マンションジャーナル

マンションジャーナル

【壁の隙間とおさらば!】コーキング技術とは?

【壁の隙間とおさらば!】コーキング技術とは?

新築から数年が経ち、まず傷みが出るのが外壁です。

サイディング外壁に付きもののコーキング工事ですが、外壁が傷む原因や、そのまま放置しておいた場合のリスクや、解決方法、工事をした場合にかかる費用などを見てみましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

壁に隙間が空く原因

外壁に隙間が空く原因としては、様々な事が考えられます。

いくつかの例を見てみましょう。

  • プライマーの塗り忘れ、塗りむら
  • 外壁の動きにコーキンの接着強度が耐えられなくなった
  • 3面接着による施行
  • コーキング自体の劣化
  • コーキングの寿命
  • コーキング材の厚み不足
  • 間違ったコーキング材の選択

などが原因として考えられます。

放置した時のリスク

もし隙間が空いたまま、外壁を放置しておくとどうなるのでしょうか?

ひび割れた壁をそのまま放置しておくと、後々大変な事になります。

すぐに、補修すると塗装だけで補修できていたものが、補修だけでは治せなくなり大規模なリフォームが必要になる事があります。

また、外壁の塗装は放置しておくと非常に危険でもあります。外壁の塗装が剥がれてくると、耐久性も無くなり更なるひび割れを起こすリスクがあるからです。

そして、そのひび割れから室内に雨水が入り込むと外壁の内部から腐食していき、これが木材まで浸透すると最終的に家が傾いてしまう危険があるのです。

コーキングを解決する方法

それでは、外壁のコーキングを治す方法は下記のような2つの方法があります。

  • 打ち替え工法
  1. 既存のコーキングの除去。カッターなどを利用し、コーキングを除去します。目に残った汚れやほこりはハケを使い綺麗に取ります。
  2. はみ出し防止の為に養生テープを貼ります。
  3. プライマーという、接着材の役割をする下塗り材を塗布します。
  4. コーキングガンを使用し、目地部分にコーキング材を注入します。空洞ができないように多めに上から下へ塗っていきます。
  5. ヘラでならしましょう。少し押さえるように1往復以上ならします。
  6. コーキング材が乾く前に養生テープをはがします。

 

  • 打ち増し工法

増し打ち工法は、既存のコーキングの上から新たにコーキング材を充填していく補修法です。

既存のコーキングの撤去作用がない分、時間はかからず費用も少なく抑える事ができます。

  1. 外壁にコーキング材がはみ出さないように、目地の周りに養生テープをはります。テープを丁寧に貼らないと、綺麗な線を作る事ができませんので気を付けましょう。
  2. プライマーの塗布
  3. コーキング材をボードと密着させる為に、接着剤の役割をするプライマーと呼ばれる下塗りを目地に塗布します。
  4. コーキングガンを利用して、目地部分にコーキング材を注入していきます。空洞ができないように気を付けながら、上から下に多めにのせるようにしましょう。
  5. へらで、コーキング材をならします。軽くならすだけでは、中がスカスカになる為、1往復以上押さえるようにしてならしましょう。
  6. コーキングが乾いてからだと、養生テープが剥がれにくくなってしまう為、乾く前に剝がしましょう。

かかる金額

では、コーキングを行った場合にどれくらいの費用がかかるか見てみましょう。

簡単なコーキングは、自分でも行う事ができますが、素人ではコーキング材やプライマーなどの専門知識も乏しく、養生をうまくできなかった場合には仕上がりが汚くなってしまい再度やり直す事にもなり兼ねません。

更に、作業の為に足場を組んだり、作業中に高いところから落下するリスクもあります。

このようなリスクを考えると、安心できる業者に依頼するのが無難でしょう。

コーキングには、打ち替えと、打ち増しという方法があります。

打ち替えにかかる費用

打ち替えは、既存のシーリングを撤去した後に新しいシーリングを打ち直す方法です。

この場合、1㎡あたり900円~1200円程度になります。

打ち増しにかかる費用

打ち増しは、既存のシーリングはそのまま残し上から新しいシーリングを打つ方法です。

既存のシーリングの劣化が少なく状態がそこまで悪くない場合は、打ち増しでも大丈夫でしょう。

費用も打ち替えよりも、安く抑える事ができます。

打ち増しの場合の費用は、1㎡あたり700円~900円程度です。実際には、足場を組む費用が5万円~15万円、既存シーリングの撤去3万円程度、シーリング打ち替えが10万円~25万円程度かかります。

業者によって、金額に大きな差がありますので複数の業者から見積もりを取り、内容や価格を比較検討する必要があります。

まとめ

コーキングについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

ご自宅の壁で気なるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top