マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【実例集5つ】DIYでバリアフリーに!

【実例集5つ】DIYでバリアフリーに!

高齢になると、若い頃には思いもよらない場面や、場所でつまずいたり、転落したりする事が多くなります。

特に、家族に高齢者がいるお宅では、いつどこでこのような事故が起こり、大怪我になるかわかりません。

簡単にできるリフォームやDIYについて、5つご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。 >>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

敷居などの床の段差

ドアや敷居の小さな段差も健康な時には、気づきませんが足が不自由になったり、体の自由がなくなった高齢者には通行の邪魔になったり、危険を伴います。

段差にほんの少しのミニスロープを作るだけなら、DIYで簡単にできます。

・費用

段差解消スロープは、幅や、高さ、奥行きなど多くの種類があり自宅の段差や幅に合わせて自由に選ぶ事ができます。

値段は、1,200~2,000円程度であります。

自宅の床の色などに合わせて選びましょう。

・材料

段差解消スロープ

・作る目的

車椅子になった時の通行の妨げにならない為、つまずき防止

玄関のリフォーム

玄関は、家に入る時に最初に通る場所になります。玄関の土間から上がる高さは最低でも15センチ以内に収めましょう。

スロープを付けて段差を無くすのが最もお勧めですが、土間部分に踏み台になる物を置くことで段差が解消されます。

・費用

踏み台でしたら、ホームセンターなどで千円も出せば購入する事ができます。

また、スロープはグレードや種類によりますが一般的には3万円~購入できるでしょう。

・材料

スロープ、踏み台

・作る目的

段差の解消、転倒防止

ドアは引き戸に

室内のドアは、開閉タイプではなく、引き戸にしておくと将来車いすの生活になったり、杖をついて移動する場合も開口幅が広く取れるので、スムーズに通行できます。

・費用

ネットなどでは、引き戸セットというものがあり、これを使えば簡単にリフォームする事ができます。

自宅の扉のサイズを測り、それに合った物を選ぶようにしましょう。

費用は、4万円~購入できます。

・材料

引き戸本体、アウトセット金物一式、引き手

・作る目的

通行をスムーズにする為、開閉しやすい

扉の取手や水栓金具も工夫

高齢になると、指先の力がなくなりつまんで回す、指を使って引っ張るという力が弱くなります。

握力が弱くなった高齢者には、ドアノブのついているドアは開閉しづらくなります。

軽い力でも開ける事ができるように、レバーハンドルを取り付けたり、収納扉には大きめの取手を付けるなどの工夫をしましょう。

また、蛇口も水栓金具式のものは力が要る為、片手で簡単に出し止めができるレバー式がお勧めです。

・費用

ホームセンターには、レバーハンドルがたくさんあります。自宅のドアに合う物を選びましょう。

ドアのレバーハンドルや取手は、3千円~4千円程度で購入できます。

水道の蛇口をレバ―式に変える場合は、千円~3千円程度で購入できます。

・材料

ドアノブレバーハンドル、水道のレバーハンドル、取手

・作る目的

握力がなくても、ドアの開閉ができる、水の出し止めが簡単になる

階段には手すりと滑り止めを

足腰が弱ってくると、手をついて体を支えながら立ち上がったり、階段を下りたりするようになります。

立ち座りをする場所や身体の向きを変える場所、体を支える必要がある場所には手すりを付けるようにしましょう。

特に、階段を下りる時には足を滑らせる高齢者が多い為、大事に至る前に早めに手すりを付け転倒、転落防止に努めるようにしましょう。また、階段の端には、滑り止めの粘着シートを貼るなどする事で、転落防止に繋がります。

・費用

材質にもよりますが、木製の手すりの場合は5千円~8千円程度で購入できます。

また、滑り止めマットは3千円~6千円程度で購入する事ができます。

・材料

手すり、滑り止めマット

・作る目的

転倒、転落防止

まとめ

いかがでしたか?リフォームやDIYを行う為に大事な事は、高齢者の気持ちに立って生活をして、不便さ、大変さを感じる事だと思います。

そして今すぐに、自宅を完璧にバリアフリーにするのは難しいかもしれませんが、将来を見据え様々な問題点を考えながら少しずつ準備をしていく事が重要です。

事前に準備をしておく事で、その時に慌てる事がなくなりますし、様々な状況に対応しやすくなります。

また、バリアフリーをする際には自治体から助成金がでたり、介護保険サービスから補助されるものもある為、忘れずに申告をしましょう。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top