マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【有明のランドマークマンション、ブリリアシリーズ】ブリリア有明シティタワーを見てみませんか?

【有明のランドマークマンション、ブリリアシリーズ】ブリリア有明シティタワーを見てみませんか?

タワーマンションが立ち並ぶ、湾岸エリア。2020年の東京オリンピック開催の舞台として競技場や各種インフラ設備の整備が進む中、今も新たなタワーマンションの建設が行われています。その中でも、有明エリアは新たなランドマークマンションとして東京ベイトリプルタワーの建設が進んでいます。

そんな有明エリアで一際存在感を放つマンションがブリリアシリーズの3棟です。

2007年にブリリアマーレ有明タワーアンドガーデン2009年にブリリア有明スカイタワー2013年にブリリア有明シティタワーの3棟が竣工しました。有明エリアのランドマークとして、有明エリアの人気を牽引してきた3兄弟マンションの末っ子、ブリリア有明シティタワーをご紹介します。

この記事を読んだ方はきっとブリリア有明シティタワーを見てみたいと思うはずです!

マンション概要

マンション外観

  • 住所:東京都江東区有明
  • アクセス:ゆりかもめ 有明テニスの森駅から徒歩
  • 築年数:201312
  • 総戸数:全600
  • 規模:地上33階、地下1
  • 構造:免震構造・鉄筋コンクリート

賃貸相場

2017年から募集が始まった賃貸物件の一覧です。

  • 3階・45.94㎡・1LDK・15.5万円
  • 4階・55.38㎡・2LDK・16.3万円
  • 4階・70.63㎡・3LDK・22万円
  • 7階・55.92㎡・2LDK・17.9万円
  • 7階・45.94㎡・1LDK・16万円
  • 14階・55.38㎡・2LDK・19万円
  • 14階・65.88㎡・3LDK・21万円
  • 14階・43.76㎡・1LDK・16万円
  • 16階・70.89㎡・2LDK・23万円
  • 17階・55.92㎡・2LDK・21万円
  • 19階・55.94㎡・1LDK・18万円
  • 21階・78.91㎡・2LDK・23.8万円
  • 21階・55.92㎡・2LDK・17万円
  • 24階・55.94㎡・1LDK・18.3万円
  • 24階・70.58㎡・3LDK・23万円
  • 31階・78.91㎡・2LDK・26.8万円
  • 32階・65.88㎡・2LDK・23.8万円

ファミリー向けのエリアなので2LDK3LDKが多くなりますが、1LDKもあります。有明エリアの2LDK20万円~30万円程度なので平均的な価格帯よりは低めではないでしょうか。また価格に多少の差があるのは、眺望環境などによるところが大きいです。

売買相場

2017年から、販売が始まった物件の一覧です。

  • 7階・45.94㎡・1LDK・4250万円・305.83万円/坪・92.51㎡万円/
  • 7階・45.94㎡・1LDK・3990万円・287.12万円/坪・86.85㎡万円/
  • 7階・55.92㎡・2LDK・4720万円・279.03万円/坪・84.41㎡万円/
  • 19階・75.91㎡・2LDK・7180万円・312.68万円/坪・75.91㎡万円/
  • 20階・65.88㎡・2SLDK・5280万円・264.95万円/坪・65.88㎡万円/
  • 21階・70.63㎡・3LDK・6300万円・294.87万円/坪・70.63㎡万円/
  • 23階・78.91㎡・3LDK・6980万円・292.42万円/坪・78.91㎡万円/
  • 26階・45.94㎡・1LDK・4290万円・308.7万円/坪・45.94㎡万円/
  • 27階・45.94㎡・1LDK・4750万円・341.81万円/坪・45.94㎡万円/
  • 築浅ということもあり、周辺の平均価格よりも少し高めとなっています。

占有面積も70㎡台が最大ですが、ブリリアマーレ有明やブリリア有明スカイタワーでは100㎡を超える住戸があるので、割とコンパクトなマンションだと言えるでしょう。

タワーマンションが多く立つ湾岸エリアの中でも、確固たる存在感を得た有明のブリリアシリーズ。その中でも、ブリリア有明シティタワーは意外と知られていない魅力がたくさんあります。そんなブリリア有明シティタワーの魅力を見ていきましょう。

ブリリアマーレ有明、ブリリア有明スカイタワーと比較してみよう

まずは、ブリリアマーレ有明、ブリリア有明スカイタワーと比較をしてみましょう。比較すると特徴が見えてきます。

意外とコンパクトなマンション

ブリリアマーレ有明ブリリア有明スカイタワーはともに1,000戸を超える大型タワーマンションです。一方、ブリリア有明シティタワーは600戸。敷地面積では、ブリリアマーレ有明19,646.77㎡。ブリリア有明スカイタワー18,273.74㎡。一方、ブリリア有明シティタワーは9,494.00㎡。半分程度の規模です。2棟の兄弟マンションと比べて地味になったのでは?という疑問を持たれるかもしれません。

