マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

一流の住まいには、必ず一流のキッチンやバスルームがある。

一流の住まいには、必ず一流のキッチンやバスルームがある。

”高級マンション”と呼べれるようなマンションには共通することがいくつかあります。

例えば、車寄せが可能なエントランスがあり、セキュリティシステムが充実していたり、フロントでコンシェルジュサービスが受けられるなどです。

今回は最も大切な居住空間である各部屋において、設備として一体どのようなものを採用しているのかに注目したいと思っています。

それでは早速キッチンの設備から見ていきましょう!

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

キッチン

キッチンやお風呂などの水回りにはドイツ製のものを採用していることが多いです。

キッチンでよく目にするメーカーはグローエ社やミーレ社の製品です。いずれもドイツで創業したブランドです。

グローエ社は1936年創業のサニタリーブランド、製品はその使いやすさはもちろんのこと、見た人が一目でグローエだと分かるようなデザインになっています。

また、グローエ製品はデザイン性から様々な製品が国内外問わず多くの国でデザイン賞を受賞しています。

さらに、高い品質のものを提供するため、第三者機関による品質テストを行っています。

近年では、環境を考え、エネルギーや水を節約できる製品の開発に力を入れています。

ミーレ社はプレミアム家電ブランドで、ビルトインタイプの家電を主に製造しています。

高級マンションでよく使われているのが備え付けの食器洗浄器です。

国内製品で多く見られる引き出しタイプのものとは違い、手前に開くフロントオープンタイプになっています。

手前に開く分のスペースが必要になりますが、サイズの大きい食器や調理器具も洗えるというメリットがあります。

バスルーム

バスルームには先ほどご紹介したグローエのほか、ドンプラハ、ハンスグローエやジャクソンのものをよく目にします。

ドンプラハ社は1950年創業で、その製品はグローエ社と共に世界の高級ホテルや住宅などで使われています。

高級マンションの洗面器でもドンプラハ製の水栓が採用されていることが多いです。

ドンプラハ社製品の最大の特徴は、製造工程のほとんどを手作業で行っていることです。

それゆえドンプラハの製品は「宝石のように美しい」と言われています。

ハンスグローエも1901年創業で、同様に水栓の人気が高く、世界的に見ても高いシェアを誇ります。

バスタブとしてよく知られているのがジャクソンです。実は日本のメーカーです。

日本の伝統的なお風呂の良さを世界に発信していくことをコンセプトに、見た目だけでなく、高品質かつ高機能なバスタブを製造しています。

まとめ

マンションを選ぶ際、ロケーションや利便性も大切ですが、住宅設備にも目を向けることをお勧めします。

デザイン性や使い勝手だけでなく、壊れた時の修理や保証についても事前に調べておくと良いでしょう。

>>>マンション情報はこちらからご覧になれます

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top