マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【今すぐ実践!】部屋を広く見せるインテリア術7選

【今すぐ実践!】部屋を広く見せるインテリア術7選

戸建て住宅に比べ、マンションは部屋数も少なくどうしても狭い作りになってしまいます。また、家族が多いほど収納なども多く必要になり部屋はますます狭くなってしまいます。

このような場合には、様々な工夫をする事で狭い部屋を広く見せる事ができますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

淡色や寒色の色の効果を利用する

には、それぞれ実際よりも広く見せたり、狭く見せる効果があります。

例えば、黒っぽい色や寒色系の色には、収縮効果があるため洋服などを選ぶ際には実際よりも細く見えお勧めですが、部屋のインテリアなどで使用すると実際よりも狭く見えるのでお勧めできません。反対に白や淡い色を選ぶと明るくて広々とした雰囲気になります。

基本的に、暗い色は小さく引き締まって見えるため部屋を狭く見せる、暖かみのある明るい色は大きく膨らんで見えるので部屋を広く見せると覚えておきましょう。

間仕切りを取り払う

また、狭い部屋に間仕切りなどがあると余計に圧迫感がでて窮屈な印象を与えてしまいます。

必要のない間仕切りは、すべて取っ払い開放感あふれる部屋にしましょう。もし、外す事ができない場合は、そこに明るい色のリメイクシートなどを貼って部屋を明るい印象に変えると開放感が出て部屋を広く見せる事ができます。

低い家具で空間を区切る

狭い部屋の特徴は、とにかく床面積が狭く小さい事が挙げられます。その為、背の高い家具を並べると圧迫感が増しさらに部屋を狭く見せてしまいます。家具を選ぶ時には、ハイタイプよりもロータイプのものを選ぶようにしましょう。

部屋を区切りたい場合は、ロータイプのボードや棚を使うと横ラインが強調され部屋が実際よりも広く見えます。また、家具を間仕切りに使う場合は、向こう側が抜けて見えるデザインを選ぶと圧迫感がなくお勧めです。

背の高い家具は壁の両端に置く

本棚や、洋服ダンスなどの背の高い家具は、部屋を圧迫しますのでなるべく部屋の両端に置くようにしましょう。

そして、背の高い家具を置く場合はフレームが細く視線が抜けるタイプのものですと圧迫感がなくなるのでよいでしょう。

収納家具は壁2面までに

一般的に一つの部屋には壁が4面ありますが収納家具はその2までに納めるようにしましょう。そうする事で、部屋がスッキリと広く見えます。収納家具を3面以上にするとどうしても部屋がごちゃごちゃとした印象になり、狭く感じてしまいます。

また収納家具の配置もいくつかありますが、最もスッキリとして部屋が広く見えるのは、壁1面に収めるI型と呼ばれる配置です。

カーテンや壁紙も重要

また、部屋の印象を大きく変えるものとして、カーテンや壁紙があります。これらも部屋を広く見せる為のアイテムとして重要です。狭い部屋に柄の入ったカーテンや壁紙を使う場合は、大ぶりな柄よりも小ぶりなものを選ぶようにすると圧迫感がなく部屋が広く見えます。

例えば、大きなドット柄のカーテンよりも、小さなドット柄を選ぶ方がよいでしょう。また、ストライプやボーダーにも部屋を広く見せる効果がありますので工夫して取り入れましょう。加えて、横に並ぶボーダー柄は、部屋を横長に見せてくれますし、ストライプ柄には、部屋を縦長に見せる効果もあります。

鏡を有効に使う

画像引用元:roomclip http://roomclip.jp/photo/kH5o

部屋にを置くのも広く見せるのには効果的です。特に、入り口や開口が映るようにすれば、自然光を受けて奥行きのある空間が作れるので部屋が広く見えお勧めです。

この他にも、照明器具が映るように置くと明るさが2倍になり広い空間を作れますし、観葉植物などが映るようにすれば奥行感がアップします。

まとめ

画像引用元:roomclip http://roomclip.jp/photo/FyoM

いかがでしたか?狭い部屋を広く見せる技は結構あると感じたのではないでしょうか?

マンション住まいの人でも、これらのレイアウトや色使い、柄やアイテムを有効に使う事で狭い部屋も広く見せる事ができます。

視覚効果を上手に活用し、部屋を今以上に広く開放的な空間に変えていきましょう。

756

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top