マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【マンション購入】給排水管の状態をチェックしよう!

【マンション購入】給排水管の状態をチェックしよう!

快適な住まいの重要な箇所として、給排水管の状態があります。

給排水管が、詰まっていたり、水道から鉄交じりの赤水が出たり、水道管から漏れがあった場合には快適に住む事は出来ません。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

給排水菅の重要性

給排水菅

photo by just-fit

私達が日常生活を快適に営む上で最も重要になるのが、です。

住居の給排水管の寿命は約10年と言われています。10年以上経過すると、配管内に錆が発生し、大きな錆コブを作ります。

この錆コブが排水管にある事によって、水圧は低下し、水量が不足してうまく排水できなかったり、赤水が出たり、ガス湯沸し器の着火不良を起こしたりする危険があります。

更に劣化が進むと、漏水が発生しあちこちで水が漏れて住居や住人の健康にも被害が及びます。

ビルやマンションの給排水管は、人間の内臓と同じです。血管が給水設備で、胃腸が配水設備です。

きちんとメンテナンスを行い、適切な維持管理を行っていれば、建物や設備の寿命は延びますし、省資源、省エネにも繋がるのです。

マンションにおいても、錆を除去する前に錆を作らないようにする事が大切です。

共用配管のチェックポイント

それでは、実際に物件選びの際にどのような点に注意すればよいのか見てみましょう。

まず、マンションの共用配管についてですがマンションの共用配管がコンクリートに埋め込まれている場合は、交換が簡単に出来なかったり、交換をするなら建物を取り壊した方がよいとなる場合もあります。

このような構造になっているマンションでは、長期間住む事は難しくなりますし、交換がなかなかできないというデメリットがあります。

このような事を踏まえ、共用部分のチェックポイントを見てみましょう。

  • コンクリートに配管が埋め込まれていない
  • 地中に埋設された配管の上にコンクリートが打たれていない
  • 共用排水管の点検や清掃口が設置されている
  • 配管の内部にデコボコがなく、たわみや抜けに強い構造になっている
  • 共用部分から、共用配管の修理や補修ができる構造になっている

このような点をしっかりと確認しておきましょう。

専有配管のチェックポイント

では、次に専有配管のチェックポイントも知っておきましょう。

マンションでの給排水管トラブルで多いのが、階下への水漏れが起こった場合、専有排水管からの水漏れなのか、共用排水管からのものなのかという事例です。

専有部分からの水漏れであった場合、二重床に配管があるとメンテナンスもしやすいのですが、階下の天井裏に配管がある場合はメンテナンスや補修がしにくい場合があり注意が必要です。

しかし、マンション規約に「床下や天井上部の配管等は共有部分とする」という定めがあれば階下への水漏れ等も共有部分となり全ての費用は管理組合の負担となりますので、この点についても規約を充分に読んで確認しておく必要があるでしょう。

まとめ

給排水管の重要性は理解できたでしょうか?給排水管のメンテナンスや管理がきちんと行われていないと、建物だけでなく人体にも影響が出てきます。

ですからマンションを購入する場合、水道の配管については事前にしっかりと確認をしておかなければいけません。特に中古で購入する場合は、水道管が何らかの問題を抱えている事も多いのです。

上記のチェックポイントを踏まえながら給排水管について、しっかりとチェックをするようにしましょう。

そして、マンションの建築・設備等については、共用部分は管理組合が、専有部分については区分所有者がきちんとメンテナンスを行い、管理維持していく必要があります。

ところで、中古マンションを購入すると、仲介手数料がかかりますよね。仲介手数料は、物件価格の3パーセントが上限として定められており、中古マンションを購入するための諸費用の中でも大きな割合を占めているのです。近年では、AIなどの最新のテクノロジーを活用して営業コストを削減し、その削減した分を「仲介手数料を半額・無料」という形でお客様に還元しているサービスも出てきています。ぜひ中古マンションを購入する際はサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

eye catch by Sapporo Mansion

653

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top