マンションジャーナル

マンションジャーナル

【気になる】引越し祝いの相場はどんなもの?人気の品は?

【気になる】引越し祝いの相場はどんなもの?人気の品は?

家族や親類、友人が家を購入した際には、お祝いの品を持っていくのが一般的なマナーです。

お祝いしたいという気持ちは十分にあるものの、どんなものを持っていったら良いのか、また相手に気を使わせない程度の金額はいくらなのか、などなかなか聞きづらい、よくわからないマナーもあります。

ここではケースを分け、適当な引越し祝いの相場についてお伝えします。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

家族や親類の場合の適当な金額

まず最も考えるケースとしては、兄弟姉妹などの家族、そして叔父や叔母、従兄弟などの親類でしょう。

家族の場合は決まった相場は特にありません

お金関係の話もしやすくそれほど気を使うこともないのですから、相手が欲しいものを聞き出してそれを直接贈るということでもよいでしょうし、高いものを貰ったとしても、家族ならば気兼ねなく受け取ることができるでしょう。

ただ最低の相場としては、近い関係なわけですから3万円程度のものは贈ってあげたいものです。

もちろん経済的に厳しい場合は、贈る相手に直接「ちょっと今月は厳しいから、また余裕ができたら贈るね」など伝えても大丈夫です。

また引っ越しお祝い会を開くならば手土産を多めに持っていってあげるのも良いでしょう。

親類の場合は10,000~30,000円が相場です。

親類と言ってもよく合う人、めったに合わない人、年も近く仲の良い人とそうでない人などケースが分かれるでしょう。

それでも親類関係があるわけですから、あまりに安物を贈るのは失礼に当たります。

最低でも1万円程度のものを選んで贈る、もしくは包んで贈るようにしましょう。

ちなみに購入した家の種類ですが、戸建てとマンション、また新築、中古で相場が変わることはありません。『自分たちの家を持った』という事実に対する祝福の気持ちを贈りましょう。

友人が家を購入した場合

学生時代の仲間、近所の友人、サークルなどの仲間など友人関係を招いて家のお披露目会パーティーをする、ということもあるでしょう。

そういった会にお呼ばれした際には友人としてぜひ素直に祝福してあげたいものです。

友人関係ならば5,000~10,000円といったところが引越し祝いの適正な相場となります。

一人ひとり個別にお祝い金を上げても良いですし、友人一同としてまとめてお祝いの品や商品券のたぐいを贈ってもても構いません。

友人ならば単純にお金や金券を贈るよりも、友人ならではの気の利いた品物をあげるほうが、心がこもっていて喜ばれるかもしれませんね。

職場の人間の場合はどうするか

職場の同僚が家を購入した際に、そのお祝いを送ることも、職場によってはあります。

仲の良い同僚はある意味友人関係の人間と同様ですので、個人的にお呼ばれして友人としてお祝いをあげても良いでしょう。

ただ職場としてお祝いをする場合は一人1000~5000円を集めて、職場一同として贈るのが無難です。

職場の人間関係というのは、親類や友人よりも希薄なものですから、あまり高価なものを贈っても、不満が出たり、贈られた側も恐縮したり、慣習が残って迷惑に感じたりすることもあるものです。

また派遣社員や契約社員方は徴収しない、金額を安くするなどの配慮も必要でしょう。

「関係ない人になんでお金を出さなければいけないの」といった不満が出ないように、気軽に出せる金額にとどめましょう。

人気のお祝い品は?

引越し祝いにはお金を包むことが多いですが、もちろん祝い品を贈っても良いです。

それでも人気があるのは、ギフト券や商品券といった金券、またカタログギフトなど自由に自分が好きなものを選べるギフトになっています。

どうしても趣味や好みがあるので、インテリアなどは貰った人が「うちの家にこれは合わないなあ」と困ってしまうこともあり、無難なものが好まれているのでしょう。

しかしお祝いの気持ちを見せるならば、それ人にマッチしたものを送ってあげたいところ。

趣味仲間ならば、なかなか変えない高額な趣味の道具を皆でお金を出して贈るというのもありですし、自分では食べる機会が少ない高級な食品ギフトなど、あとに残らないものも人気です。

NGである確率が高いのは、カーペットやカーテン、スリッパなど日常使いするもの

こういったものは家の持ち主がコーディネートを考えながら買うものです。食器なども好みがあるので避けましょう。

まとめ

お祝い品とは何よりも「祝福をしてあげたい」という気持ちが出ているかどうかです。

品物をあげる以上に言葉を伝える、引越の手伝いをする、盛大なパーティーを開くといったことで祝福を伝えるというのもありでしょう。

親しい人間ならばマナーにとらわれず、サプライズ的な贈り物をすることを考えても楽しいかもしれませんね。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top