マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【徹底比較】中古、新築どちらを買う?

【徹底比較】中古、新築どちらを買う?

皆さんがマンションの購入を考えるとき、中古を買うか、それとも新築を買うのかは大きな悩みの種だと思います。本記事ではそのような皆様の悩みを解決すべく、中古物件、新築物件の魅力を徹底比較していきます! >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

なぜ新築を好むのか

ただ単に「家を買う」と聞いたとき、普通の日本人であれば「新築の家」を思い浮かべます。
しかし、実はそれは日本特有の事情なのです。。これは日本人の「新しい物好き」という国民性によるところが大きく、実際に中古と聞くと「新築より落ちる」「新築が買えないから中古を買う」というイメージを持っている方も多いと思います。こうし感性の部分から、多くの人は新築を好むのかもしれません。

新築と中古を徹底比較

では早速、新築物件、中古物件の比較を始めていきたいとおもいます!

設備、間取り面

新築物件のメリット・デメリット

新築物件の設備はもちろんすべてが新品です!真新しい設備を使うことができます。これは新築物件ならではのメリットといえるでしょう。しかし、新築物件の設備は備え付けのものなので、この設備いらないなぁと思うことがあるかもしれません。新築マンションの場合、共有設備をはじめとする、すべての設備を含めた価格設定になっています。それは新築物件のデメリットかもしれません

中古物件のメリット・デメリット

中古物件の設備は中古のものになります。台所や洗面所など経年劣化しているものも多くあると思います。しかし、中古物件の最大の魅力はリフォーム、リノベーションによって自分好みのものにカスタマイズすることができる点にあります!リフォーム、リノベーションを行うことで、新築マンションの同様の雰囲気を作り出すこともかのうになります。

お値段、保証の面

新築のマンションの値段は最近高騰しています。なので値段は額面だけみれば 中古物件のほうが当然安いです。しかし、マンションの購入には、額面だけではわからない費用も存在しています。

新築物件のメリット・デメリット

マンションの価格設定は地権者からの土地の仕入れ費用+マンション自体の建設費+マンション販売のための広告宣伝費+集めた建設資金にかかる利息+そして自分達の利益で設定されています。最近の新築物件においては、建設にかかかるコストや宣伝広告費にかかるコストの増加に伴い、既存の物件よりお高めな価格設定になっています。しかし、諸費用は物件価格の2%〜5%程度で済むことが多いです。また、固定資産税の軽減措置をうけることができます。さらに、新築物件には10年間の瑕疵担保という保証制度が存在します。

しかし、新築物件は年数を経ると価格がどんどん減少していき、資産価値の把握が難しいです。これは新築物件の価格は、宣伝広告費が上乗せされている価格になっていることが原因です。

中古物件のメリット・デメリット

中古物件の場合は、宣伝広告費等のコストが上乗せされていないがないので、物件の価格は低く、価値が低下しにくいです。その点はメリットといえるでしょう。しかし、中古物件には新築物件のような保証制度はない、またはあっても2~3年しか使うことができません。また、リフォーム、リノベーションを考えている方は、リフォームの費用もまた別途必要になってくることを念頭に置いておく必要があるでしょう。さらに新築物件の場合のような固定資産税の軽減措置を受けることもできません。

暮らしの面

新築物件のメリット・デメリット

新築物件の場合は、ほとんどの人が同じタイミングで入居してくるので、誰もがみんな知らない者同士であり、比較的容易に新しいコミュニティの形成を行うことができます。規模の大きい新築マンションであれば、ファミリー層が入居することが多いので、ママ友を作りやすいことがおおくあります。しかし、人気のエリアだと用地が少ないことが多く、買いたい時期に物件がない、もしくは買いたいエリアに物件が存在しないケースがあります。また、購入の時点ではまだマンションが完成していないことが多いため、自分が実際に生活しているところをイメージできないといったデメリットも存在します。

中古物件のメリット・デメリット

中古物件に入居する際は、近隣のコミュニティは完成していることが多く、新規コミュニティを形成するのは難しいのが現状です。しかし、中古物件はすでに物件が存在しているので、内覧の際、実際に暮らし始めた時のイメージができると思います。また、実際にマンションの近辺を歩くことで、商店街やスーパーマーケットの位置、夜の道の明るさ、治安などを自分の目で実際に確かめることが可能になります。さらに、住みたいエリア、町が決まっている場合には、中古物件の選択肢は新築物件の選択肢よりもはるかにい多いです。

まとめ

住みたいエリアや「駅近がいい」などの条件が細かく決まっている、もしくはリフォーム、リノベーションを通じて自分のオリジナル物件にしたい場合は、中古物件を中心に探してみるといいかもしれません。

一方、住みたいエリアや条件が細かくは決まっていない、もしくは、子供の進学等に合わせて購入を検討していて、ママ友コミュニティを作りたい方などは新築マンションを中心に検討してみるといいと思います。

ところで、中古マンションを購入すると、仲介手数料がかかりますよね。仲介手数料は、物件価格の3パーセントが上限として定められており、中古マンションを購入するための諸費用の中でも大きな割合を占めているのです。近年では、AIなどの最新のテクノロジーを活用して営業コストを削減し、その削減した分を「仲介手数料を半額・無料」という形でお客様に還元しているサービスも出てきています。ぜひ中古マンションを購入する際はサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top