マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【2017年】フラット35Sの金利優遇は10月に変更!アシューマブルローン、子育て支援型、地域活性化型って一体なに?

【2017年】フラット35Sの金利優遇は10月に変更!アシューマブルローン、子育て支援型、地域活性化型って一体なに?

2017年のフラット35の概要が発表されました。35年間という長期に渡り金利が固定されるポイントが人気のフラット35ですが、金利優遇幅の引き下げについては国の予算金額の影響を受けるため、2017年にどのようにサービス内容が変更になるかが注目されていました。こちらの記事では、フラット35Sの金利優遇の詳細、新しく導入された制度である「アシューマブルローン」「子育て支援型」「地域活性化型」の詳細について解説していきます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

フラット35Sの金利優遇は継続!2017年10月からは0.3%→0.25%へ

フラット35の魅力の一つが金利優遇制度。当初5年、もしくは当初10年間、金利優遇が受けられるという制度で、「フラット35S」という呼び方をします。

現在は0.3%で優遇幅が設定されていますが、2017年も優遇自体は継続。ただし2017年10月以降に申し込みを行ったものは優遇幅が0.25%に変更となります。今年フラット35の利用を考えている方で、フラット35Sが使える物件を検討している方はなるべく早めの申し込みが良さそうです。

どのような場合にフラット35Sを使えるかは、下記の記事をご覧ください。

>>フラット35の適合証明って一体なに?

ちなみにここで言う「申し込み」とは「本審査」のこと。金融機関によってはフラット35の事前審査を実施していますが、これは「申し込み」に該当しませんので、注意が必要です。

低金利が引き継げる!アシューマブルローンが導入決定

今回の発表の大きな目玉は、前の物件所有者のローンを引き継ぐことが出来るアシューマブルローン。

なぜ、この制度が魅力的かというと、前の物件所有者が住宅を購入した時と比べ、あなたが家を購入しようとしたタイミングで「金利が高くなっていた場合」、以前の「低い金利」のまま住宅ローンを引き継ぐことが出来るからです。

フラット35は毎月金利の見直しが行われており、2008年6月にはフラット35の金利は3.05%(新規借入比率90%以下の場合)であり、2016年は基本的に下がり続けて来ましたが、今後金利が上昇することも可能性としてはありえます。以下は、ARUHIの金利推移一覧です(新規借入比率90%以下の場合)。

出典:https://www.aruhi-corp.co.jp/rate/transition/

アシューマブルローンの詳細はこれから発表されますが、現在の低金利でフラット35を利用してマンションを購入した場合、あなたの住宅ローンが低金利のプレミアとなり、他のマンションに比べ高額で売却出来る可能性があるかもしれません。

注意点としては、この制度を利用出来るのが長期優良住宅に限られるということ。2017年現在、長期優良住宅に認定されているマンションはまだまだ少ないため、利用出来るマンションの数は限られます。

また電話でフラット35に確認を取ったところ、金利が引き継がれるのはあくまで前所有者の「残債部分」のみ。物件価格が残債を上回っている場合、残りの借入部分がどのような扱いになるかは、制度の詳細発表が待たれます。

子育て支援型・地域活性化型も導入決定

また他の新商品として、子育て支援型・地域活性化型のフラット35も発表されました。これは保育園などの保育の受け皿を整備していたり、親世帯との同居や近居などの子育て支援や、Uターン、Jターンなどの地方移住、コンパクトシティの実現などを進めているエリアに居住した場合に適用される制度。借入から当初5年間、0.25%の優遇が受けられる予定です。こちらも、制度の詳細発表はこれからになります。

フラット35リノベも継続!

ちなみにリノベーションやリフォームにかかる費用もフラット35の費用として使える「フラット35リノベ」も継続されることが決定しました。マンションの購入と一緒にリフォームを考えている方には朗報と言えるでしょう。

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top