マンションジャーナル

マンションジャーナル

要注意!仲介手数料を安くするなら知っておくべき不動産業界のルールとは?

要注意!仲介手数料を安くするなら知っておくべき不動産業界のルールとは?

マンション購入における仲介手数料が最大無料になる弊社サービス「カウル」をご利用頂いている皆様に、今回はご注意頂きたい『不動産業界のルール』についてのお話をお届けします。

>>カウルのWEBページはこちらからチェック!

最近、弊社へのお問い合わせで増えてきているのが、こんなケースです。

「以前、別の不動産会社で物件見学をしたのですが、カウルで手数料が半額になることを知りました。カウルさんからその物件を紹介してもらえば仲介手数料は半額になりますよね!?」

答えは、半分YESで半分NOです

不動産業界のルールとして、物件販売元(大手でいうと、住友不動産販売や東急リバブルなど)から直接のご案内を受けた後では、別の仲介会社が紹介することができないことになっています

理由としては、弊社からご案内させて頂こうとするとなぜウチのお客を取るんだ!」という形で抗議を受ける為です。

ただし、これはあくまで『物件販売元』で内覧を行なった場合です。

例えば、住友不動産販売が販売元のとある物件を、過去に住友不動産販売とは別のAという仲介会社経由で内覧をした場合であれば、あらためて弊社からご案内して、手数料半額によってご契約頂くことは可能です。

>>カウルのWEBページはこちらからチェック!


《弊社からのご案内が可能なケース》
・まだ一度も内覧をしたことがない
・物件元ではない、別の仲介会社経由で内覧をしたことがある

《弊社からのご案内が不可能なケース》
・物件元経由で内覧を過去にしてしまっている

弊社では、仲介手数料を半額にすることで、物件価格以外の経費を極力減らし、満足度の高いお買い物をして頂けるようにしています。

気になる物件がある方、マンション購入を検討している方は是非一度、弊社にご相談くださいませ!

>>カウルのWEBページはこちらからチェック!

関連記事:仲介手数料無料は詐欺?裏側のからくりを専門家が徹底解説

著者について

コンサルティングセールス谷鴻佑
仲介手数料最大無料の中古マンションWEBサービス「カウル」にて、中古マンションの購入・売却のコンサルティング営業を担当。
不動産に関する広範囲な知識を元に、分かりやすい情報提供と、お客様とって最高の家探し、マンション売却のお手伝いをしています。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top