マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンションの「壁式構造」ってどんな構造?

マンションの「壁式構造」ってどんな構造?

マンションを選ぶ際、駅からの距離や間取り、設備の充実度に目が行くことが多いですが、マンションの構造についても理解を深めておくといいでしょう。

購入してからリフォームができるのか、地震の揺れには耐えることができるのか、など構造を知ることによって生活の自由度や安心度が変わります。

ここでは、壁式構造について説明します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

壁式構造とは?

ラーメン構造 壁式構造

photo by ndk

マンションの構造方法には、壁式構造とラーメン構造があります。

壁式構造とは、一般的には低層階のマンションに利用されており、5階建て以下で採用されている構造方法です。

1つの部屋を床と壁、そして天井で1つのボックスのようにして組み上げていく構造方法になります。

地震などによってマンションにかかる圧力を壁全体で受けるように造られているため、揺れには非常に強くなっている特徴があります。

一方で、ラーメン構造とは柱と梁で全体を造り、壁を付け加えていく方法です。これらの構造方法には、お互いにメリットとデメリットがあります。

壁式構造のメリット

壁式構造は先ほどもご紹介した通り、1つのボックスのように造っていくため地震に非常に強いのがメリットです。

ラーメン構造が柱と梁で揺れを受けるのに対し、壁全体で受けることができるため倒壊することを防ぎます。

また、壁が非常に厚くなりますから、隣の部屋からの音を遮断しやすい特徴があります。小さいお子さんがいる家庭の場合、隣から苦情が来るようなこともなくなります。

さらに梁が無い分、ラーメン構造と比べると部屋のスペースを広く取ることができます。特に、部屋の角などにモノを置きやすく、レイアウトを作りやすい特徴があります。

同じ専有面積だとしても梁や柱があるかないかで、受けるイメージは大きく変わります。これらのようなメリットが、壁式構造にはあります。

壁式構造のデメリット

しかし、「壁が分厚い」という特性が、思わぬデメリットを二つ生んでしまいます。

まずは、壁から圧力を受けるため、大きな窓は設置しにくいです。日当たりが悪い部屋ですと、窓を大きくするといったオプションをつけたくなりますが、それができなくなってしまうため、不便ではあります。

また、壁が厚いため、大掛かりなリフォームはできません。中古マンションをリノベーションする際に、部屋の構造から変えてしまうようなことができないのです。

壁式構造はどんな人に向いているのか?

では、どのようなタイプの方に壁式構造のマンションが合っているのでしょうか。

1つは、耐震設備がしっかりしており安心感を感じながら生活をしたい人です。

最近では、高層マンションでも耐震設備はしっかりしています。大きな地震が来たとしても崩れるようなことは無いように造られています。

それでも低層階の壁式構造の方が安心できる、という人には合っているでしょう。

そして、大掛かりなリフォームを将来的に考えていない人もいいでしょう。

壁を取り壊すようなことができなくても、広いスペースがあれば十分であり、家具のレイアウトを決める自由度も高いので、満足感を得ることができます。

一方で、低層階のマンションを探すことになりますので、都心では特に選択肢が狭まってしまいます。

人気のあるところは高額になっている場合もありますので、マンション探しは継続的に進めていく必要があるでしょうし、見つかるまでに時間がかかることも懸念されます。

まとめ

壁式構造の特徴とメリット、デメリットについてご紹介をしてきました。

実際に住んでみたらあまり気にならないようなことも、事前にチェックしておくことで納得のいくマンション選びができるようになります。

ぜひともマンションの構造にも目を光らせて物件選びをしてみてください。

eye catch by re.words

1031

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top