マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

中古マンションの契約が解除となった場合、申込金や手付金はどうなるのか?

中古マンションの契約が解除となった場合、申込金や手付金はどうなるのか?

中古マンションの売買契約の際には、手付金が買主から売主に支払われます。

契約が成立すれば、あとは、引き渡しを待つだけ……のはずが、実際の現場では諸事情で契約が解除になってしまう場合もあります。

そのような場合、手付金はどうなってしまうのでしょうか?

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

申込金・手付金とは?

申込金

マンション購入希望者が、気に入ったマンションを見つけて、買う意思を固めた場合、売主に申込金を支払います

この申込金は、金額は数万~10万円程度とされており、意思確認や購入希望者内での最優先順位確保を目的としたものです。

もし、契約前にキャンセルする場合、この申込金は購入希望者に返金されますし、購入する場合には契約時の手付金に充当されます。

手付金

手付金というのは、売買契約を結ぶ際に買主から売主に支払うものです。手付金は、契約が成立した証拠となるお金といった位置づけになります。

法律で定められたものではありませんが、一般に物件価格の5%程度、高くとも物件価格の10%の範囲で支払われるとされています。

この手付金は、契約が成立して代金が決済され引き渡される時に、代金の一部として充当されます。

契約解除になったら手付金はどうなる?

契約解除

photo by daiwahouse

契約が成立しても、売主、買主の都合で契約が解除される可能性はあります

買主から購入を突然キャンセルされては、売主としては絶好の売り時を逃す可能性があり、また新たに買主を探す労力が必要になります。また、売主側の事情で売却がキャンセルされては、買主は引っ越し準備を進めていたのに住む場所がなくなってしまう……なんて可能性も出てきます。

契約が成立しても、売主、買主、どちらかの不測の事態で売買契約が解除する可能性は捨てきれません。

こうした場合、売買契約の解約を申し出た側が手付金や違約金というペナルティを課されることで、解約ができることになっています。

買主が契約解除を申し出た場合は手付金をそのまま放棄し、売主が契約解除を申し出た場合には、手付金の倍返しをします。

また、予め契約書には、手付金で契約解除ができる期間が設けられており、それを過ぎた場合は違約金の支払いで契約解除が認められることとなります。

ローン特約とは?

買主には買う気があるのに、ローンが通らず売買をあきらめなければならないという事態も考えられます。

こういう場合は、売買契約に「ローン特約」をつけておけば、万が一ローンが通らなかった場合は、手付金の放棄なしに解約ができることになっており、手付金が戻ってきます。

買主側はローン特約をつけておくと、万が一の時に安心です。

違約金とは?

違約金は、手付で契約が解除できると取り決められた日以降に契約解除をする場合、あるいはどちらかに契約違反があって契約を解除せざるをえない場合などに支払われるペナルティです。

違約金は一般的に、手付金相当額または、売買代金の10%~20%程度が契約書で決められています。

尚、違約金と手付け金は法的には別物となりますから、両方同時に請求されることはないです。違約金を支払い契約を解除する場合、手付金は返金あるいは違約金で相殺されます。

まとめ

マンションの売買契約を結ぶ際は、不測の事態も考えて契約書をしっかり理解して進めるようにしましょう。

万が一のことを考えると、買主はローン特約を入れておくと安心ですが、一方、売主としては買主が既にローンの事前審査を受けているかを確認するなど、ローンの状況を確認しながら契約を進めるようにしましょう。

eye catch by daiwahouse

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top