マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

注目の「パークタワー晴海」を徹底解剖しました!

注目の「パークタワー晴海」を徹底解剖しました!

「パークタワー晴海」は中央区晴海2丁目に建設されるタワーマンションです。

建設予定地の隣には、湾岸エリアのタワーマンションの中でもとりわけ人気の高い「ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス」と「ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンス」が建っています。

パークタワー晴海マンションの横を晴海運河が流れており、お部屋の向きによっては開放感溢れる良い眺望が期待できます。南の角部屋あたりからはレインボーブリッジやパレットタウンの観覧車も見れると思います。

銀座や東京駅へのアクセスが良好で、どちらも3km圏内にあります。また、建物を出てすぐの晴海橋を渡れば、アーバンドックららぽーと豊洲があります。お買いものや映画、お食事などに最適です。

どんなマンション?

画像出典:パークタワー晴海-公式サイト

完成は2019年5月を予定しており、三井不動産レジデンス株式会社により分譲されます。敷地面積は19161.72㎡、高さは地上48階建てで、総戸数1076戸と、ティアロレジデンスやクロノレジデンスよりも多いです。

最寄り駅は東京メトロ有楽町線・都営大江戸線「月島駅」で、徒歩12分になります。また、近くのバス停から、東京駅八重洲口行きの都営バスもご利用になれます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

気になるお部屋は?

パークタワー晴海お部屋の間取りは1LDK~4LDKに加え、プレミアムフロアと呼ばれる広いお部屋も用意されています。プレミアムフロアは最近のマンションでは当たり前になりつつ、通常のお部屋よりもハイグレードな設備を採用しています。

占有面積は42.53㎡~121.16㎡となっています。

パークタワー晴海上の画像はリビングです。エアコンは天井に埋め込み型のカセットエアコンを採用している分、お部屋に開放感が生まれます。

パークタワー晴海↑ダイニング

パークタワー晴海

浴室は滑りにくく、乾きやすいカラリ床です。また、洗面所にはタオルの収納以外にも、ドライヤーを引っ掛ける場所など、生活しやすいように工夫がなされています。

パークタワー晴海キッチン設備は、食器洗浄乾燥機、ディスポーザー、ユーティリティーシンク、カップボードなどです。

近年のタワーマンションでは、IHコンロを採用しているところが多いのですが、こちらのパークタワー晴海ではガスコンロとなっています。

一般に、電気よりもガスの方が火力が強く、料理が美味しくなるとのことです。

さらに、一部のお部屋はsnow peakモデルと呼ばれ、アウトドア仕様になっているものもあります。

ロードバイクやアウトドアグッズをしまうスペースが設けられています。

イマジネーションランドとは?

画像出典:パークタワー晴海-公式サイト

建物周辺の敷地は、ディズニーランドを運営するオリエンタルランドが監修しており、「イマジネーションランド」と名付けられています。

まるでテーマパークのように、「グリーティングゾーン」、「アトラクティブゾーン」、「フレンドシップゾーン」、「ピースフルゾーン」、「ブライトゾーン」です。

「グリーディングゾーン」はマンションを訪れた人を出迎える場所で、広場などがあります。

次の「アトラクティブゾーン」には、木々と噴水があり、ゆっくり休める空間となっています。

パークタワー晴海↑フレンドシップゾーン

さらに「フレンドシップゾーン」は、人とのつながりを大切にすることが目的で、滑り台などお子さんと遊べるスペースなどが設けてあります。

そして「ピースフルゾーン」ではたくさんの花を植えたお庭があり、季節を感じながらリラックスした時間を過ごすことができます。

最後の「ブライトゾーン」には、フットサルコート及びバスケットコートが併設されており、スポーツが楽しまる場所となっています。

コンシェルジュサービス

パークタワー晴海パークタワー晴海では、通常のコンシェルジュサービスに加え、さらに便利なサービスも提供しています。

例えば、冷凍品のお預かり、備品のレンタルなども行なっています。普通の宅配便のお預かりはよくありますが、冷凍食品に関しては筆者も初めてのケースです。

備品のレンタルはsnow peakとコラボして、アウトドア活動に対して積極的に支援しているからだと思います。

そのため、駐輪場も2198台と大規模で、うち30台はレンタサイクルなので、自転車を持っていない人でも気軽にサイクリングを楽しまめす。お台場方面は気持ちがよく、おすすめです!

日本初のハイブリッド構造?

「パークタワー晴海」は日本で初めて、免震構造にデュアル・フレーム・システム(DFS)を組み合わせた構造を採用しています。

このデュアル・フレーム・システム(DFS)は、大手ゼネコンの一つである大林組が開発した、オイルダンパーを使用した独自の技術です。

これにより地震の揺れを軽減するだけでなく、強風対策としても効果が期待できます。

アウトドアも楽しめる?

画像出典:パークタワー晴海-公式サイト

このマンションは、SNOW PEAK(スノーピーク)とコラボレーションし、身近なところでアウトドアを楽しむことができます。

屋外のテラスでは、BBQや焚き火ができ、屋内のパーティールームでは人工芝の上でテントを張ることも可能になっています。

また、BBQセットやテント、簡易テーブル・イスなどの貸し出しが行われているため、アウトドアグッズを持っていない人でも気軽に楽しまるのもポイントです。

>>「パークタワー晴海」の詳細はこちらから

まとめ

今回は「パークタワー晴海」についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

湾岸エリア(特に勝どき・晴海・豊洲)は大変人気が高いだけあって、魅力的なマンションが他にもたくさんございますので、ぜひ検討してみて下さい。

勝どき・晴海についてさらに詳しく知りたい方はこちらをお読み下さい

アイキャッチ画像出典:パークタワー晴海-公式サイト

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top