マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

休日お出かけスポット いま話題の美術館

休日お出かけスポット いま話題の美術館

日本の美術館が世界遺産に登録されて話題になりましたが、他にも都内には西洋絵画や日本画など、様々な展示を行っている数多くの美術館があります。ここでは、ぜひ足を運んでいただきたい都心の美術館をご紹介します。

国立西洋美術館(台東区)

2016年に本館が世界遺産に登録されて話題になったのが上野公園にある国立西洋美術館です。モネの「睡蓮」を始めとして、ルノワール、ゴーギャン、ミレーなどの西洋絵画や様々な芸術作品を所蔵している美術館です。また、ルネサンス時代の絵画の常設展示なども行っています。そばに上野公園や不忍池があるので、帰りがけに散策しても気持ちがよいでしょう。

国立新美術館(港区)

国内最大の国立美術館です。国立美術館の中で唯一コレクションを持たない美術館であり、時期によってさまざまな展示を楽しむことができます。最近では、草間彌生氏の個展やミュシャ展など話題を集める個展が開かれています。

Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷区)

東急文化村を再開発して生まれた美術館ですが、演劇用劇場、音楽ホール、美術館、ギャラリー、レストランなど、芸術文化を総合的に楽しむことができます。

すみだ北斎美術館(墨田区)

2016年11月にオープンした葛飾北斎の常設展示がある美術館です。北斎終焉の地である浅草に隣接する墨田区にあるこの美術館では、企画展の他にも北斎のアトリエを再現したり、常設展では北斎の若かりし頃から晩年までの足跡をたどることができます。

【番外編】三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市)

23区内からは外れてしまいますが、ジブリファンなら一度は訪れたいのがココ。
チケットによる一日4回の入れ替え制、完全予約制なので、込み過ぎることもなくジブリの世界にどっぷりとひたることができます。井の頭公園でのんびり散歩したり吉祥寺のグルメを食べ歩いてもいいですね。

まとめ

いかがですか?国宝級の日本美術や教科書でも見かける西洋美術などから浮世絵、アニメーション作品に至るまで、都内では様々な美術館を見ることが可能です。東京国立博物館や三鷹の森ジブリ美術館の様に近くに公園がある美術館も多く、一日中楽しめる場所になっています。ご家族やカップルなどで出かけて見てはどうでしょうか?

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top