マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ダイニングテーブル・ダイニングチェアの種類を、目的別にご紹介!

ダイニングテーブル・ダイニングチェアの種類を、目的別にご紹介!

ダイニングルームは、家の中でも大切な空間です。ただ単に、食事するだけではなく、家族との大切なコミュニケーションの機会でもあります。

そのためインテリアの最重要部分として、ダイニングルームを考える人もいるのではないでしょうか。

実は、ダイニングテーブルやチェアには、さまざまな種類が存在しています。

今回は、そんなダイニングで使用するダイニングテーブルやチェアに注目してみましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ダイニングテーブルの種類とは?

長方形タイプ:家具の配置に柔軟性をもたせたい人向け

長方形タイプ

photo by RoomClip

オーソドックスな形で、家具配置も簡単といえば長方形のダイニングテーブルでしょう。

デザインや色合いなども種類が多く、選択の幅も広がります。

4人でギリギリ使用できる横幅1200mmから、少し余裕が出てくる大きさの1400mmや1500mmなど、さまざまなサイズがあります。

正方形タイプ:一人暮らしなど少人数で小さなテーブルが欲しい人向け

正方形タイプ

photo by RoomClip

一人暮らしや、二人で住んでいても大きなダイニングテーブルは不必要、と言った人にぴったりなサイズが正方形です。

小型サイズなので、場所を取るといったこともありません。

例えばLDKがワンフロアになっていて、少しでもリビングの方にスペースを確保したい、といったときには、正方形のダイニングテーブルがベストマッチします。

楕円タイプ:アットホームで柔らかい雰囲気が好きな人向け

楕円タイプ

photo by RoomClip

楕円形のダイニングテーブルは、曲線のフォルムから柔らかい印象があります。

どちらかと言えば、温かみのあるアットホームな雰囲気が好きな人におすすめです。

4人から6人用のものが多く、家族で使用できるものが多いでしょう。

長方形のように角がないため、ダイニングルームをスッキリ見せるといったメリットもあります。

円タイプ:部屋をラフな印象にしたい人向け

photo by RoomClip

円のダイニングテーブルは、みんなの顔を見ながら食事やお茶を楽しめるスタイルです。

直接顔を見ながら会話が可能なので、家庭はもちろんのことオフィスにも適しています。

デザイン性も高いものが多い円テーブルは、ダイニングに置くとアクセントにもなるでしょう。

ひとつ注意点として、円テーブルを設置するときには長方形や正方形のテーブルよりも広い空間が必要になることを頭に入れておきましょう。

角丸タイプ:長方形のように家具配置のしやすさ+ソフトな雰囲気が好きな人向け

角丸タイプ

photo by RoomClip

優しくソフトな印象で長方形のように家具配置しやすい形といえば、角丸型のテーブルです。

壁付けしても良いですし、中心に配置しても空間全体にゆとりを感じます。

また、角が丸くなっているため安全面から見てもメリットがあるでしょう。

特に、子どもの顔の高さがテーブル高と同じくらいの時には、鋭角なものよりも安心して使えます。

伸長型:来客の多い家庭や限られたスペースを有効に使いたい人向け

photo by RoomClip

来客が多い家庭や、ときどき広いテーブルの上で作業する人に便利なテーブルが伸長型です。

日常は通常サイズに、人が来たときには大きく使用するといった、シーンに合わせて柔軟に使えるでしょう。

通常は天板を折りたたんで、広く使うときには起こして使用するタイプが「バタフライ式」です。

また伸長型には、テーブルを左右に引くことでサブ天板が出てくる「天板伸長式」やサブ天板を引き出して使用する「補助天板取り外し式」などもあります。

引き出し付きタイプ:カトラリーなどの収納スペースが欲しい人向け

引き出しタイプ

photo by RoomClip

天板の下に、引き出しが付いているダイニングテーブルも存在します。

スプーンやフォークなどのカトラリーや、お箸や箸置きといったダイニングで使用するためのものを収納してみてはいかがでしょうか。

ちょっとした収納スペースがあるだけでも、かなり便利に使用できます。いざ、食事というときにサッと出して使えるため、忙しい朝などにも有効でしょう。

天板昇降タイプ:リビングとダイニングで兼用したい人向け

天板昇降タイプ

photo by RoomClip

天板を上げ下げできるテーブルが、昇降式のダイニングテーブルです。

リビングとダイニングを兼用して使うことが多く、食事のときにはテーブル高を高めにし、ゆったりとくつろぐ時には低めに使用するといった方法が可能です。

リビングダイニングといったワンフロアで使用するときには、食事の時にも問題がないよう少し硬めのソファとコーディネートしましょう。

猫脚タイプ:エレガントな女性らしいスタイルが好きな人向け

猫足タイプ

photo by RoomClip

テーブルの脚部分が、華麗な装飾と猫のような優美な曲線を施しているものが猫脚テーブルの特徴です。

ヨーロッパの貴族が使用していたような、ゴージャスなデザインが最大の魅力でしょう。

最近のインテリアでは、シャビーシックスタイルなどにも取り入れることもあり人気があります。

猫脚テーブルは、魅せるインテリアという一面もあるため、ある程度のスペースが必要です。壁や家具などに、隠れないようにしたいものですね。

 

