マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

渋谷駅周辺の開発がいまアツい!

渋谷駅周辺の開発がいまアツい!

2020年の東京オリンピックに向けて、渋谷駅周辺は100年に1度とも言われる大規模な再開発が進んでいます。道玄坂、渋谷パルコ、宇田川町周辺、JR渋谷駅山手線、埼京線ホーム改良など、新しい商業施設や住宅、駅周辺の開発などが計画されています。

さらに魅力あふれるエリアに生まれ変わる渋谷の街を詳しくご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

渋谷駅

出典:http://www.tokyu.co.jp/file/150702-1.pdf

長いこと工事が続いている渋谷駅ですが、JR東日本・東京メトロ・東急電鉄による大規模な再開発事業が動き出しています。

まずは、駅ホームの整備。現在は分かれている山手線の内回りと外回りのホームが一つにまとめられ、約350m離れている埼京線のホームがすぐ隣に移される予定です。

さらに、両ホームの上をまたいで3棟のビルが建設されます。屋上には上のような緑あふれる人々の憩いの場も設けられています。富士山を遠くに望み、渋谷の街を一望できる観光スポットともなることでしょう。

同時に東西駅前広場をつなぐ自由通路の拡充や、アーバン・コアの整備、駅街区と宮益坂上方面、道玄坂方面をスムーズに繋ぐスカイデッキも整備される予定です。

利便性と快適性を兼ね備えたこの新しい渋谷駅は、2020年に完成する予定となっています。

道玄坂1丁目駅前地区再開発

出典:https://www.tokyu-land.co.jp/company/challenge/note/note-dogenzaka.html

まずは、渋谷の西の玄関口である道元坂。「東京プラザ渋谷」跡地とその周辺で進行しているのが、東急不動産が請け負う、道玄坂1丁目駅前地区再開発事業です。

中低層部には集客と街の賑わいに貢献する商業施設を、高層部には、ハイグレードオフィスを計画しています。2016年に工事に着工し、2019年に開業予定となっています。

また、交通広場の再編を行い、空港リムジンバスの発着場を含むバスターミナルを導入する予定です。

道玄坂一丁目駅前地区は、国内外から多くの観光客を迎える玄関口的な役割をしています。随所に街と人をつなぐ仕掛けを施し、多くの人が交流する賑わいある街づくりに貢献しています。

渋谷パルコ宇田川周辺開発

渋谷パルコは、建て替えのため2016年8月7日に閉店しました。そのうえで、「宇田川町15地区開発計画」という名称で東京都に都市再生特別地区の計画を提案し、事業が決定しました。

新たに建設される建物は、地上18階、高さ約100mとなる予定。商業施設やオフィスのほか、若手クリエイターや起業家の育成施設、劇場なども入り、文化・経済の発信地としての渋谷の魅力をますます高めてくれる施設になっています。

今後も、次世代グローバルショッピングセンターとして、新生渋谷パルコを創造することで、更なる発展と活性化に貢献できると考えられています。

 

快適・便利になる住環境

このように、快適で、便利に生まれ変わる渋谷駅周辺の住環境情報も気になります。

今後再開発が進むにつれて、ますます人気が高まることが予想される周辺の住環境についても少しみてみましょう。

渋谷駅桜丘口地区

出典:http://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/news/pdf/217

渋谷駅を取り囲む丘の上エリアでは3街区にて住宅が建設予定です。

敷地面積は約252,870㎡で4棟の住宅が建設されます。A1棟は地上36階、地下5階、A2棟は地上14階、地下4階となっており、商業施設やオフィスが入る予定です。B棟は、地上32階地下2階からなり住宅と商業施設、オフィスが一体となった建物です。C棟は、地上4階地下1階からなり、教会などが入ります。

宮下町アパート跡地

出典:https://www.shibukei.com/headline/photo/10744/

土地面積5020㎡地上18階、地下2階、建物の高さ約67.2mからなる地域貢献施設、賃貸住宅、商業施設、業務施設からなっています。

特にこちらの賃貸住宅の大きな特徴は、115戸の住戸のうちクリエイター向け住戸が41戸あることです。クリエイティブ産業をサポートする施設も併設され若手クリエイターの創作活動の拠点となる事を目的としています。

また、渋谷駅からキャットストリートを通り表参道との回遊性を築く結束点となる事が期待されています。

まとめ

渋谷駅周辺の大開発は、街の新しいシンボルとなると伴に、交通の利便性や歩行者の利便性の向上、防災機能の強化、すべての利用者に快適で安全な街作りを目的としています。

今後は、このように複合型施設や、商業施設が多く集まる住宅や駅周辺の開発が、様々な場所で進み一つの場所で色々な事が完結できる便利で快適な住環境が整ってくるのかもしれません。

アイキャッチ画像:http://news.mynavi.jp/news/2013/01/24/021/

452

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top