マンションジャーナル

マンションジャーナル

おしゃれな部屋かどうかはカーテンスタイルで決まる!?

マンションジャーナル最新記事

More
おしゃれな部屋かどうかはカーテンスタイルで決まる!?

インテリアコーディネートの上で、カーテンはインテリアの印象を決める重要なアイテム。

そんなカーテンですが、実はいろいろな形状や素材があることはご存知でしょうか。

今回は、意外と知らなかったカーテンについて紹介しましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

カーテンの形状

カーテンの形状って、実はかなりあるのは知っていますか?

カーテンのショールームなどで見たことがあるけど、よく分からない人のために、人気カーテンの形状を紹介します。

ドレープ・レースカーテン

ドレープカーテンとは、不透過性のファブリックのことを言います。よくカーテンと呼ばれているものは、このドレープカーテンのことを指していることがほとんどです。

カーテンの定番スタイルは、ドレープと透過性のあるレースの組み合わせでしょう。メジャーな形状ではありますが、生地や柄、カーテンアクセサリーなどの小物で、カーテンの雰囲気はガラリと変わります。

例えば、カーテンアクセサリーにタッセルと呼ばれる、カーテンを脇に寄せて止めるバンドを見たことはありませんか。

通常このタッセルは、カーテンと同じ生地でつくることが多いため、あまり存在感を出すことがありません。

しかしこのタッセルを、インテリアのアクセントにした「装飾タッセル」と呼ばれるものがあります。

房飾りが付いたものやビーズが付いているもの、また布ではなくアイアン状になっているものなど種類も豊富です。

シェードカーテン

シェードカーテンは「ローマンシェード」と呼ばれることも多く、一枚の布をたくし上げるような形状のもの。

ドレープカーテンの生地ならではのしなやかさと、ロールスクリーンのような上げ下げできる機能を持ち合わせています。

装飾的な要素もあり、スタイルもかなりの種類があります。

よく見かけるシンプルなシェードカーテンは、プレーンタイプ。

シェードを全部おろしてしまうと、一枚のフラットな生地になります。

生地の柄によっては、タペストリーのような使い方も可能でしょう。

他には、水平のラインを強調したシャープなスタイルもあり、モダンなインテリアにも似合います。

また、クラシカルなインテリアで、見かけることの多いシェードのスタイルがバルーン。

シェードをたくし上げると裾に、ふっくらとした風船(バルーン)のような曲線が出てきます。

裾に、フリルなどを付けて女性らしい優雅なスタイルが人気です。

ブラインド

ブラインドは、並んだ羽の角度を調節することで光や通気、人からの視線を遮ったりすることが可能な形状になっています。

種類としては、横型の羽「ベネシャンブラインド」と縦型の羽「バーチカルブラインド」があります。

オフィスなどでよく見かける「横型のベネシャンブラインド」は、ベニスの水路を行き来する船乗り達からの視線を遮ったり、太陽の照り返しを遮るために使われたことが名前の由来となっています。

色や種類が豊富で単独使用だけではなく、カーテンと組み合わせることも可能です。

縦型のバーチカルブラインドは、横型ブランドよりも羽の幅が広く、羽を垂直方向に垂らして、回転させることによって光の量や視線を遮ります。

カーテンのように両開きで開くため、マンションの大きな掃き出し窓にカーテンではなく、バーチカルブラインドを採用する場合も多いでしょう。

カーテンの素材

カーテンのフォルムについて知っている人は多いかもしれませんが、素材にまで気にかける人は多くはないでしょう。カーテンの素材によっても、さまざまなメリットやデメリットはあります。

今回は、代表的なカーテンの素材について説明します。

天然繊維

カーテンで使われる天然繊維は、綿や麻、シルクといったものです。

プリントカーテンでよく使われる天然繊維は、綿が多いでしょう。

丈夫で吸水性があり、染色性も優れているため色鮮やかな生地のカーテンが出来上がります。

しかし、シワになりやすく、カビやすいといったところがデメリット。

綿で出来ているカーテン生地の場合、通常そのまま使われるわけではなく、水による収縮を防止するための加工を施されます。

麻は、耐水性や耐熱性などに優れており、通気性も兼ね備えています。あのサラッとしたナチュラルな手触りは、麻ならではでしょう。

ただし、シワになりやすくドレープ性に欠けるため、ポリエステルなどと混合する場合があります。

ラグジュアリー感漂うシルクは、独自の風合いがあり高級感を兼ね備えています。

シルクは、綿や麻に比べるとシワに強いといった利点もあります。ただし、他の素材と比べると高価でしょう。

化学繊維

化学繊維では、ポリエステルやアクリルが主流です。

ポリエステルの紡績糸は、綿のような風合いがあり、繊維が強く、しなやかでシワになりにくいといったメリットがあります。

他には、熱にも強く加工も容易。キレイなプリーツを、付けたいときにも最適でしょう。また、難燃加工も可能です。

デメリットといえば、帯電しやすく汚れやすいといった面でしょう。

欠点はありますが、それを上回る利点が多いためレースカーテンやドレープカーテンなどでも主力繊維として市場に出回っています。

また、アクリル繊維のものは、羊毛のようなテクスチャーです。柔らかく弾力性があり、吸水性が低く、乾きも早いでしょう。

耐久性にも富み、シワにもなりにくいといった特徴もあります。デメリットでは、帯電しやすく、毛玉ができやすいことでしょう。

ドレープからシアーカーテンまでさまざまなものに使われています。

木の素材を使ったカーテンというと、木製ブラインドです。

木製ブラインドは、木のナチュラルさと落ち着いた雰囲気が最大の魅力でしょう。

羽の大きさが、アルミのものと比べると大きいため、掃除もしやすいといったメリットがあります。

また、アルミのブラインドを折り曲げてしまった経験をした人もいるのではないでしょうか。

木製の場合には、アルミと比べると折り曲げにくいといったことも嬉しいポイントのひとつでしょう。

デメリットといえば、他の素材と比べると重量があるということです。特に、海外製品などは重い場合があります。

デザイン性を考えると海外のものは優れていますが、どちらかと言うと使いやすさやアフターケアなどを考慮される人は、国内メーカーのウッドブラインドが安心して使えるでしょう。

まとめ

窓装飾に欠かせないカーテンについて、少しでも理解が深めましたでしょうか。インテリアスタイルを決める上でも、カーテンは大切。

お部屋のインテリアスタイルに合うかどうかを考慮して、素敵なカーテンを選んでくださいね。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top