マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

サービスルームのある間取りは本当に損なのか?

サービスルームのある間取りは本当に損なのか?

マンションの間取り図をみていると、「2LDK+S」という表示の部屋に気づくことがあります。

「S」はサービスルームのことですが、これはどのようなものでしょうか?

サービスルームのある部屋のメリット・デメリット、その活用例をみていきましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

サービスルームとは何か?

photo by okayama

間取り図では、同じように仕切られた空間であるにもかかわらず、なぜ、サービスルームと表示するのでしょうか。リビングや寝室とは何が違うのでしょうか。まず、この点を確認していきましょう。

建築基準法では、「居室」について、生活や仕事のために人が長い時間過ごす部屋であるとし、その要件として、「採光に必要な窓などの開口部が床面積の1/7以上」「換気に必要な開口部が床面積の1/20以上」と定められています。

サービスルームとはこの2つの条件を満たさない、「採光に必要な窓などの開口部が床面積の1/7以下」「換気に必要な開口部が床面積の1/20以下」の空間のことを言います。

また、窓のある部屋でも、サービスルームとなっていることがあります。例えば、同一マンションの同じ間取りの部屋でも、上層階では「3LDK」、下層階では「2LDK+S」と表示されていることがあります。

これは、上層階では光を得られる窓が、下層階では隣接建物の影になり、光を得ることができない窓とみなされているためです。

ちなみに、サービスルームと同じように「居室」に該当しないものとしては、使用時間の短いトイレ、洗面所、浴室、キッチン、収納、玄関、廊下等があります。

サービスルームのメリット

サービスルームのある部屋の最大のメリットは価格です。

サービスルームがある場合、同じ間取りでも、3LDKが2LDK+S、2LDKが1LDK+Sのように、一部屋少なく表示されます。

これにより、必ずではありませんが、値段が安くなる場合があります。マンションは高い買い物ですから、この差額は数十万円から数百万円になることもあります。

これは大きなメリットといえるのではないでしょうか?

サービスルームと居室は何が違う?

サービスルームは建築基準法上の「居室」ではないため、建物の設計段階で居室と同じような設備を設けないよう行政指導されるケースがあります。

よって、サービスルームにはテレビや電話回線がない、エアコンを設置する専用のコンセントやダクトがないことがあります

ただし、あくまでも建築基準法上、居室と認められていないというだけで、購入した人がどのように使うかは自由です。

物件を探す際に、「サービスルーム」という表記を見つけたら、まずは、どれだけの設備を設置可能なのか確認してみましょう。

エアコンについては、窓型のものを設置できる場合もありますし、内側のドアを開けて通風、換気を確保できる場合もあります。

また、除湿器を設置することで湿気対策とともに室内の空気の循環を作り出すといった工夫もできます。

サービスルームの活用例

①収納スペース

新居を購入して生活を始めると、徐々にモノが増えてきます。これらを収納するための家具を購入するにしても、結局、保管スペースは必要になります。

であれば、当初からある程度の収納スペースを確保するという見立てのもと、サービスルームを収納スペースとして活用することを前提として、物件購入を検討することもできるのではないでしょうか?

採光が十分でなく薄暗い部屋だとしても、日焼けが気になる衣類や書籍、直射日光を避けたい食品などを保管するスペースとしてむしろ、適しているとみることもできます。

②書斎

ある程度の広さのあるサービスルームであれば、書籍の収納とあわせて、机・椅子を設置することで、書斎としての活用もできます。

量販店で安価に購入できる、スライド式の書籍ラックを活用することで、収納スペースを有効活用すると同時に、本格的な書斎の雰囲気を作り出すこともできます。

本を読んだり、調べ物をしたり、PCで作業をしたり、ちょっと贅沢な空間にすることも可能です。

③遊び部屋

リビングと接しているサービスルームであれば、子どもの遊び部屋として使うこともできるのではないでしょうか?

子どもにとっては、親の目の届く範囲で、のびのびと遊べる空間を持つことができますし、おもちゃの収納場所を兼ねることになりますので、リビングをすっきりした状態で生活できるようにもなります。

子どもの成長にあわせて、他の利用目的に変更していくこともできます。

④趣味・娯楽

オーディオルームやシアタールームなど、趣味のための部屋として使うこともできます。

例えば、窓がないサービスルームの場合、光や音を自分の思い通りにできるという点では、リビングなどよりも、優れているともいえます。

お気に入りの機材や調度品を揃えることで、落ち着いた空間を演出することができます。

まとめ

サービスルームは、採光などについて制約のあるものではありますが、ライフスタイルに合わせ活用できることを確認してきました。

価格面でのメリットを判断するためにも、物件の購入前には、実際に現地で確認をして、どのような設備が設置可能か、どのような利用をするのか、十分に検討をするようにしましょう。

eyecatch by e-blooming

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top