マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンションのペット規約に要注意!トラブルの原因とは?

マンションのペット規約に要注意!トラブルの原因とは?

犬や猫を飼っているひとにとって、ペットは家族の大事な一員だと思います。中古マンションを探していると「ペットを飼うのは規約上ダメ」というマンションがありますが、本当に飼うのはNGなのでしょうか?

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンションの管理規約を確認しよう

ペットの飼育がNGかどうかは、マンション毎の管理規約によって決まっています。「管理規約」はマンションの住民によって組織される「管理組合」で作成された決まり事のことで、書面としてまとめられています。

通常、マンション購入前の段階で書面を見る事は出来ませんが、不動産会社の営業マンに依頼をすればペット飼育を禁止する内容が含まれているかどうか確認することが出来ます。

ペットに関する管理規約は実際どのようなものがあるの?

では、管理規約において、ペットの飼育についてはどのように書かれているのでしょうか。実際にあった管理規約から、いくつか引用してみました。

  • 他の住人に迷惑や危害を及ぼす動植物等は、飼育や研究をしてはならない。
  • 動物は居室内で飼育し、共有部分で飼育してはならない
  • 共有部分では、排泄やブラッシングをしてはならない。
  • 窓を開けた状態での毛・羽の手入れを行わない。
  • 飼育動物を居室から出す場合、廊下やエレベーター、エントランスではケージに入れるか抱きかかえる事。
  • 飼育動物の疾病の予防、衛生害虫の発生防止に努め、管理を怠らない事。
    飼育動物が死亡した場合、適切に取り扱うこと。
    ペット飼育の会に入会し、飼育生物を届け出る事。

ペット購入可のマンションの管理規約は基本的には上記のような記述が多いです。しかし、マンションによっては独自の規約があるので成約前にしっかりと確認しましょう。

独自の規約としては例えば「上下左右(近隣)の住人の承諾・許可が必要」「3階までが飼育可、それより上階は不可」などがあります。管理規約は随時更新されるので、契約前に最新の管理規約を確認させてもらうといいでしょう。

ペットと幸せに暮らすためのマンションの選び方

トラブルは何故起きる?

注意して頂きたいのは管理規約で「ペットNG」になっているにもかかわらず、今住んでいる住人の中でペットを飼っている人が多くいる場合。

他の人がペットを飼っているのを見ると「なんだ、禁止されていてもペットを飼えるんじゃないか?」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

将来的に、管理組合での話し合いで問題になって完全にNGになったり、マンションの住人間で対立が生じてしまう可能性があります。

「こんなつもりじゃなかった…」ということにもなりかねませんので、ペットを新しいマンションで飼いたい方は管理規約で「ペットOK」になっているマンションに絞ってマンション探しをするようにしましょう。

マンションに内緒でペットを飼えるか?

ところで、中古マンションを購入すると、仲介手数料がかかりますよね。仲介手数料は、物件価格の3パーセントが上限として定められており、中古マンションを購入するための諸費用の中でも大きな割合を占めているのです。近年では、AIなどの最新のテクノロジーを活用して営業コストを削減し、その削減した分を「仲介手数料を半額・無料」という形でお客様に還元しているサービスも出てきています。ぜひ中古マンションを購入する際はサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

ポイント
ペットNGのマンションでは他の人が飼っていたとしても、ペットを飼う事は出来ない

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top