マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

カウルスタッフおすすめ!本当に住みたい街・住みたい家とは?〜月島編〜【代表・針山】

カウルスタッフおすすめ!本当に住みたい街・住みたい家とは?〜月島編〜【代表・針山】

マンション購入を検討し始めると、まず「住みたいエリア」や「部屋の条件」を決めると思います。

住みたいエリアは、もともと好きな街であったり、勤務先へのアクセスが良い街であったり、お子様のいるご家庭であれば子育て環境が良い街なども捨て難いはずです。

その中から、予算内の物件が多いエリアの中で、今度は具体的なお部屋の条件で絞っていくことでしょう。

駅近物件、周辺環境、間取り、日当たりなど、こだわり始めるとキリがないのも事実です。

エリアやお部屋の条件は、絞りすぎても、逆に広すぎても判断できなくなってしまいます。

何度も内覧をしているうちに、条件がブレてしまい、本当に求める条件を見失ってしまう方も少なくありません。

そこで今回は、マンション購入を検討し始めたばかりの方へ向けて、これまで数百件の物件を見て、多種多様なお客様のお悩みを聞いてきたカウルの営業スタッフに、本当に「住みたい街」と「住みたい家」についてインタビューしました!

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

第一弾は、弊社代表の針山昌幸へのインタビューです!

Q,1 あなたの住みたい街はどこですか?理由も合わせて教えてください。

私が住みたい街は「月島」です。

近年、非常に人気の高い「月島・勝どき・豊洲エリア」ですが、その魅力は何といっても美しい街並みだと思います。

街自体がまだ若く、一気に開発が進んでいるエリアですので、商業施設や飲食店などのデザインも、湾岸エリアにマッチするように設計されており、街全体にデザインの統一感があります。

関連記事:【発表!】月島駅から徒歩5分圏内の人気マンションTOP5!

東京の中心で水を感じながら生活できるエリアはそう多くありませんし、一方で、佃小橋やもんじゃストリートといった下町情緒溢れる通りも残っており、つい散歩に出かけたくなるような、生活していて楽しい街だと思っています。

豊洲の「ららぽーと」や、お台場の「アクアシティお台場」といったショッピングモールに、自転車で行くことができる点も非常に魅力的です。

東京湾を眺めながらのサイクリングは、日々の疲れを癒してくれます。

豊洲の「ららぽーと」は、2006年にオープンした大人気のお買い物スポットで、連日多くの人で賑わっています。

2012年〜2013年にかけてのリニューアルを経て、現在では日本初出店の海外ブランドなども含めて約200店舗が入っています。

ファッション、飲食、映画などが網羅されていて、お買い物好きにとっては、1日中いても飽きない定番スポットですね。

さらに、お子様が職業体験をすることができる「キッザニア」も人気で、お子様連れの家族からの人気も高いです。

また、交通面では、東京メトロ「有楽町線」や「都営大江戸線」が乗り入れており、「東京駅」まで15分、「新宿駅」「渋谷駅」まで25分と、都心へのアクセスも非常に良好ですし、バスの路線なども順次拡大しています。

駅自体も日々進化していて、「月島メトロピア」という駅ナカが開業し、カフェやパン屋さんなども充実しています。

また、マンション購入においては、将来の売却を見据えた視点も重要ですが、「月島・勝どき・豊洲エリア」はすでに開発が進んでいるのに加えて、今後も駅前を中心とした再開発の計画があり、資産価値は今後も上がっていく見込みがあります。

関連記事:再開発の最前線!月島はどう変わっていくのか?

中央区が発表している「中央区総合交通計画」を見ても、月島は今後も人口が増えていく(=街が盛り上がっていくとマンションの資産価値も上がっていきます)エリアと位置付けられており、資産性も問題ありません。

私は生粋の不動産オタクなので、このエリアの景観や洗練されたマンションを見るたびに、非常に気持ちが高ぶって、いつか住んでみたいと強く思います!

>>>月島駅周辺のマンションを見てみる!

Q,2 家選びで最も重要だと思うことは何ですか?

抽象的になってしまいますが、「帰ってきてホッとできること」ですね。

資産価値や築年数、立地、部屋の向きなど、当然ながら重要な項目はたくさんありますが、最終的にそこに「住む」わけですから、落ち着く空間というのが最も大事なのではないかと思います。

そういった空間は、資産価値や築年数などの要素ばかりを重視していては、手に入らないと思うんです。

間取りについても、一概に「この間取りが一番良い!」というものはなく、住む人によってバラバラであるのが自然であるはずです。

広々とした空間が落ち着く人もいれば、狭い方が生活動線において便利だと感じる人もいるからです。

家というのは、ありのままの自分でいられる空間であるべきだと考えますので、あまり背伸びをする必要はないのでは、と個人的には考えています。

とは言え、当然ながら築年数や部屋の向きなども「落ち着く家」の条件ではあるので、お部屋探しで悩んでいらっしゃる方がいれば、お気軽にご相談頂ければと思います!

>>>月島駅周辺のマンション情報をもっと見る!

Q, 3 最後に、お部屋探しにお悩みの方へ向けてメッセージをお願いします。

住宅購入は、人生においての一大イベントです。

それなのに、現状の不動産業界は、お客様にとって非常に分かりづらい構造になっています。

分からないこと、不安なことは何でもご相談頂ければと思いますし、家探しを妥協して欲しくないと思います。

ご自身にとって、また、家族にとって本当に幸せに暮らせる家とは何か?

微力ながらサポートさせて頂きますので、一度ご相談ください!

>>>仲介手数料が最大無料のマンション購入サービス「カウル」を見てみる

おわりに

いかがでしたか?

街選び、家探しのお役に立てて頂ければと思います。

第二弾は、弊社COOの三瓶士継へのインタビューを予定しております!

お楽しみに!

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top