マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【知らないと損!】キッチンでの作業効率を上げる、ラップ収納の極意!

【知らないと損!】キッチンでの作業効率を上げる、ラップ収納の極意!

毎日の食事作りで出番が多いアイテムのラップ。サイズが違うラップをたくさんお持ちではないですか。用途に合わせて、大きいものや、小さいもの、それぞれあると便利ですが、収納を考えると一工夫が必要ですね。

ラップは使用頻度が高いものなので、ついついキッチンのシンク近くの作業場に置きっぱなしにしてしまったり、作業場に近いキッチンの引き出しの中に置かれているだけなんてことはありませんか。

引き出しに入らなかったり、入っても出しにくかったりする場合は作業効率を下げてしまいます。キッチンでの作業効率を上げるラップ収納術の極意を見ていきましょう!

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

収納を考える上で大切なこと

ラップを収納する上で大事なことは、自分が一番使いやすいと思える場所に収納することです。

  • 作業スペースに近い場所にある
  • すぐにラップを取り出すことが出来る
  • ストックをしまうことができるだけのスペースの余裕がある

このような条件を満たすような場所にラップをしまうことが出来れば、だいぶキッチンもすっきりして作業効率も上げることが出来るのではないでしょうか。

では早速、どのような場所に収納するとよいのかを見ていきましょう。

極意その1:キッチンの扉裏を収納スペースとして使う

ファイルボックス

出典:https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315790821

このような、100円ショップでも買えるようなファイルボックスを、マスキングテープや両面テープ、金属製のものであればマグネットを使ってキッチンの扉裏にくっつけます。そこにラップを立てて収納します。すると、キッチンの扉裏のデッドスペースが収納スペースに大変身!スペースを有効に活用することが可能になります!。

カラーも豊富なファイルボックスもありますし、リメイクシートを使えば好みのデザインにチェンジすることもできます。遊び感覚で楽しみながら収納を考えるのもいいですね。

この方法は、ラップだけでなく、クッキングペーパーやアルミホイル、ポリ袋、保存袋などいろいろ一緒に収納でき、様々なものに応用することができます。

極意その2:マグネット付きラップケースを使う

出典:https://www.muji.com/jp/

このようなマグネット付きラップケースを使うと、磁石がくっつく場所ならどこでもぺたりと付けることができます。使いやすい場所に置かれている冷蔵庫にぺたりと貼れば収納スペースに悩むこともありません。

最近はキッチンパネルがマグネットに対応しているものもあります。キッチンパネルに貼ることができれば、さらに便利ですね。シンプルなデザインなため、冷蔵庫やキッチンのデザインを邪魔することなく収納できます。ぺたりとするだけですから収納下手な人にも、おすすめです。

このマグネット付きラップケースには、少し小さいサイズもあるので、小さいサイズのラップを収納する時にも使うことが出来るので使い勝手が良いですね。

極意その3:フック付き吊り戸棚バスケットを使う

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/

これは、吊り戸棚に差し込んで吊り下げるだけで簡単に設置できます。2本の幅広フックもあり、後ろからと横からどちらからもラップを差し込める形状となっています。

また、このようなタイプの吊り戸棚の便利なところは、布巾や置き場所に困る“まな板”を乾かしながらおくことができますし、キッチンペーパーも一緒に収納することもできるところにあります。一つで何役もこなしてくれるので、重宝しそうですね。

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/

極意その4:突っ張り棒でキッチンの引き出しを区切る

出典:http://www.cainz.com/shop/g/g4936695255011/

ラップの収納にはホームセンターで売っている、このような突っ張り棒も活躍することが出来ます。

突っ張り棒を1本使って、キッチンの中の一番深い引き出しに分け目を作ります。その中に、ラップを立てて収納します。すると、そこがラップの収納スペースに変身します。

様々な大きさがあるラップも、縦に並べることによって取り出しやすくなりますよね。

この突っ張り棒を使った収納アイデアはまだあります。

突っ張り棒を2本、キッチンの引き出しの上部に横にして装着します。その2本の突っ張り棒の間にかごを置き、その中にラップを収納してあげることもできます。こうすることで、深さのあるキッチンの深い引き出しのデッドスペースをなくして、ラップ以外のものまで収納することができますね。

意外と収納には万能な突っ張り棒。彼らを活かして収納スペースを作り出してみてはいかがでしょうか。

まとめ

「キッチンがなんだか雑然としていてすっきりしない」と感じるとき、キッチングッズの収納方法について見直す時間をつくってみてはいかがでしょうか。いつも出しにくいと思っていてもそのまま継続して使っているものがきっとあります。

作業効率を妨げている要因はいくつかあるはず。毎日のお料理時間を楽しく、スムーズにするために まず初めの一歩としてキッチンでの作業効率を上げるラップの収納方法について見直してみましょう。

これ以外にも、コンロ周りの調味料や調理器具を片付けることも重要です。余裕がある方は100均で変える便利グッズを使って、キッチン周りを片付けてみてはいかがでしょうか。

お部屋を片付けることで気持ちもすっきりします。キッチンだけではなく、お部屋、クローゼットなどにしまってあるお洋服やバッグなどもキレイに片付けておくことが大事です。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top