マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

要注意!仲介手数料を安くするなら知っておくべき不動産業界のルールとは?

要注意!仲介手数料を安くするなら知っておくべき不動産業界のルールとは?

今回は中古マンション購入を検討している方に、ぜひご注意頂きたい『不動産業界のルール』についてのお話をお届けします。

不動産業界には、いくつか「業界慣習」があります。一般の方には馴染みがないことですが、知らなければ不利益を被ることもしばしばあるのです

そこで本記事では、初めて中古マンション購入を経験する方が不利益を被る可能性が高く、実際に頻発しているのはケースに沿って説明していきます。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

A社経由で見学したことのある物件を、B社に紹介してもらうケース

例えば、以前から興味のあった物件をA社の案内で実際に見学したことがあるとしましょう。

その後、A社よりも条件の良い(例えば、仲介手数料が安い、営業マンが信頼出来そうなど)B社を見つけ、同物件をB社から購入したいと思いました。

この場合、B社から購入出来るケースと出来ないケースがあります。

一体、何故このようなことが起きるのでしょうか?

ポイントは、「物件の販売元の業者経由で一度見学をしてしまうと、他の仲介業者が介入することが出来なくなる」ということです。

理由としては、物件元の案内で見学をした物件を、別の仲介業者が再度案内して契約をしようとすると、「何故ウチのお客を取るんだ!」という形で抗議を受けてしまうからです。

このように、不動産業界では、いわゆる「顧客の横取り」が暗黙的にタブーとされています。

上記の例だと、前回見学をした時に案内をしてくれたA社が物件の販売元だと、B社から購入することは出来ません

しかし、ここで重要なのは、A社が物件販売元ではなく仲介業者であった場合であれば、B社から購入することが出来るという点です。

つまり、見学したことのある物件が、物件元経由の案内でなければ、同じ物件でも他社から購入出来るということです。

物件元は一般に出ている情報だけでは断定しにくいこともあるので、「以前案内してくれた会社が物件元なのか仲介会社なのか分からない」という場合には、新たに使いたいと思っている仲介会社に相談してみてください。

まとめ

まとめますと、ポイントは3点です。

  1. 物件販売元で見学をした場合、同じ物件は他社から購入することが難しい
  2. 仲介会社間の乗り換えは可能
  3. そもそも見学前に信頼出来る仲介会社を見つけ、最初からその仲介会社を利用する

例えば、5,000万円のお部屋を購入する場合、通常の不動産会社であれば約168万円もの仲介手数料が発生します(5,000万円×3%6万円+消費税)。

この金額は決して小さくないですよね。マンション購入には他にも、ローン保証料や司法書士費用など、諸々の費用が発生します。

節約出来るところは是非節約して頂いて、満足度の高いお買い物をするのが気持ちの良いマンション購入となるのではないでしょうか?

著者について

コンサルティングセールス谷鴻佑
仲介手数料最大無料の中古マンションWEBサービス「カウル」にて、中古マンションの購入・売却のコンサルティング営業を担当。
不動産に関する広範囲な知識を元に、分かりやすい情報提供と、お客様とって最高の家探し、マンション売却のお手伝いをしています。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top