マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

シロアリと木造建築:マンションってシロアリ大丈夫?

シロアリと木造建築:マンションってシロアリ大丈夫?

シロアリというと家屋の大敵として、よく知られており、シロアリを専門に駆除する業者も数多くいます。

基本的には木材など植物性の建材のみを食べるので、コンクリートや鉄筋で作られたマンションに住んでいれば脅威はない、そう考える人も多いのではないでしょうか。

しかし実はマンションにもシロアリによる意外な脅威が存在しているようです。

ここではそんなマンションに対するシロアリ被害についてお知らせします。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

シロアリがマンションの内部に侵入することは十分にある

マンション ひび割れ

photo by nuru 

シロアリは木材や草、紙など植物を素材とした建材を食べてしまい、美観を損ねる、糞や死骸で不衛生な状態にするといった間接的な被害だけではなく、最悪の場合は住宅の倒壊の危険を招く生き物として、建物にとっては忌避すべき対象です。

日本は湿気が多くシロアリが繁殖しやすい環境なので、多くの木造家屋にとってはたいへん大きな脅威となっていました。

しかし、コンクリートなどで作られたマンションならば、シロアリの食料になるものもないので、多くの人は安心して住めると考えているかもしれません。

マンションの外観はたしかに石材や金属を用いて作られていますが、老朽化が進んでマンション、特にしっかり防水や防湿を行っていないマンションの場合は、コンクリートに水分が侵食し、内部で膨張してひび割れを起こすことがあります

そういったひび割れによりできた隙間は、ほんの僅かなものであっても体長数ミリのシロアリにとっては十分な隙間となります。

その隙間からマンション内部に侵入をして、和室に使われている木材や畳、また下地の紙などを食べるといった被害は数多く報告されています。

外壁に隙間が発生しているマンションは、シロアリの被害に警戒すべきといえるでしょう。

1階に住んでいる人は、普通の一戸建てと同じぐらい危険

マンション一階

photo by technogreen

1階はロビーやエントランスのみというマンションもありますが、賃貸などでは1階も居室があるというマンションも多いでしょう。

そういったマンションは、多くの場合ベランダの替わりに小さな庭のようなものが付いています。

子どもを遊ばせたり、小規模な家庭菜園を栽培したりできるという楽しみはあるのですが、土があるということは、生き物が部屋の中に侵入してくるリスクがあるということです。

一戸建てと同様にシロアリ侵入のリスクを抱えているわけですから、殺虫剤などを散布して、虫が部屋の中に入ってこないように、きちんと対策を行う必要性があります

また自分は特にそういったリスクを抱えないように対策をしている、といっても隣の部屋などが虫に対して無頓着である場合は、自分の部屋にもリスクが発生しかねません。隣部屋の様子にも気を払っておきましょう。

場合によっては上の方の階に侵入することも

マンション2階

photo by 引越しの見積もり

またシロアリはコンクリートなどを食料とはしませんが、生き物としての習性で目の前にあるものはどんどん齧っていってしまいます。

老朽化が進んでもろくなったコンクリートなどに侵食してくる可能性はありますし、土で作られた部分はかなり危険といえます。

更に注意をしたいのはシロアリの中にも羽アリがいるということです。羽アリが上の方の階に飛来し、そこで排気口や排水口、マンションの外壁の隙間などからどんどん上層階に侵入していってしまった、という事例も発生しています。

特に外壁に隙間があると、断熱材としてよくマンションに使用されている発泡スチロールが露出し、そこにシロアリがたかりやすくなります。こうなると見た目にも嫌な気分になりますし、マンションの住居性能が低下し、住民にとってはかなり大きな実害になるといえるでしょう。

上層階に住んでいる人は虫の被害など想定していないことも多いでしょうし、マンションを建設した業者も低層階は気を配って防虫対策をしていても、上層階には防虫対策を施していない、ということもあります。

無視の侵入ルートになり得るような場所には、しっかりと殺虫などの対策を行っておきましょう。

まとめ

コンクリートなどで作られたマンションは、木造家屋よりシロアリに対する危険性はもちろん低くなっています。

しかし小さな生き物だけに、あらゆる場所からシロアリが侵入してくるリスクはありますし、部屋の中に入ってしまえば、マンションと言えどもシロアリの好物はふんだんにあります。

管理側に定期的な消毒や対策を依頼する、シロアリの侵入ルートを断つといった対策をきちんと心がけましょう。

eye catch by reform journal

557

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top