マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【ギシギシうるさい網戸にさよなら!】 一瞬で滑らかにするテクニックを紹介!

【ギシギシうるさい網戸にさよなら!】 一瞬で滑らかにするテクニックを紹介!

春から夏にかけて気候がよくなるにつれ、網戸を使用する頻度は高くなります。

しかし、いざ網戸を使おうと思った時にギシギシと嫌な音がするという経験がある人は多いのではないでしょうか?

そこで、網戸がギシギシ音を立てる原因、そのまま放置していた時のリスク、滑らかにする方法などを紹介していきます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

網戸がギシギシする原因

網戸がスムーズに開閉できない原因として最も多いのが、窓の下枠に汚れが付着している場合です。

この解決方法は簡単です。

  1. 窓の下枠に溜まった汚れを、使い古した歯ブラシや、ハケなどを利用してごみを掃き出し、掃除機で吸い取ります。
  2. バケツに中性洗剤を数滴いれた中にスポンジを浸し、それを使って水洗いをします。
  3. 最後にしっかりと水で洗剤を洗い流しましょう。

このような手順で直してしまいましょう。

次に考えられる原因として、サッシの下にある滑車上の戸車がうまく合っていない場合があります。

戸車がうまく合っていない場合には、一度外して組み込み直すようにしましょう。

放置した時のリスク

もし、ギシギシと嫌な音がしているのにそのまま放置していた場合にはどのようなリスクがあるのでしょうか?

リスクとしては、

  • 高額な修理費用:ギシギシと音がするのに、そのまま無理に開け閉めを繰り返していると網戸の下枠が摩耗して破損するリスクがあります。

    下枠が変形してしまった場合には、業者に依頼しなければなりません。サッシの修理は難易度が高く工程も多い事から、多くの業者が断る作業なので費用も高額になります。

    ある業者では2万円~受け付けていましたが、工程や作業時間、使用する網戸の大きさなどによって金額は変ってきます。

    このようなリスクがありますので、網戸の異音に気付いたらそのまま放置せず、早めに対策をしましょう。

  • 虫の侵入:また、戸車がうまく合っていない場合は、その隙間から小さな虫が家の中に入ってきてしまうリスクがあります。

    このように夏の季節にどのから入ってきたかわからない虫が侵入する原因は、網戸が合っていないことと関係している場合もあります。

の2つが挙げられます。

解決方法

それでは、実際にどのような方法で網戸の嫌な音を解決すればよいのでしょうか?

網戸のギシギシする音には、下記のような方法を試してみてください。

  • 網戸を取り外す
  • 網戸下部にある戸車の軸受け部にします。この時に、戸車がすり減っていないか確認し、もし摩耗している時には取り替えます。(戸車は建具メーカーでも簡単に手に入ります。現物を持っていくと間違わずに安心です。)
  • 網戸上部の網戸枠のレール部分に注油します。
  • 最後に網戸を取り付けて完成です。

注油する油は、ホームセンターなどで手に入るグリス・スプレーがお勧めです。

グリス・スプレーは、網戸以外にも様々な場所で使う事ができるので家庭に一つ常備しておくとよいでしょう。

どれくらいの費用がかかる?

戸車が合っていない場合には、ホームセンターなどに行けば1個200円程度で売っています。また、音がする部分に注油するグレス・スプレーもホームセンターなどで400円~500円程度で手に入ります。

すなわち、全て購入したとしても、200円+500円=700円なので、1000円もかかりません。

しかし、下枠が変形してしまうと大掛かりな2万円ほどの修理が必要となります。

まとめ

早めに対応すれば1000円もかからず、自分で修理ができます。しかし、下枠が変形してしまった場合、2万円ほどの出費になってしまうため、網戸の音が気になる場合は早目にメンテナンスをしましょう。

毎日のメンテナンスによって、大切な住居に長く安心して住むことができるのです。

eye catch by kakioka

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top