マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

隣地に高層ビル、日照権はどうなる?

隣地に高層ビル、日照権はどうなる?

昨今、高層マンションが多く立ち並ぶ中で、問題となっているのが日照権(日当たり)です。

高いマンションが建つと日差しが遮られ、窓が南向きになるように家を建てても太陽の光が届かないという場合も考えられます。ここでは、日照権(日当たり)についての基本を説明します。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

日照権とは?

日照権とは、誰もが持っている日当たりの良さを確保するための権利です。日当たりが悪いと、健康に悪影響を及ぼすほか光熱費が増えたり洗濯物が乾きにくくなるなどの不利益をもたらします。

「日照権」について明確に定義した法律・条文はありませんが、多くの判例で認められています。また、建築基準法という建物を建てるための法律によって日照が著しく阻害されないように定められています。これについては次の項で詳しく説明します。

特に気にしない、という人もいるかもしれませんが、太陽の光を浴びることは洗濯物が乾きやすいといった事例の他に、健康への影響もあることを知っておきましょう。

建築基準法の規制

建築基準法には、日照を確保するために「斜線制限」と「日影規制」が定められています。「斜線制限」とは、太陽の光を遮らない、風の通り道を塞がない、といった建物を建てるときの規制をいいます。特に重要なのが、建物を建てる際に、北側にある住居の日照権を確保するためにある規制です。

「日影規制」は斜線制限とは逆の考え方で、建物による日陰になっている時間を一定時間以下にするというものです。

これらの規制が曖昧となっているのは、地域によって適用される場合や基準が異なるためです。例えば、商業地区や工業地区にある自宅に太陽が当たらない場合は、対象外となることがあるのです。自宅が適用される地域に入っているかどうかをチェックしておく必要があります。

ただし、これらのケースに当てはまらなくても日照権が適用されることもあります。住んでいる人が害されていることをしっかりと立証できれば、日照権を訴求することができるのです。

日照権を守るために

このように、日照権は地域によっても違いますし、適用されてないと思っていても日照権が認められることもあります。素人には判断がつかないところが難しいところでもあります。

もし自宅の近くに大きな建物ができることが決まっており、日照権について侵害されることが想定される場合は、弁護士に頼るのが一番良いとでしょう。場合によっては、地域住民と一緒になって役所へ相談をしてみるのも効果的でしょう。

日照権が認められた場合は、工事の差し止めや賠償金の対象となります。都内の高層マンションを建築する場合は大手が事前に調べた上で設計をしているはずですが、「行動を起こしてもしょうがない」と思うのではなく、怪しいと思ったらまずは動いてみることが大切です。

まとめ

日照権(日当たり)については、これといった正解がないのが現状です。自分だけで判断ができない場合は、専門家の人に聞くのが一番です。また、1人では不安も多いでしょう。周辺の住民の方と協力をすることで、精神的にも楽になります。日当たりは健康のためにも重要なことです。おかしいと思ったら、行動に移すようにしてみましょう。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top