湾岸エリアのタワーマンションを研究し、粋を集めた結果

マンションがコンパクトサイズになった理由は大きく2つあります。

1点目が地価の変動です。湾岸エリアでのタワーマンションの開発が盛んになり、湾岸地域の地価は高騰していきました。

マンションを建てるには、計画から用地取得、着工まで長い時間を必要とします。2つのブリリアシリーズを建設するまでは低かった地価も2007年頃から大きく上昇していきました。そのため、先に建てられた2棟のような広い土地を取得できなかった可能性があります。

2点目が流行の変化です。マンションにも流行があります。間取りやデザイン、設備などの流行があります。特にタワーマンションは最新の建築技術を駆使し、長い期間をかけて建設、販売を行うため、コンセプトやイメージを重視します。

2007年のブリリアマーレ有明誕生以降、湾岸エリアのタワーマンションに大きな転機が訪れました。豪華な共用施設よりもラウンジやパーティルームなどのコミュニケーションスペースに力を入れるマンションが増えてきました。

>>最新のマンション事情 共用施設に求められるものとは?

プールなどの豪華な施設も魅力的ではあるものの、管理費や修繕積立金といったメンテナンスコストが高くなってしまう点、利用者数率、満足度があまり高くないといった点が大きな要因です。そういった施設よりも、住民間、友人たちと楽しめるコミュニケーションを充実化するコミュニティタイプの共用施設が求められるようになりました。

その結果、ラウンジの拡大、パーティルームやゲストルームといった共用施設が豊富なマンションが増えてきています。

この流れを経て誕生したマンションがブリリア有明シティタワーです。これまでの背景を研究し、求められる施設、喜ばれる施設を研究した結果、これまでような規模で勝負をするマンションから、サイズをコンパクトにしても価値ある住環境を提供することができるマンションとして人気を集めています。

コンセプトの違い

ブリリア有明シティタワーのコンセプトは「リゾート」です。マンションのアプローチ部分にはヤシ科の植物を植え、白を基調とした内装など南国のリゾートホテルの様な安らぎを与える雰囲気があります。印象としては、ブリリアマーレ有明ブリリア有明スカイタワーに比べると少しラフな雰囲気です。

一方、ブリリアマーレ有明のコンセプトは「ホテル」、ブリリア有明スカイタワーのコンセプトは「くつろぎ」です。

「ホテル」の様な豪華さはないけれど、ゆっくりとした時間が流れ、安らぎと「くつろぎ」があるという「リゾート」というブリリア有明シティタワーのコンセプトは2棟の兄弟マンションの良い部分を踏襲して生まれたものといえるのではないでしょうか。

災害への対策

湾岸エリアといえば、多くの方が地盤を気にします。大規模な地震が発生した場合、マンションが傾いてしまうのでは?といった疑問をよく耳にします。

先に建てられた2棟と異なり、東日本大震災以降のマンションということもあり、構造は免震構造、インフラ部分を中心に液状化対策も十分に行なっています。もちろん、2棟の兄弟マンションも災害に対する備えは十分ですが、震災以降に建てられたマンションということもあり、よりしっかりとした対策が取られています。

さて、有明のブリリア3兄弟の特徴を比較してみました。ブリリア有明シティタワーがどのようなマンションなのかイメージがついたかと思います。

ここからは、実際にマンション内部をご紹介していきます!

マンションの周囲・外観

マンションの前にはヤシ科の植物が植えられ、その後ろには石タイルで作られたアプローチが続きます。マンションの周囲は植樹で覆われ、涼しげで気持ちの良さそうな印象を与えてくれます。エントランスの右手には、敷地内庭園があり木々が植えられています。

アプローチ部分

上を見上げると高さ33階建て119mの高さのマンション。外観は、濃いグレーと白を用いてデザイナーズ調に仕上がっています。先に建てられた2棟と比べると、建物内だけでなく、外観にも遊び心が加わったという印象です。

マンション外観

エントランス・ロビー

エントランス

白いオブジェ調の柱が立つエントランスを抜けると、白を基調としたロビーがあります。左手にはコンシェルジェカウンター。右手にはソファチェアのあるラウンジ。窓があり、窓からの光が白の内装に反射しより明るさと開放感を感じさせます。

ロビー

その窓の先には、敷地内庭園が広がります。窓から見える青々とした緑は気持ちよさを感じさせます。

敷地内庭園

エントランスラウンジの先にはキッズルームがあります。キッズスペースの手前には椅子とテーブルが用意されています。

子供が遊んでいる間、お母さんたちが談笑できるスペースとして用意されたママラウンジです。子供たちが楽しく遊ぶ姿を眺めながら、お母さんたちは話を楽しむ、そんな環境が用意されています。

キッズルーム

多くのキッズルームでは、こういった空間が分離されていないためコミュニケーションがなかなか取りにくいという点があります。

また、キッズルームで遊ぶ様な年の子供がいないお母さんは話の輪入りにくい環境となりますが、この様なスペースがあるだけで、会話にも入りやすいという点でニーズもあります。

ママラウンジ

1階はこの様な構成です。メインの共用施設は最上階の33階にあります。それでは、33階の最上階を見ていきましょう。

14区画に分けられた最上階

33階概要

最上階の33階。そこは共用施設のみを集めたフロアです。14の区画に分けられた様々な共用施設があります。早速紹介していきましょう!

