マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【マンション比較】デベロッパー別、間取りの特徴とは?

【マンション比較】デベロッパー別、間取りの特徴とは?

マンションをよく見ると、それぞれの会社に間取りや玄関、共有施設の充実度などに特徴があることがわかります。

高級志向の物件とファミリー向けのマンションについて各企業が売るマンションの特徴などをご紹介いたします。

今回は、高級マンションの住友不動産と、ファミリー向けの大規模物件を多く手掛ける大京に注目します!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

都心にある高級志向の「住友不動産」

では、都心にある住友不動産の物件の特徴をみてみましょう。

①プライバシー

プライバシーを大事にしたい人の為に敷地内に、

  • 防犯カメラ
  • 24時間コンシェルジュの常駐
  • 目的階にのみ停止するセキュリティ制御エレベーター
  • 玄関前のカメラ

と4重のセキュリティ対策が取られており、家族のプライバシーもしっかりと守ってくれます。

②洗練された玄関周り

住居の顔とも言われる玄関は、独自に開発された「S-マルチコア」を取り入れ、スッキリと美しい外観になっています。これにより従来のマンションでは、玄関や窓回りに設置されていた配管や、メーター類、エアコンの室外機を、外廊下、外壁面に設けた収納部に格納することが可能になりました。

S-マルチコア

photo by sumitomo

③室内の高級感あふれる設備

室内はハイグレードな仕様が様々な箇所に施されています。

キッチンには高級感あふれる天然石

キッチン 天然石

photo by sumitomo

換気フードはスタイリッシュなステンレスを使用しています。

換気フード ステンレス

photo by xesta

④独自の間取り変更サービス

更に住友不動産は新築分譲マンションの間取りを無料で変更できる新しいサービスを開始しました。今までも多くのマンションで、間取り変更はできましたが、キッチンなどの水回りの変更は難しいとされていました。

しかし、水回りの変更も追加料金なしで変更できるようになり、更に最大で13種類から間取り変更のパターンを選択できるようになりました。

これにより、入居者の自由度は更に広がったと言えるでしょう。ただし、水回りの変更ができるのは、建物の完成前までですので注意が必要です。

⑤ホテルのような共用部分

ラウンジ

共有施設も大変優れています。ホテルのような広いエントランスや、フィットネスルーム、キッズルーム、ラウンジ、シアタールーム、会議室などを設け様々な入居者のニーズに答えられる構造になっています。

また、マンションには、コンシェルジュが常駐しており入居者の快適な生活をサポートしてくれます。

サポート内容としては、居住者や、来訪者への各種対応から、管内施設、近隣の公共機関、交通時刻表をインフォメーションしたり、共用施設の予約を受け付けたり、タクシーハイヤーの手配、宅配便の一時預かり、クリーニングの取次サービスなどきめ細かな様々なサービスがあります。

大規模物件を手がける「大京」

①住民との繋がり

大規模マンションの場合、ファミリー向け物件となっている事から、他の住民とのコミュニケーションを重視する人が多いようです。

よって、高いフェンスなどはあえて無くし、地域の人の目を防犯に活かすような構造になっています。もちろん人の目が行き届きにくい場所には、24時間体制の監視システムを整えています。

断絶された環境ではないため、同世代の繋がりができ、子供の友達が近くに、多くできるというメリットもあるでしょう。

②住民思いな設備

室内は、高級マンションのようにデザイン性や、高級感を重視した作りではなく水回りなどの動線重視の間取りになっています。

ライオンズマンションの玄関周りは、「ココチポーチ」と言われるウエルカムエントランスになっています。

多くの入居者の希望により、ネットスーパーの空き箱や、宅配飲料の空き容器を置けたり、ベビーカーが置けるように玄関周りのスペースを有効に活用できるような構造になっています。

このようなポーチがある事で、マンションに住みながら一戸建てのような使い方もでき多くの人に大変重宝されています。

ココチポーチ

photo by sonouchi

③間取りの融通がきく

マンションの間取り変更についてもみてみましょう。入居から数年経ち子供が生まれた場合や、子供の成長と伴に必要になる部屋の間取りも変わってきます。

例えば、子供が小さいうちは必要なかった個室も大きくなるにつれて、個室が必要になったり、逆に子供が独立したので小さい部屋を広くしたいなどがあります。

このような時大規模物件の多くは間取りの変更の融通が利くので便利です。

④共用部分

エントランス

photo by himawari

フロントにはコンシェルジュサービスもあり、日用品の販売、パーティルームやプライベートラボの利用予約、鍵の貸し出し、宅配便、タクシー、デリバリーなどの取次サービス、ハウスクリーニングの紹介、介護業者紹介サービスなどを受ける事ができます。

また、ラウンジや、パーティルーム、ライブラリーコーナー、書斎として使えるプライベートラボ、などが完備されて入居者が使用できるようになっています。

まとめ

それぞれのマンションの特徴は理解できたでしょうか?いずれのマンションにも良い面、悪い面それぞれあるかと思いますが、最終的には自身の生活スタイルや、最優先することなどを挙げていき、自分が求める環境から選択するのが一番よいのではないでしょうか?

また、間取り以外にも防災面などについてもしっかりと確認しておく必要があります。

eye catch by 東洋経済

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top