マンションジャーナル

マンションジャーナル

年収800万で都内の3LDKに住む際の、住宅ローン試算をご紹介!

年収800万で都内の3LDKに住む際の、住宅ローン試算をご紹介!

2020年の東京オリンピックまで住宅の価格は下がらないであろうと言われている現在、住宅ローンはかなりの低金利の状態が続いています。

そんな中、結婚して、子供が出来るとついつい目を向けるのはマイホーム購入です。

各市町村によっては、子供の保育園の保育料も住宅控除を含んで金額を決定してくれる場所もあります。

その為、住宅を購入済みの人と賃貸物件に住んでいる人では、同じ年収でも保育料が変わる場合があるのです。

ご主人の年収を800万とした人のシュミレーションをご紹介したいと思います。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

年収800万円Aさんの場合

4人家族

photo by 格安sim比較

Aさんは年齢35才。IT企業勤務で年収800万円です。32才の奥さんは年収300万円で保育士をしています。2才と3才のお子さんを持ち、毎日認可の保育園に通わせています。

保育料は2人分合わせて約8万円。延長を多くしてしまった月には10万円近くになります。

引っ越しを検討されるタイミングとしては、お子さんの進学に合わせるご家庭が多いです。

Aさんは現在、中野区で家賃14万円の2LDKに住んでいます。男の子が2人大きくなると現在の2LDKは手狭だと言うことで3LDK以上の間取りを探していました。

まずAさんの新居の条件としては、お互いの勤務地を考えて杉並区か中野区を検討しています。特に杉並区は公立小学校の評判も良く、待機児童が少ないことから最有力地域としていました。

住宅ローンは、基本的に年収の5倍程度とされています。今後の教育費などを考えても無理のない金額はご主人の年収の800万円×5=4000万円内でしょう。

現段階では奥さんも働いていますが、ある程度の時期が来たときには退職するつもりでいるようです。現在は世帯年収1100万円ですが、退職した際のことを考えて住宅ローンを4000万円で想定しています。

検討マンション① 「ザ・パークハウス杉並上井草」

ザ・パークハウス杉並上井草

検討したマンション①は、『ザ・パークハウス杉並上井草』です。3LDKの間取りを持ちながら、5000万円台で購入できる新築マンションです。

小学校の学区は杉並区三谷小学校で、セキュリティーがしっかりしているので共働き家庭も安心して預けることが出来ます。

Aさんは頭金を1000万円支払い、4200万の住宅ローンを組みました。月々の支払いは11万円です。

年収800万円だとボーナスがない場合では月収が約50万円。

そのうち住宅ローン11万円と、管理費や修繕積立費が3万円引かれると、36万円残ります。

50万円(月収)ー11万円(住宅ローン)ー3万円(管理費・修繕積立費)=36万円

現在妻が働いているので保育園代がかかっていますが、働くのを辞めて幼稚園に通ったとしても、教育費で10万円。残り26万円で光熱費、生活費、貯蓄に回す形になります。

50万円(月収)ー11万円(住宅ローン)ー3万円(管理費・修繕積立費)ー10万円(教育費)=26万円(光熱費・生活費・貯蓄)

現在は共働きであることから、かなり余裕のある生活が送れることでしょう。

検討マンション②

クリオ杉並高井戸

検討マンション②は『クリオ杉並高井戸』です。3LDKで販売価格は6500万円。

京王井の頭線の高井戸駅から徒歩8分にあり、間取りも3LDKが中心な為、ファミリー向けマンションです。全て角住戸になっており、ホテルのような内廊下が魅力です。

小学校は高井戸小学校の学区域であり、杉並区の教育熱心さと、数年前に建てかえられた綺麗な校舎でとても評判のいい学校です。

Aさんは頭金を1000万円支払い、5500万円の住宅ローンを組みました。月々の支払いは15万円です。

50万円(月収)ー15万円(住宅ローン)ー3万円(管理費・修繕積立費)ー10万円(教育費)=22万円(光熱費・生活費・貯蓄)

となります。

まとめ

以上のように年収800万円であれば都内でも人気のエリアに住むことが出来ます。

便利なエリアを選んで、リノベーションをして希望通りの間取りにすることも十分可能になってきます。また中古物件をリノベーションする方が安く済みますので、もっと大人気エリアを選ばれても問題ないことでしょう。

是非一度シュミレーションをしてみて、購入した際のイメージを持ってみてはいかがでしょうか?

photo by kaikeinet

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top