マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション購入に最適な時期はいつ?

マンション購入に最適な時期はいつ?

マンションの購入には結婚や子育て、定年後など人生の節目に適した時期があります。

人生のステージや置かれている状況により、住まいに求められることが変化していくためです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

結婚

結婚

結婚をして新居を構える場合にはそれまで別々の生活をしていた二人が同じ場所に住むことになります。

生活に必要なものも大幅に増え、スペースが必要になります。

また、おめでた婚などであれば、将来生まれてくる家族のことも考えなくてはなりませんね。

生活圏も家族での生活を営むために利便性が良い場所であることも必要でしょう。

マンションは多くの家族が住む集場所であるため、周りの環境も生活に良い場所であることが少なくありません。

結婚はマンション購入を考える最初の大切な時期と言えます。

子育て

子育て

結婚当初は若いこともあり、仕事の専念することが必要です。また転勤など、生活が一変することが起きる時期でもあります。

様々な理由で夫婦二人での生活や、子供と一緒の生活で賃貸の住居を生活の場とすることがあります。

しかし、子育てや教育、医療に対しての補助も市町村により大きな差があることも少なくありません。

他にも待機児童などの問題もあり、育児環境のよい場所へ引っ越しをすることがメリットになる場合もあるでしょう。

また、子供の成長につれ、それぞれに部屋を持つなどの必要性も出てきます。

子育てを行うライフステージは、マンション購入を考える第二の時期であると言えます。

定年後

定年

子育てがひと段落し、生活する家族が減ってしまった時期はマンションを購入する第三の時期と言えるでしょう。

多くの部屋を必要とせず、庭や室内の手入れが大変な一戸建てにズ見続けるよりも、管理体制や周囲の清掃が行き届いたマンションで楽に暮らした方がストレスなく暮らすことができるのではないでしょうか。

また、年齢を重ねるにつれて、足腰や体の機能も弱くなって行きます。階段を利用することの多い一戸建てなどに暮らすよりは段差の少ないマンションに暮らす方が良いと言えるでしょう。

他にも、多くの人の暮らすマンションでは色々な世代とコミュニケーションを取ることができると言うメリットもあります。

高齢化の進む社会では生活をする上で大切なことだと言えるでしょう。

まとめ

大きく分けて以上の三つの時期がマンションの購入に適した時期ではないでしょうか。

日本では自分の家やマンションを持つことは一生をかけて実現する夢という風潮がありました。

しかし、欧米では車などと同じ様に家やマンションなど、住居を買い替えて行くのが当たり前になっています。

日本の様に家や土地を財産として所有する神話がありません。これからの日本でも服を着替える様に、年代にあった住み替えをする様になっていくといいですね。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top