マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

最新マンショントレンド「コリビング」住居とは?

最新マンショントレンド「コリビング」住居とは?

今世界では、「コリビング」という住居がトレンドになりつつあります。

日本でも、オフィススペースを共有するコ―ワーキングスペースや、シェアハウスなどは知名度を高めています。このように、今は私達の住み方は一つではなく、様々な選択ができるようになりました。

コリビングの魅力や、コリビングアパートメントなどについて詳しくみてみましょう。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

コリビングとはなにか、その魅力

コリビングとは、その名の通り皆で居間を共有する事を言い、短期的な宿泊施設や、リビングがコワーキングスペースとして機能する事を指します。

コリビングの利用者は、主に起業家や、アーテイスト、クリエイターなどが多いようです。

自宅に、このような専門的なスペースを作る事ができない場合にもコリビングがあれば、そこで集中して仕事をすることができ、効率もよく仕事もはかどります。

また様々な業種の人や国境を越えた人種の繋がりができ人脈が広がります。そうする事で、仕事の幅も広がったり、今まで知り合えなかった人との出会いがあるのも大きな魅力でしょう。

コリビングアパートメントの紹介

では、実際にどのようなコリビングアパートメントがあるのか、紹介していきましょう。

コリビングアパートメントの代表として、「ROAMコリビング」があります。ROAMは、週額(約55,000円)、月額(約198,000円)の一律料金で世界中にある、ROAMコリビングを利用する事ができます。

利用者同士が交流できる場を充実させる一方で、プライベートな空間もきちんと確保されているのも嬉しいです。

個室には、ベッドや、家具、トイレ、シャワーなどが完備されているので、必要最低限の物だけを持参すればすぐに生活をすることが出来ます。

この他にも、Wi-Fiを全館で利用できたり、仕事に集中できるワーキングスペースもあります。

また、物件によってはヨガスタジオ、商業設備レベルの広いキッチンなどもあります。

六本木に「ROAM」がオープン!!!

このような素晴らしいコリビング「ROAM」は現在、インドネシアのバリ島、アメリカのマイアミ州などにありますが今後は、スペインのマドリードや、イギリスのロンドン、アルゼンチンのブエノスアイレスなど世界中にオープンする予定です。

もちろん、東京にもROAMはあります!!!

赤坂に20人泊まることの可能なRoamが実はあるんです。

どの物件も市街地にある為、観光やショッピングなどにも適していますし様々な国を泊まり歩けるのは、金額以上の価値がありそうです。

また利用者は世界各地から集まっている為、広いキッチンでおしゃべりをしながら、母国の料理を作り合ったり、夜はプールサイドでお互いの事を語りあったりするのも素敵ですね。

photos by Roam

  • 住所: 東京都港区赤坂2-13-9
  • アクセス:六本木駅から徒歩7分
  • 広さ:30m2
  • 施設の設備:ワーキングスペース、ミーティングスペース、ヨガルーム、キッチン(最新の調理グッズ付き)、無料洗濯サービス、WiFi
  • 部屋の設備:シャワー、トイレ、冷蔵庫、ベッド

まとめ

コリビングの大きなメリットは、一つ屋根の下で暮らす仲間と様々な交流ができたり、新しい出会いがあったり、ビジネスチャンスが広がったりする事でしょう。

日本だけで仕事をしているフリーランスの方などは特に、国境を越えて世界と繋がる事は難しいのですが、このような住まい方があれば可能性はどんどん広がっていくような気がします。

人との繋がりが薄れてきた昨今ですが、このように必要に応じて繋がりを持ち、また一方で自分のテリトリーもしっかりと確保できるコリビングはこれからの新しい暮らし方になるのかもしれません。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top