マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

50代からのマンション購入、実現のポイントをチェック!!

50代からのマンション購入、実現のポイントをチェック!!

住宅購入のボリュームゾーンは3040代、50代になってマンション購入に踏み切るのはもう遅いのでしょうか?

50代でマンションを購入する際のメリット・デメリットと、購入のポイントについてご紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

50代のマンション購入にメリットはあるの?

住宅ローンの利用が難しい50

住宅ローンの返済期間は最長で80歳までとされています。

しかし「50歳で返済をスタートすれば30年かけて返済できる」と簡単に考えてはいけません。

50代の年収で返済を続けられるのは6065歳の定年まで、あと10年ほどしか残されていません。

定年後の年金生活で毎月のローン返済を行うプランは、万が一の場合に家計が破たんするリスクが高いのが現実です。

事実、多くの金融機関は定年までの完済を基準に借入審査を行っています。

また、50代となると入院・手術の経験や持病を持っている方も珍しくありません。

そうすると団体信用生命保険への加入が難しくなってしまいます。

団信加入が義務づけられている民間金融機関のローンが利用できなくなり、選択肢が大幅に狭くなってしまうこともデメリットの1つです。

老後の安心・安全を買う

これまで賃貸で暮らしていたなら、50代という年齢は住宅購入を真剣に検討する良い機会です。

賃貸住宅は自分のものではないので、一生住める保証はありません。

同じ家に住み続けたいと思っても、身体が不自由になるにつれて設備や間取りに不便を感じることも増えてくるでしょう。

自分が所有しているマンションであればリフォームも自由にできますが、賃貸では勝手に手を加えることができません。

そして年齢を重ねてから新しい家に引っ越したいと賃貸物件を探しても、高齢を理由に断られてしまう結果になります。

安心して老後を迎え快適に長く暮らすことを考えると、50代で住宅を購入するメリットは十分にあります。

相続税を節税するメリットも?

不動産を購入することで、子どもたちの相続税を節税するメリットもあります。

1億円を現金で相続するとそのすべてが課税対象となります。

しかしその1億円でマンションを購入した場合、課税評価額が1億円を下回り課税額も少なく済むことがあります。

タワーマンションの上層階で良く使われている節税方法ですね。

50代でのマンション購入のポイント

コンパクトな広さで余裕のある間取りがおすすめ

子どもが独立して夫婦二人で暮らすことを考えると、面積や部屋数はさほど必要ではありません。

広すぎるとその分価格や固定費が上がりますし、身体の自由が利かなくなるにつれ掃除もおっくうになります。

使わない部屋があると物をため込んでしまうので、1LDK2LDKくらいがちょうど良いでしょう。

ただし将来車いすを利用したり介護が必要となったときのことを考え、一つ一つの部屋のスペースにゆとりを持たせた間取りが理想です。

周辺環境を重視した物件選び

仕事をリタイアした後の暮らしは、自宅が中心となります。

マンション周辺の生活環境や地域コミュニティなど、ソフト面を重視して物件を選びましょう。

身体が不自由になってくればどうしても他人の手を借りて生活しなければいけません。

年を重ねれば重ねるほど、重要になってくるのは人との繋がりです。

まとめ

50代でのマンション購入は住宅ローンの利用が難しく、慎重な資金計画が必要です。

しかし、老後に備えて安心・安全な暮らしを手に入れる大きなメリットがあります。

自分らしい老後をデザインするという意識を持って、マネープランや物件選びを行いましょう。

eyecatch by myhome-fpft

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top