。

文化堂

豊洲フロント・豊洲フォレシア

有楽町線豊洲駅の1C出口前のビルが豊洲フロント。

豊洲フロント

その隣にあるビルが豊洲フォレシアです。

豊洲フォレシア

どちらもオフィスと商業施設が入居するビルとなっています。平日は、周辺で働く会社員の方が多く利用していますが、休日はららぽーとに比べると空いており、ゆっくりと過ごすこともできます。

この他にも、昭和大学江東豊洲病院があるなど、安心して暮らせる環境も整っています。

まとめ

いかがでしたか?

豊洲を代表するタワーマンションといえるシティタワーズ豊洲の2棟のうち、ザ・シンボルを紹介しました。

最近は有明エリアの開発が注目されていますが、豊洲もまだまだ開発計画のある街です。昭和大学の北側エリアの空き地には50階建180mのマンションが建設予定となっています。まだまだこれからも発展する街として非常に魅力的な街といえるでしょう。

豊洲での新生活を考えていらっしゃる方は、是非シティタワーズ豊洲ザ・シンボルを見学してみてはいかがでしょうか?

>>江東区のマンション情報をもっと見る!

>>シティタワーズ豊洲ザ・シンボルについて詳しく見てみる!

著者について

コンサルティングセールス谷鴻佑
中古マンション売買の専門会社Housmart(ハウスマート)にて、中古マンションの購入・売却のコンサルティング営業を担当。
不動産に関する広範囲な知識を元に、分かりやすい情報提供と、お客様とって最高の家探し、マンション売却のお手伝いをしています。

編集部おすすめ

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

貯金ゼロで住宅購入はデメリットだらけ?!諸経費分は必ず現金で支払おう!

住宅購入は人生でも複数回あるかないかの、非常に高い買い物です。それ故にどうしても住宅本体の金額だけに目が行ってしまいがちなもの。 不動産取引においては、ついついこの諸経費の存在を忘れて契約まで進んでしまうケースが発生してしまいます。 本記事...

【永久保存】殿堂入り人気記事

知りたいことを検索

Return Top