マンションジャーナル

マンションジャーナル

【知らなきゃ損!】DIYでシャワーの水を節約しよう!

【知らなきゃ損!】DIYでシャワーの水を節約しよう!

お風呂にシャワーが付いている家庭は多いと思います。しかし、当然ながらシャワーの水を多く使う事で水道代は高くなってしまいます。水道代の節約の為に自分で簡単にできるDIY術を紹介しますので、ぜひ節約の為に取り入れてみてください。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

シャワーヘッドを交換する

シャワーヘッドを交換する事で、水道代の約30~60%の節水をする事ができます。

お勧めのシャワーヘッドをいくつか紹介しましょう。

三栄水栓の節水シャワーヘッド

(画像引用元 Amazon https://www.amazon.co.jp/)

三栄水栓から出ている節水シャワーヘッドは、ステンレス製で、極細水流を実現しています。水道代が高くなる原因として、シャワーの水圧が強くシャワーをひねると多くの水が出る事が挙げられます。また節水構造のストップボタンによって、水の無駄使いを止める事ができます。

三栄水栓の節水シャワーヘッドはこちら!

アラミックの節水シャワー

(画像引用元 Amazon https://www.amazon.co.jp/)

アラミックの節水シャワープロ・プレミアムは、節水効果は脅威の60%で、水圧の増圧機能も付いています。また、ストップ機能と、水量調整機能も付いているので安心です。ステンレスコーティングされたヘッドは、高級感があり傷や汚れが付きにくいという特徴もあります。

アラミックの節水シャワーヘッドはこちら!

スモジィールシャワーヘッド

(画像引用元 Amazon https://www.amazon.co.jp/)

スモジィールは、低水圧、節水、などの機能を兼ね備えたシャワーヘッドです。また、節水だけでなく全身にミスト状のシャワーを浴びる事で、筋肉の疲れ、疲労回復、むくみ防止などの効果もあります。合計で、3つのモードが使え切り替えもピックを左右に動かすだけの簡単なものになっています。

スモジィールシャワーヘッドはこちら!

節水のカギはシャワーにある!

1年の中で最も水道代が高くなるのは、やはり夏場でしょう。夏には、シャワーを使う頻度が高くなり水の使用量が増えるからです。

夏には、外から帰ってきてまずシャワーをしたり、お風呂も浴槽に浸かると暑いからと、シャワーをする人も増えます。シャワーを15分程度使うと、およそ浴槽1杯分に相当する為、夏場の水道代が跳ね上がる原因になっているのです。4人家族で毎日1人15分のシャワーを使った場合、1か月で約7~8千円もの水道代がかかってしまう計算になります。

シャワーの使い方によっても変わる

シャワーを使う時の使い方によっても水道代がは大きく変わります。

水道代を節約するのに、最も効果的な方法は、シャワーをこまめに止める事です。シャンプーをしている最中、体を洗っている時、洗顔中などずっと出しっぱなしにしておく人もいますが、これは水の無駄使いになりますので、その都度こまめに水を止めるようにしましょう。

節水シャワーヘッドは、このような観点から見ても水道代の節約に大きな効果がありそうです。

まとめ

毎年、夏場にはダムの貯水量が減り水不足になる地域もあります。節水だけではなく、環境問題についての観点からも、節水は私達が真剣に取り組んでいくべき課題と言えるでしょう。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top