マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【キッチンリフォーム】を成功させるコツ大公開!

【キッチンリフォーム】を成功させるコツ大公開!

お部屋のイメージをガラリと変化させたり、家事のスピードアップのためにキッチンをリフォームすることが人気です。

中には「キッチンリフォームには興味があるけれども、実際にはどんなキッチンがあるのか分からない」という人もいるのではないでしょうか。

今回は、基本的なキッチンのレイアウトと、キッチンで作業する際のベースとなる寸法をご紹介します。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

基本的なキッチンレイアウトのメリットとデメリットとは

キッチンには、さまざまなレイアウトがあり、それぞれにメリットデメリットの両方があります。

重要視するべき点は、家族のライフスタイルに合わせたキッチンをチョイスすることでしょう。そのための第一歩として、基本的なキッチンレイアウトについて説明します。

Ⅰ型キッチン

出典:http://www.reform-guide.jp/topics/tsukaiyasui-kitchen-layout/

一列にシンクや加熱調理器などを、直線的に配列するレイアウトがⅠ型キッチン。コンパクトに配置するため、限られたスペースに最適です。オーソドックスな形とも言えますね。

広々とした空間が無くても、ダイニングキッチンやキッチンのみといった独立した空間などに適合することが最大のメリットでしょう。

通常シンクと加熱調理器具の間に盛り付けスペースを設けますが、そのスペースが広すぎると使いにくくなってしまいます。こちらはデメリットというよりも、気をつけたい点でしょう。

Ⅱ型キッチン

出典:http://www.reform-guide.jp/topics/tsukaiyasui-kitchen-layout/

シンクと加熱調理器具を対に配置させる(壁側に加熱調理器具を配置し、シンクは対面して配置するなど)キッチンレイアウトです。

メリットとしては、キッチンで作業するための動線が短く作業効率が良いということでしょう。

また、オープンタイプのⅡ型キッチンでは、家族とコミュニケーションを取りながら調理をすることも可能です。

Ⅱ型は、シンクと加熱調理器が対になっているため、振り返る動きが加わります。体をひねる動作が、他のレイアウトよりも増えるでしょう。それを負担に思える人には、デメリットになり得ます。

アイランド型キッチン

出典:http://www.reform-guide.jp/topics/tsukaiyasui-kitchen-layout/

近年、インテリア雑誌などでも見かけるオシャレなオープンキッチンといえばアイランド型キッチンでしょう。

アイランドとは島という意味で、壁から離れたアイランドの部分にシンクや加熱調理器などを独立させて配置することです。

メリットといえば、アイランドの部分にカウンターやテーブルなどを取り付けて椅子を配置すれば、多人数のときに使いやすくなります。ホームパーティを頻繁に行っている家庭や、自宅で料理教室を開いているような家では適しています。

デメリットといえば、広いキッチンスペースが必要ということでしょう。

また、加熱調理器具をアイランドに配置したときには、ダクトによって排気をする必要があるため専用のレンジフードが必要になります。

L字型キッチン

出典:http://www.reform-guide.jp/topics/tsukaiyasui-kitchen-layout/

L型キッチンは、シンクや加熱調理器などをL字型に配置した形です。

6〜8畳くらいのスペースのダイニングキッチンに適しているでしょう。

準備から配膳までを含めた作業動線が短いため、合理的なレイアウトといえるでしょう。L型キッチンは、キッチン全体を作業性のよい空間にしてくれることがメリットと言えます。

ただ、デメリットとしてはL字の角の部分が、使い勝手の悪いスペースとなってしまう可能性が高いということです。しかし、このコーナー部分を使いやすくするような商品も売られているため、工夫次第では便利な場所になるのではないでしょうか。

U字型キッチン

出典:http://www.reform-guide.jp/topics/tsukaiyasui-kitchen-layout/

U型は、シンクや加熱調理器具、配膳台や冷蔵庫といったものをU字型に配列したレイアウトです。独立した空間でも、オープンな空間でも両方に適しています。

メリットとしては、かなりの収納スペースを確保できるということでしょう。料理に凝っていて、調理道具を豊富に持っている人には最適です。

また、デザイン性から見えてもメリットがあります。システムキッチン特有の1枚カウンターにすることで、スッキリとしたスタイルにもなるでしょう。

デメリットといえば、ある程度の大きなスペースが必要です。あまりに狭い空間だと、上手に配置できないといった点があげられます。

キッチンの基本的な動作寸法と注意点

キッチンの基本的な動作として、作業する人の身長や手の届く範囲の寸法にも気を配りましょう。さらに、キッチンを使用する人が複数いる場合、人の動きや交錯するときのスペースも重要です。無理のない動きにならないように、配慮したいものです。

通常、システムキッチンのワークトップの高さは80cm、85cmの2種類。身長160cmの人が使用する場合には、85cmくらいが使いやすいとされています。またシステムキッチンの奥行きは、60cmと65cmが標準です。

いずれにしても、使用する人の体形と作業しやすい範囲の寸法を考慮して選択しましょう。

できれば、キッチンメーカーのショールームやマンションのモデルルームのキッチンなどで、現物を確認することがベスト。その際には、実際にキッチンで作業するような動きをし、使い勝手を確かめると良いですね。

まとめ

キッチンリフォームを行う場合には、ただ単にデザイン性だけを重視してはいけません。基本的な、キッチンの機能は頭に置いておいた方が良いでしょう。

またキッチンは一度取り替えると、頻繁に取り替えるものではありません。

そのため、場合によっては家族構成が変わったり、ライフスタイルも変化していくことも考えられます。5年後や10年後の変化を、ある程度見据えた上でキッチンの計画をしていくことも重要でしょう。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top