メインラウンジ

メインラウンジ(昼間)

マンション北西側に位置する1の区画がメインラウンジです。眼下には運河が流れ、レインッボーブリッジを見下ろす眺望。その先には芝浦エリアが広がります。

日中の眺望も素敵ですが、夜は視界を遮るものがない環境なので都心部の夜景を楽しむことができます。また、18時からはバータイムとして24時までお酒を楽しむことができます。

メインラウンジ(夜)

テラス

テラス席

メインラウンジの隣、2の区画にはテラスがあります。こちら西側を向いています。マンションの西側といえばお台場。お台場方面の眺望を楽しめるようビーチソファが置いてあります。

リゾート気分でソファに横になってお台場方面の夜景を眺めるなんて贅沢ですね。

オーナーズスイート

オーナーズスイート(洋室)

オーナーズスイート(和室)

36はオーナーズスイートです。居住者の利用はもちろん、お客様のゲストルームとしても使うことができます。

4部屋もあるので安心して利用することができます。お部屋も洋室と和室があるので、お客様に合わせて使い分けができる環境は良いですね。

キッチンスタジオ

キッチンスタジオ

7の区画はキッチンスタジオです。アイランド型のキッチンにテーブルと椅子が用意されています。

テラス部分も用意されているので、料理をしながら眺望を楽しむことができる。お部屋も白を基調とした開放感のある環境なので、大人数を読んで楽しくパーティを開くことができそうです。

セラピールーム

セラピールームは完全予約制です。現在は週に一回のみ営業しています。ブリリアマーレ有明にもあった施設ですが、コンセプトがリゾートということもあり、引き継がれた施設です。

ヒーリングスタジオ

ヒーリングスタジオ

ヨガなどを行う施設として、ヒーリングスタジオもあります。

ジム

ジム

ジム施設も33階にあります。無機質な空間で運動をするよりも、眺望や夜景を楽しみながら運動ができる環境は気持ちのいいものですね!

スパ

スパ

最上階のスパはブリリアシリーズ共通の施設です。先に建てられた2棟に比べて大きな浴室を用意したところがポイントです。

多くの人が楽しめるようになっているところが使いやすさもあって良いですね。

テラスガーデン

テラスガーデン

エレベータを降りて左側に歩くと最初に見える場所がテラスガーデンです。簡単なベンチが用意されており、外の景色を楽しむことができます。北

向きなので都心部の様子を眺めながら、のんびりと過ごすことができる場所です。

ラウンジ(with kids

子供がいるとなかなかラウンジに入りづらい、そんな人たちのためのスペースがラウンジウィズキッズです。

子供を連れて入ることができるので、家族でゆっくりと過ごしながら、眺望を楽しみくつろぐことができる環境があります。

いかがでしょうか。2棟の兄弟マンションと比べるとコンパクトになった印象はありますが、家族や友人たちと楽しく過ごすことができる生活のしやすい環境があるのではないでしょうか。この他にも、認可保育園や電気自動車の充電設備など生活する上であると便利な環境が揃っているのは、非常に助かるところです。

周辺環境

最後に周辺環境をご紹介します。

買い物をするには、ブリリア有明スカイタワーの下にあるスーパーが一番近いです。車や自転車があれば、24時間営業のイオン東雲もあります。

他にも豊洲がゆりかもめで3駅なので、休日は家族でお出かけしながら買い物も、といったことができる環境です。

文化堂

イオン東雲

現在、マンション東側に(仮称)有明第二小中学校を建設中です。平成302月に開校予定なので、現在の有明第一小学校、中学校に通うよりも近く、安心して通わせることができるのも嬉しいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。有明のブリリアシリーズ3作目として、ブリリアマーレ有明ブリリア有明スカイタワーをはじめとしたタワーマンションの良い点を研究して作られたマンションです。2棟の兄弟マンションが大規模かつランドマークマンションとなってしまったため、少し目立たない存在のように思えますが、実際には、最新の技術やコンセプトなどを取り入れたマンションです。

有明でマンションをお探しの方には、ぜひ一度ご覧いただきたいですね。

>>ブリリア有明シティタワーの売り出し物件を見てみる

>>有明エリアのマンションをチェックする

>>”賢い”人はこっそり使ってるマンション購入サービスとは?

著者について

石原浩気
仲介手数料最大無料の中古マンションWEBサービス「カウル」にて、中古マンションの購入・売却のコンサルティング営業を担当。
東京神奈川を中心に、タワーマンションから低層マンションまで幅広く扱っています。
不動産のプロとして、丁寧なお客様対応と、分かりやすい情報のご提供を心がけています。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top