マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

カウルスタッフおすすめ!本当に住みたい街・住みたい家とは?〜目白編〜【COO・三瓶】

カウルスタッフおすすめ!本当に住みたい街・住みたい家とは?〜目白編〜【COO・三瓶】

エリア決めや物件選びにお悩みの方に向け、カウルのスタッフに「住みたい街」「住みたい家」についてインタビューをするこちらの企画ですが、今回は第二弾です!

第一弾の弊社代表、針山昌幸へのインタビューはこちら!

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

第二弾は、弊社COOの三瓶士継へのインタビューです!

Q,1 あなたの住みたい街はどこですか?理由も合わせて教えてください。

私が住みたい街は「目白」です。

やはり不動産は「立地」が命ですから、都内に住むうえで山手線の利便性は間違いないですし、山手線周りは資産価値も非常に高いため、将来、買い手や借り手を見つけるには苦労しないでしょう。

目白というと、都内でも有数の高級住宅地で、学習院大学のイメージが強いですが、それ以外にも日本女子大学や東京教育専門学校などの大学があり、幼児教育にも力を入れていて、知的なイメージ漂う街だと感じます。

関連記事:〈発表〉目白駅のマンションランキングTOP10!

また、目白は歴史ある街としても知られており、かつては尾張徳川家が住んでいたエリアとして有名です。

今では、徳川義親侯爵の本邸敷地内に「徳川ビレッジ」という、大きな邸宅が軒を連ねるエリアが形成されています。

東京の中心にいるとは思えないほどの緑が生い茂る徳川ビレッジは、春には桜が満開になり、非常に美しいエリアです。

目白の大部分は住宅地で形成されており、静かで落ち着いた生活が送れるところも、個人的には非常に魅力に感じます。

(徳川ビレッジにある庭付きの家)

新宿や渋谷など、住宅地と歓楽街が混同している街も便利で楽しいとは思うのですが、やはり毎日帰る場所は静かなところがいいですね。

当然ながらアクセス環境は万全で、新宿まで約7分、渋谷まで約15分、池袋まで約3となっており、通勤・通学・お買い物にも大変便利です。

また、犯罪発生率が低いことも目白の魅力ではないでしょうか。

高級住宅街があるために、パトロールやセキュリティが徹底されていることが理由です。女性の一人暮らしでも安心ですね。

アクセス良好で治安も良く、魅力的な街だと思います。

目白エリアのランドマークマンション「ザ・サンメゾン目白近衛町エルド

Q,2 家選びで最も重要だと思うことは何ですか?

とにかく「立地」です。

「街(エリア)」と「駅からの距離」の2つの意味で、立地はとにかく重要です。

私が家を買うとしたら、立地選びに心血を注ぐと思います。

まず「街(エリア)」としての立地ですが、ご紹介した目白のような山手線沿線は、「住みたい路線ランキング」でも首位を獲得するほどの人気路線であり、まず間違いないですね。

間違いないというのは、もちろん自分が住むうえでの利便性が高いことに加え、将来の売却が有利に進めることが出来るという意味合いです。

最近では、豊洲や月島などのエリアや、武蔵小杉なども魅力的なエリアだと思います。

「再開発が進んでいる(もしくは再開発の計画がある)」「駅前に大きなショッピングモールが出来る」などの要素があると、その街はこれから徐々に出来上がっていき、人口が増え、人口が増えるとより一層ショップや飲食店などが進出して街が盛り上がるという好循環が生まれて、結果としてそのエリアのマンションの資産性も上がります。

最近では、東京オリンピックの開催や築地市場の移転問題などがありますね。

こういった経済的な出来事とは密接に関わってくるので、日頃から情報収集を心がけています。

知らなきゃ損!東京の資産価値が高いエリア12選!

また、「駅からの距離」という意味合いの立地も、非常に重要な要素だと思います。

自宅と駅の移動はほぼ毎日のことですから、近いに越したことはありません。

都内の駅前には、スーパーやコンビニ、クリーニング屋さんなど、生活に必要な施設が揃っていることがほとんどなので、駅の近さと生活利便性は強く紐づいています。

ただ、あまりに近すぎると、電車の音が気になるという方もいると思うので、そこは実際に見学に行って確認して頂きたいと思います。

音が気になるようなマンションでは、窓が二重サッシになっていることも多く、音が全く気にならない物件もありますので、部屋情報だけを見て「なんだか音がうるさそうだな。。」と敬遠してしまうのは勿体無いと思います。

また、最近ではリフォームやリノベーションのクオリティも非常に上がっており、中古マンションを買って、自分好みの部屋にフルリノベーションする方も増えています。

リノベーション専門会社「リノベる」様の事例

Before

After

つまり、お部屋の中身は入居後にいくらでも変えることができますが、立地はどう頑張っても変えられないため、それだけ大きな価値を持つものだということです。

私の場合、他の条件(間取り、築年数など)をある程度譲歩してでも、立地はこだわり抜きたいと考えています。

マンションを購入する時に、ずっと住み続けると考えていたとしても、転勤などの事情で止むを得ず引っ越さなければならない状況に直面した時のことを想定して、立地にこだわっておけば、将来の売却がスムーズに進むことと思います。

Q,3 最後に、お部屋探しに行き詰まっている方へ向けてメッセージをお願いします。

理想的なお部屋に出会うために、まずご自身の中で「譲れない条件」と「多少譲歩できる条件」の整理をしてみてください。

そして、その「譲れない条件」の中で、優先順位をつけてみてください。

不動産は、日々新しい物件がどんどん出てきますので、色々な物件を見ているうちに、「あれもいいな、これもいいな」となってしまい、いつの間にか当初の目的を見失ってしまいます。

そうならないために、「譲れない条件」と「優先順位」を自分の中で明確に持った上で、不動産屋さんに相談してみることをオススメします。

不動産会社に問い合わせるのは、少し勇気がいるかもしれません。

しかし、もちろん彼らは不動産のことを熟知しており、上手に付き合うことが出来れば、家探しのパートナーとして親身に相談に乗ってくれるはずです。

弊社では、お気軽にお使い頂けるよう、メッセンジャーでスタッフと対話ができるシステムになっております。

お気軽にお問い合わせくださいね!

>>>仲介手数料が最大無料のマンション購入サービス「カウル」を見てみる

おわりに

いかがでしたか?

立地について、経済状況や開発計画などもチェックしてみてくださいね。

第三弾は、弊社セールススタッフの徳永学へのインタビューを予定しております!

お楽しみに!

 

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top