二本脚タイプ:限られたスペースでも長方形のダイニングテーブルが欲しい人向け

二本脚タイプ

photo by RoomClip

ダイニングのスペースが小さくても、長方形のテーブルが欲しいといった人におすすめなのが、二本脚型のテーブルです。

横からの出入りがしやすい、といった特徴があります。

空間を、有効活用したい人には適しているのではないでしょうか。

ただし、テーブルの短辺方向のスペースは、座ったときに自分の足とテーブルの脚がぶつかってしまい、座りにくさを感じる場合もあります。

座卓:和風のインテリアにしたい人やスペースを有効活用したい人向け

座卓

photo by RoomClip

古くから日本人に馴染みのあるテーブルといえば、やはり座卓でしょう。中には、脚部を折り畳めたり、重ねたりできるものもあります。

デザインも、和室に置くような伝統的なものから、フローリングにも合うモダンなタイプまでさまざま。

また、甲鈑の裏側に発熱器を取り付けた「こたつ兼用型」もあります。

ソファを置かない場合には、座卓を片付けるだけで、スペースを広く有効に活用することが可能です。

リビングテーブル:リビングや応接間でソファと組み合わせて使いたい人向け

リビングテーブル

photo by RoomClip

リビングルームで、ソファと共に使用されるテーブルがリビングテーブルです。

長方形や正方形、楕円形といったさまざま形があります。

どちらかと言えば、ソファに合わせるための付属品のようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、最近ではスタイリッシュなデザインのものも多いでしょう。

あえて、リビングテーブルを主役にして、インテリアをつくっても面白いかもしれませんよ。

サイドテーブル:ソファやベッドなどにテーブルを補助的に使用したい人向け

サイドテーブル

photo by RoomClip

ソファで、コーヒーを飲みながら本を読んだりする人は、コンパクトなサイドテーブルがあると便利かもしれません。

リビングの中心に設置しているセンターテーブルよりも、手元に置くことで使い勝手も格段にアップします。

また、ベッドサイドなどに置く小さいテーブルは、一般的にナイトテーブルと呼ばれます。

照明器具や、スマホといった小物を置くスペースとして重宝するでしょう。

ネストテーブル:必要なときにコンパクトなテーブルが数台欲しい人向け

ネストテーブル

photo by RoomClip

ネストテーブルは、相似形のものを積み重ねるタイプのコンパクトなテーブル。最大の特徴は、入れ子式になっていることです。

ネストテーブルは、よくアンティークショップなどで見かけます。

同じ形のものが複数あるテーブルは、部屋の中でかなりの存在感を示すでしょう。

エレガントなスタイルや、クラシカルなデザインが好きな人に、ネストテーブルはおすすめです。

ダイニングチェアの種類とは?

ハイバックタイプ:デザイン性の高いゴージャスなチェアが欲しい人向け

ハイバックタイプ

photo by RoomClip

ハイバックのダイニングチェアは、背もたれが高くゴージャスな印象を与えます。

落ち着いた雰囲気のトラディショナルなスタイルや、エレガントなインテリアにもぴったりでしょう。

普通のチェアと比べると、ハイバックチェアはインパクトが強いため、少し広めの空間に置いておくと素敵なインテリアの一部になります。

ローバックタイプ:とにかく座り心地を優先したい人向け

ローバックタイプ

photo by RoomClip

背もたれが低めで安定感を感じさせるチェアが、ローバックのチェアです。

肘掛け付きも多いため、座ってくつろぐことにも適しています。また長時間、椅子に座って作業する人は疲れやすさも感じにくいでしょう。

ローバックチェアは、部屋全体の視線を遮ることが少なく、部屋を広々と見せるといったメリットもあります。

セミバックタイプ:スタンダードでコーディネートのしやすさを重視する人向け

セミバックタイプ

photo by RoomClip

セミバッグのチェアは、背もたれが高くもなく低くもないベーシックなスタイルのチェアです。

種類もかなりあるため、とりあえずどんな椅子にして良いのか迷ったときには、セミバッグのチェアにしておくと失敗は少ないのではないでしょうか。

また、さまざまインテリアスタイルにも対応しているため、選ぶ楽しみもありますよ。

ベンチタイプ:ダイニング空間をすっきり見せたい人向け

ベンチタイプ

photo by RoomClip

ベンチタイプは背もたれがないため、スッキリとした印象。なるべくダイニングを省スペースにしたい人は、ベンチタイプがぴったりです。

インテリアコーディネートの面からは、憧れのカフェ風スタイルにも挑戦できますよ。

また、普通のダイニングチェアでは2脚しか置けない場合、ベンチタイプだと子どもなら3人座れることもあります。

そのため、子どものパーティなどにも使いやすいでしょう。

回転タイプ:立ち座りのしやすさや体の動きの負担を軽減したい人向け

回転タイプ

photo by RoomClip

回転タイプのチェアは、座面の部分が回転します。体に余計な負担を掛けずに、座ったり立ったりといった動作が可能になりますよ。

特に、高齢者などは使いやすいチェアでしょう。敬老の日などに、プレゼントしても良さそうですね。

基本的には、老若男女問わず家族や仲間と一緒に食事を楽しむためのチェアとして、最適なアイテムです。

キャスター付きタイプ:掃除や模様替えも簡単!容易に動かせることを重視する人向け

キャスタータイプ

photo by RoomClip

キャスター付きチェアは、移動のしやすさを考慮しています。

一般的には、執務や作業用のチェアとして使用することが多いですが、ダイニングでも使用可能です。

お掃除のときなどに、重いダイニングチェアを持ち上げて掃除機を掛けるといった手間も省けるでしょう。

「模様替えが好きで頻繁にしている」といった人にも適しています。

まとめ

ダイニングテーブルやチェアにも、かなりの種類がありますよね。家庭環境によって、セレクトするものも変わってくるでしょう。

まずは、自分のライフスタイルを把握したうえで、適切なダイニングテーブルとチェアを選択しましょう。

また、家具類は実物を見ることも大切です。実際に椅子などは座り、テーブルの大きさや高さ、椅子との相性などをチェックしてみましょう。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top