マンションジャーナル

マンションジャーナル

【豊洲のお買い得マンション!】キャナルワーフタワーズの魅力とは!?

【豊洲のお買い得マンション!】キャナルワーフタワーズの魅力とは!?

多くの若いファミリー層に人気の豊洲エリアは、東京メトロ有楽町線で有楽町駅まで10分、永田町まで14とアクセスの良さが魅力です。また、ららぽーと豊洲のように映画館やキッザニア、隣接する豊洲公園といった休日を過ごすのに絶好な大型の複合商業施設がある点も見逃せません。

また、日本を代表する企業のオフィスビルや大学のキャンパス、人気の高いタワーマンション、大規模なマンションが立ち並び、一つの町を形成しています。こういった完成度の高い街並みも人気の理由ではないでしょうか。

そんな豊洲エリアの中でも一丁目エリアと呼ばれる駅から少し離れた場所にツインタワーのマンションが建っているのをご存じでしょうか。キャナルワーフタワーズと呼ばれるツインタワーのマンションは、豊洲の再開発の中でも先駆けとなったマンションです。

今回は豊洲の数あるタワーマンションの中でも実はお買い得な「キャナルワーフタワーズ」についてご紹介します!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンション概要

外観写真

  • 所在地:東京都江東区1丁目3-1
  • 最寄駅:有楽町線 豊洲駅徒歩11分 京葉線 越中島駅徒歩11
  • 階数:地上36階、地下1階建
  • 総戸数:499
  • 建物構造:鉄筋コンクリート造
  • 完成年月:200011

豊洲の空撮写真2000年の完成時には豊洲エリアはまだまだ再開発が進んでおらず、現在ほどの人気エリアではありませんでした。その後、ららぽーと豊洲ができたことで利便性が向上し、多くのマンションも建設されたことで人が集まり人気を得ました。

そんな再開発ブームの先駆けとなったキャナルワーフタワーズですが、駅から少し離れた場所に建ち、決して好立地とは呼べないと思う方もいるかと思いますが、環境の良いマンションとして人気のあるマンションです。

マンションはイーストタワーとウエストタワーの2棟で構成されています。2棟の間にはキャナルパークとよばれる庭園があります。その庭園を通って行き来します。周辺の環境はマンションの北側と東側に豊洲運河があり、運河に沿って歩道が設置され、散歩やジョギングを楽しむ方も多くいます。敷地内庭園運河の先には月島エリア、深川・木場エリアが広がります。北側では都心の高層ビル群が広がる眺望の良さがあります。東側は低層の建物が多く、スカイタワーも見える眺望の良さを楽しむことができます。

生活環境は、ららぽーと豊洲、ビバホーム豊洲店へ徒歩10分程度。豊洲駅にも10分程度とアクセスもよい環境です。また、オフィスビルとの複合型商業施設の豊洲フォレシアにも徒歩6分程度と生活のしやすい環境です。

ららぽーと豊洲

湾岸エリアの人気商業施設ららぽーと豊洲には、映画館や子供が職業体験ができるキッザニアもあり人気のスポットです

豊洲公園

ららぽーと豊洲に隣接する豊洲公園では、週末にイベントも行われるなど家族連れに人気のスポットです

ビバホーム豊洲店

1階はDIY用品など幅広い商品を取り扱うホームセンターです。2階には家電量販店やスーパー、書店、飲食店もあり非常に便利な施設です

豊洲フォレシア

2014年に開業した豊洲フォレシアは、飲食店を中心とした商業施設とオフィスビルの複合施設として賑わいを見せています。

それではマンションの相場を見ていきましょう。

売買相場

売買相場2017年5月の時点の売買相場です。1㎡あたり70万円程度で取引されています。周辺のタワーマンションでは、最低でも1㎡あたり80万円以上の価格となるため割安感があります。高層階となると、取引価格も高くなっていますが、専有面積も広く周辺相場よりも非常に低い価格となっています。

賃貸相場

賃貸相場賃貸相場も周辺タワーマンションと比較すると数万円程度低くなっています。売買ほどではありませんが、それでもお得感のある金額帯です。

お部屋について

相場を確認していただいたところで、肝心のお部屋を見ていきましょう。今回ご紹介するのは、30階以上の高層階のお部屋です。その特徴はなんといっても専有面積の広さ。なんと90㎡以上!間取は人気のワイドスパン型で各居室がバルコニー部分に接しているため、明るく開放感のあるお部屋です。気になる価格ですが、8000万円台!周辺のマンションであれば、億ションとなってしまうような要素のお部屋ですが、8000万円台で買えてしまうという非常に割安感のある住戸です。

キャナルワーフタワーズ図面

マンション図面

リビング

リビング

リビングだけで22畳ほどの広さです。60㎡以上あるので、このリビングだけで一般的な1LDKほどのサイズがあります。しかも、リフォームされたばかりのお部屋なので非常にきれいですね。リビングからの眺望は遮るものがなく、遠くまで見渡せる絶好の環境もポイントが高いです。

キッチン

キッチンから見たリビング

キッチンからも眺望が抜けている環境であることがよく分かります。こんな環境で料理をしていたら明るい気持ちで食事も作れそうです。

バルコニーからの眺望

バルコニーからの眺望

南側のメインバルコニーからの眺望は眼下に豊洲の街を見下ろすことができます。正面にIHIの本社ビルやアーバンドックパークシティ豊洲が見えます。その先には、勝どき・晴海エリアの人気マンションのザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンスも見えます。湾岸エリア、都心部の眺望を楽しむことができる環境は非常に気持ちがいいですね。

キャナルワーフタワーズは、豊洲駅から少し離れた位置にある、とお伝えしました。豊洲駅の前には晴海通りがあり、通りに沿って高層ビルが立ち並んでいます。その晴海通りから少し離れた北東側にあるため、周辺に高い建物がなく、眺望が抜けているというメリットがあります。また北側、東側は運河に接しているのでこちらも眺望がひらけているところが魅力です。ひらけた視界の先には、都心のビル群やスカイタワーといった絶好の景色もあるため、南向き以外の住戸もオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。人気の豊洲エリアの中でもお買い得感のあるキャナルワーフタワーズをご紹介しました。地下鉄、ゆりかもめと直結する豊洲シエルタワーやららぽーと豊洲と地下で繋がるアーバンドックパークシティ豊洲シティタワーズ豊洲ザ・ツインシンボルタワーと比べると駅や主要な商業施設などに少し距離があるため価格も低くなり、割安感のあるマンションです。生活環境は大きく変わらないため、豊洲でマンションを探される方は選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

著者について

石原浩気
仲介手数料最大無料の中古マンションWEBサービス「カウル」にて、中古マンションの購入・売却のコンサルティング営業を担当。
東京神奈川を中心に、タワーマンションから低層マンションまで幅広く扱っています。
不動産のプロとして、丁寧なお客様対応と、分かりやすい情報のご提供を心がけています。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top