マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【最後のチャンス?】40代のマンション購入、ポイントはココだ!!

【最後のチャンス?】40代のマンション購入、ポイントはココだ!!

プライベートでも仕事上でも最も充実した時間を迎える40代は、マンション購入にも理想的な年代です。

余裕のある資金力で理想の住まいを手に入れる方が多いのは、この年代にあたります。

しかしそこには落とし穴もあるので要注意。

40代でマンションを購入する場合のポイントを押さえておきましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

40代はマンション購入の最後のチャンス!?

住宅ローンの利用は40代がリミット

各金融機関の住宅ローンの審査条件を確認すると、最長80歳までとされています。

最長35年、80歳まで返済を続けるつもりでも、45歳には返済を開始しなければなりません。

現実的には定年後の年金生活で住宅ローンを返済し続けるのは大きな負担になります。

実際のローン審査では、定年までに返済を終えることを前提とすることがほとんどです。

老後の経済状態に気を配るなら、できる限り返済期間を短く設定したいところです。

教育費や親の介護費の負担がピークに

40代となればそこそこの貯蓄ができている方も多いでしょう。

貯蓄を利用すれば頭金の割合を大きくしたり、繰り上げ返済を行って返済期間を短縮することが可能です。

しかし40代となると、住宅ローン以外の負担も大きくなります。

子どもの大学進学を控えて教育費のピークを迎えるのが40代後半~50代、老後を迎える親世代の介護の負担も現実的になってきます。

理想の住まいを手に入れるなら40

将来の見通しが立てやすくライフスタイルが確立している40代は、スタイルに合わせた理想の住まいを実現できる傾向にあります。

若い世代に比べて貯蓄額や年収が多いので、住宅購入予算にも余裕が見られます。

しっかりとした返済プランがあれば、40代でのマイホーム購入を恐れる必要はありません。

40代でのマンション購入のポイント

「今」ではなく「老後」を見据えた物件選びを

住宅ローン利用の最後のチャンスとなる40代のマンション購入は、そこが「終の棲家」となる可能性を考慮して物件を選びましょう。

子どもたちが巣立った後の生活を想定して広さや間取りを検討し、場合によってはリフォームを将来計画に組み込むと良いです。

身体が不自由になった時のために、バリアフリー設備や公共交通機関、行政の介護サービスについてチェックしておくこともおすすめします。

ローンの返済計画を立てる際も、老後を視野に入れることが重要です。

貯蓄のすべてを頭金に使用したり、退職金をあてに住宅ローンの返済計画に組み込むことは避けましょう

先に述べたように40代は住居費以外の出費も多く、金利の低い今の時代に老後に向けてもう一度貯蓄をするのは非効率です。

貯蓄や退職金のようなまとまったお金はできるだけ老後の生活資金として残しておきましょう。

繰上げ返済手数料無料の住宅ローンを利用しよう

40代から定年までに住宅ローンを完済しようとすると、返済期間が短く月々の返済額が高額になってしまいます。

そこで返済開始当初は返済期間を長めに設定し、月々の返済金額を低く抑える方法がおすすめです。

余裕のある間は毎月の返済に繰り上げ返済を上乗せして支払い、不測の事態があれば本来の返済額だけを支払い急場をしのぐという作戦です。

一般的な住宅ローンは繰り上げ返済に手数料がかかるので難しいですが、繰り上げ返済手数料無料の住宅ローンを利用すれば有効な手段となります。

まとめ

40代は家族構成やキャリアが固まって、生涯のマネープランを立てやすい時期です。

マンション購入の際も妥協なく理想の住まいを追求することが可能です。

気を付けなければならないのは、教育費や親の介護費、老後の負担といった住居費以外の出費です。

老後を見据えた物件選びと返済計画を用意してマンション購入にのぞみましょう。

eyecatch by woman excite

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top