マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

豊島区の保育園事情を徹底解説! 

豊島区の保育園事情を徹底解説! 

働く女性にとって、出産はある程度の覚悟とタイミングを考えるライフイベントです。今まで積み重ねていたキャリアをどうするのか、本当に復職出来るのか、地域の保育園事情が気になるところです。それでは今回は、豊島区の保育園についてご紹介したいと思います。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

豊島区内の保育園

保育園には認可保育園、認定こども園、地域型保育事業、認証保育園、認可外保育園の5種類があります。まずその点から触れていきたいと思います。

保育所など保育を希望する場合は、まず自分が保育の必要な条件に適合しているかの確認が必要です。その上で『保育の必要性の認定』を受けることになります。

『2号認定』『3号認定』に関してはある一定の※1条件を満たしていることが条件になります。そしてその『2号認定』『3号認定』に認定された人のみが豊島区に申し込みを行う施設に申し込みが出来るのです。

認可保育園

豊島区内には認可保育園が60園あります。豊島区が設置・運営を行っている19園と、設置は区が行っていますが運営は民間に委託しているのが2園。設置、運営共に民間が行っているのが39園です。申し込みは豊島区で行い、保育料も収入に応じて変動します。

認定こども園

豊島区には認定こども園が1園のみあります。設置、運営共に民間が行っており、

3才から就学前のお子さんを、幼稚園の機能と保育園の機能両方をもつ認定こども園で保育をしようという施設です。2号認定の受け入れはまだ10名と狭き門ですが魅力ある施設の一つとされています。

地域型保育事業

この中には小規模保育事業と家庭的保育事業、事業所内保育事業が存在します。

豊島区には30の施設が存在し、申し込みは豊島区に行います。

小規模保育事業・書いていて気保育事業は、一定の資格を持ち、区長の認定を受けた家庭福祉員が家庭で保育できないお子さんを家庭的な雰囲気もしくは小規模人数で預かる制度です。施設によって預かることの出来る時間が変わりますので十分に確認して下さい。1人の保育ママに対して少人数の預かりになるため目の行き届いた保育になります。

認証保育園

一定の設置基準を満たし、東京都の認証を受けた保育施設です。13時間以上の開所や0歳児保育などが実施されています。申し込みは施設直接になり、料金は施設ごとに様々ですが、保育料の一部を豊島区が補助してくれる制度があります。

保育料は5万円~7万円程度です。

認可外保育園

児童福祉法に定められている基準を満たしていないために国から認可を受けていない保育園を言います。施設の広さや、保育士の数、園庭がとれない等の条件が満たされない、もしくは独自の教育方法で開園したい場合に認可外保育園になります。

また豊島区では認可保育園の待機児童の緊急対策として、平成26年度から30年度まで一時的に整備した保育施設もあります。

認可外だからと言って危ないと言うことはなく、逆にサービスが充実している場合もあります。申し込みは直接施設になるので認可保育園と比べると簡単に申し込みをすることが可能です。

※1

  • 保護者が終了している(下越に着き48時間の就労)
  • 保護者の妊娠、出産
  • 保護者の病気、障害
  • 保護者が家族の介護、看護をしている場合
  • 保護者が災害復旧している場合
  • 保護者が求職活動している場合
  • 保護者が修学している場合
  • その他区が上記の類似と認めた場合

待機児童の現状

豊島区の保育園事情

豊島区では子どもの数が増えているものの、待機児童対策を積極的に行った為に前年度よりも待機児童数を減らすことに成功している地域です。

また23区の中でも入園決定率の高い地域としても名前が挙がります。80.7%の確率で入園できるそうです。ただこの数字は残念なことに認可保育園に入る入園率ではありません。あくまで保育施設に入れる確率です。

豊島区では待機児童対策を積極的に行ってきています。例えば『スマート保育』。これはでは待機児童解消のために東京都の補助金を利用して、空き家や空き店舗を活用して保育を行うものです。6人~19人までの小規模保育になっており、目が行き届くと人気です。

このほかにも予算を取って、毎月保育施設を開園させる方向で対策が練られています。豊島区の『保活』は他の地域と比べると未来が明るいかもしれません。

保育園入園までの流れ

豊島区の保育園入園

産休、育児休暇中の働くお母さんに取って保育園の申し込み時期は気になるところです。豊島区の2017年4月申し込みの日付をご紹介しようと思います。だいたい毎年同じくらいの時期になりますので注意して下さい。

①保育利用の案内冊子をもらいます

ホームページからも入手可能です。

そして申し込みまでに事前見学や不明点を区役所に相談に行っておくとスムーズです。

②書類の提出(1次)

12月9日 (金)までです。

4月入園に関しては、出生予定日が11月25日~2月17日までであれば申し込みをすることが可能です。また11月26日(土)12月4日(日)は特別に受付をしています。

③結果発表(1次)

直接保育施設より内定の電話があります。

・1次で内定がもらえなかった場合には、2月9日までに再度申し込み申請をします。

・結果発表(2次)

2月24日までに結果のお知らせが来ます。豊島区の場合は3次申し込みまでありますので諦めずに頑張りましょう。

④面接・健康診断

内定の書類が来た後は、決められて日時に保育園に行き面接と健康診断を受けます。園によっては委託している病院に行くこともあります。面談は顔合わせのようなものなので緊張されなくても大丈夫です。

これに行かないと入園取り消しになりますのでご注意下さい。

⑤登園

4/1~の登園になります。最初の1ヶ月は慣らし保育になるので、お迎え時間が早くなる園が多いと思います。フルタイム勤務に戻るのは5月の連休明けくらいにしておくと余裕を持ってお子さんも保育園になれることでしょう。

入園審査の指標とボーダーライン

豊島区では指数制(点数制)を採用しています。他の地域では夫婦の合計指数にする場合がありますが、豊島区では基本指数は少ない方を採用するそうです。

申込用紙に点数の一覧が載っていますので見て頂くと自分が何点になるのかを確認することが出来ます。

豊島区ではボーダーラインが『21点』のようです。夫がフルタイム勤務でも妻がパートだと指数は妻の数字になります。そこからの調整指数の合計になりますので要注意です。

では時短勤務や、パートで働いている人が入園するためにはどうしたらいいのでしょうか?まず時短勤務の人は通常のフルタイム勤務として見なされますので20点もらうことが出来ます。またパート勤務の人でも勤務時間が長ければ20点をもらうことが出来ます。まずは20点もらうことが入園の近道になりますので勤務先と交渉して下さい

そしてどうしても勤務点がもらえない場合には、保育の必要性をアピールするしかありません。預かり保育やベビーシッターを利用しておくとアピールになります。

現在では『保活(保育園に入る為の活動)』という言葉が出るほどです。ただ書類を出すだけではなく、就職活動と同様早めの計画と対策を練ることが重要になってくるのです。

豊島区は他と比べれば入園しやすいと言われています。だからこそ少しでも指数を増やして希望の保育園に行きましょう。

まとめ

入園しやすく、待機児童対策もしっかり取られていると言われている豊島区。しかし入園できずに苦しんでいるお母さんの数はゼロではありません。

今後も予算を取って定員数拡大や、新しい施設の開園など進められていくと思いますので、今後の豊島区の保育事情に大注目です。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top