マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

信頼できる不動産営業マンを見つけるための「ある質問」とは?

信頼できる不動産営業マンを見つけるための「ある質問」とは?

夢のマイホーム購入は、一生に何度もない大きな決断です。しかし、不動産について素人だけに、物件探しから交渉、契約、ローン等の手続きと、わからないことだらけです。

そんな住宅購入に寄り添ってくれるのが、不動産営業マン。しかし、ネットなどの情報を見ると、信頼できる人に出会えなかったため、不動産購入を後悔するような取引になってしまったという例も……。

この人を信じていいのか、信頼できるのか……。「不動産営業マンの良し悪しを見抜くために魔法のように効果のある質問」があるのをご存じでしょうか。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

こんなはずでは!がっかりな不動産営業マンとは

不動産営業マンの対応で、これは失敗!と思ったという例を見てみましょう。

【事例1】

担当の不動産営業マンの案内で、いくつか中古マンションの物件を見たが、「え?どうしてこんなところを紹介するの?」と、案内される物件、物件のピントがずれていた。そこで、媒介契約満了で契約を打ち切ったら、購入していないのに不動産会社から費用を請求されそうになった。

→不動産売買の仲介や媒介では、成功報酬なので取引が成立しない限り仲介手数料を支払う必要はありません。希望の物件のイメージをしっかり伝えているのに、ピントのずれた物件ばかり紹介してくるのは、顧客の立場に立って考えられない、売ることだけに一生懸命な残念な営業マンです。

【事例2】

予算も限られていたので、条件をある程度絞ってから不動産屋に行ったが、実際物件を見ると、あれもいいな、これもいいなと夢が広がって……。不動産営業マンも一緒になって、どんどん条件以上の物件をすすめてくるので、予算も居住エリアも最初の予定と変わってしまい、結局決められなくなってしまった。

→不動産は人生で最も大きな買い物といえますから、堅実路線と思っていても夢が膨らんで目移りするのは仕方ありません。そんな時に、顧客の言うことに振り回されてしまう営業マンですと、なかなか的を絞れず決められなくなってしまいます。顧客にとって、何と何が必要な条件で、何は不要か、顧客の希望の優先順位を見極められる営業マンが望ましいのです。

【事例3】

良い物件が出たと連絡が来て、そのマンションの前で待ち合わせしたら、道に迷ったと言って遅れてきた不動産営業マン……。もちろん、その物件周辺の情報を聞いても、勉強不足でわからなかった。

→不動産営業マンが内覧に同行するとき、優秀な担当者ならその物件についてはもちろん、周囲の生活環境、買い物や、教育、医療などの情報もしっかり下調べをしてくれています。道に迷って遅れてくるのは……問題外ですね。

不動産営業マンを見抜くためのたった1つの質問

「どういう考えでこの物件を紹介してくれたのですか?」

ずばり、これが不動産営業マンの良し悪しを見抜くために魔法のように効果のある質問です。この質問は、物件の良し悪しや周辺の環境はもちろん、顧客であるあなたの希望や予算、そして家族の状況などを理解していないと、きちんと答えられない質問なのです。

「〇〇様ご夫妻は共働きで下のお子さんは保育園、上のお子さんは小学校です。ここなら最寄り駅からお二人の勤務地の駅へは乗り換えなしでそれぞれ20~30分。また、物件は最寄り駅から歩いて7分で、途中にはスーパーや商店街、そして保育園も認可保育所が3つあります。小学校は物件のすぐ裏にあり、学童保育も併設されているので、上のお子さんも安全に登下校ができます。物件のマンションの良さはご覧の通りですが、住民はファミリー層が多く、すぐに新しい暮らしに馴染めるでしょう」

このように、あなたの家庭の状況までしっかり把握して、的確な答えをくれる担当者なら信頼がおけるでしょう。

まとめ

優秀な不動産営業マンは、親身になって客の立場で考えてくれる営業マンです。物件の内覧に向かう時、この質問があなたを守ってくれる護身術になるかもしれません。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top