マンションジャーナル

マンションジャーナル

【女子必見!】靴の収納にまつわるアノ「悩み」を即解決!!

マンションジャーナル最新記事

More
【女子必見!】靴の収納にまつわるアノ「悩み」を即解決!!

女性の皆さん、靴箱の整理整頓はできていますか?

レディース靴は1つ1つの大きさがマチマチなので、デッドスペースができやすいです。靴の収納について深く考慮せずに、たくさん買ってしまう方も多いのではないでしょうか?

ということで、今回は綺麗に靴を靴箱にしまうためのとっておきの収納法をいくつかご紹介します!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ステップ1 靴も断捨離しよう

靴箱にしまっている靴は、みんな履いてあげていますか?お気に入りの2・3足を玄関に置いたままの状態でローテーションしている方も多いと思います。

そんな時は断捨離の対象としてまずは靴の総量を減らすことから始めましょう。

例えば、シーズン物の靴なのに一度も出番のなかった靴は、何かそれなりの理由があるはずです。

自分のファッションに合わない、流行りじゃない、足に合わない、などなどありますよね。そのような靴は思い切って捨ててしまうのが一番ですよ!

ステップ2 靴も衣替えをしよう

皆さんは、靴を季節ごとに入れ替えていますか?

考えてみれば当たり前のことなのですが、実際に入れ替えている方は意外にも少ないです。

例えば、春になってもまだムートンブーツを履いている方を街で見かけたらどうでしょうか?これは、整理が上手くできていないために起きてしまうのです。

実際にお家での靴の衣替えがしっかりとできていれば、そのようなことは起こりませんよね?季節感を大事にするということは、おしゃれをする上でも大事なことです。素敵女子になるためには、まず衣替えをしましょう。

>>>服の衣替えの仕方がわからない!という人はこちら

春になったら、モコモコのブーツはしまったり、重い色のロングブーツはしまってしまいましょう。

収納するときのポイントをご紹介します。

縦に長い靴箱の方は、使わないもの順に上からしまってしまいましょう。また、靴箱にあまり物を起きたくない方や、収納がどうしても足りない場合は、大きめのジップロックに入れて、それを箱に入れて保管しましょう。

しまうときに、中身の見えない箱に入れてしまうと、取り出すときに大変になってしまうので、100均で売っているクリアボックスなどに入れて見える化してあげると良いと思います。
どうしても中身が見えるのが好きではない方は、統一感のあるボックスに靴を入れ、そのボックスの蓋に中の靴の写真を貼っておくと見栄えもいいですよ!

ステップ3 靴箱の形状にあった収納を選ぼう

1つ1つの棚に高さがある場合

この場合は、突っ張り棒で二段に分割してみましょう!運動靴や革靴などの高さのない靴をそのまま置いてしまっては、デッドスペースが出来てしまいますよね。

また、傘を入れるための細長い棚が付いている靴箱もありますが、傘立ては他にあることも多くデッドスペースになりがちです。その部分にも突っ張り棒を使って棚を作ってしまいましょう。

奥行きがある場合

奥行きがある収納は、靴を1つだけ置くにはスペースが勿体無いけれど、そのまま2足置くには取り出しにくいですよね。

そんな時は、新たに取って付き収納ボックスを付け足しましょう。このようにしておくと奥の靴も簡単に取り出すことができますし、デッドスペースを有効活用できます。箱も透明のものにしておくと、奥の靴が何であるのが一目でわかります!

ステップ4 便利グッズを使おう!

ここまでのステップを行ってもまだ靴がしまいきれない!という方には、便利グッズをご紹介します。

収納スペースを半分に!

出典:http://www.rakuten.co.jp/

靴1足分のスペースを、グッズを使うことにより靴が2足置ける空間に早変わりします!ヒールによって高さを変えられる商品も多くとても便利です。

>>>この商品はこちら

書類ホルダーで立て収納

出典:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

100均でも販売されているような透明な書類ホルダーでも靴の収納は可能です。ヒールの高い靴は難しいですが、高さのない靴などを収納するのには丁度いい大きさになっています。

>>>この商品はこちら

>>>何にでも応用可能な100均収納グッズとは?

まとめ

いかがでしたか?おしゃれは足元からという言葉があるように、綺麗な靴を履いていたいですよね。

今回紹介した収納法の中で、ご自身の靴箱にあった収納をしてみてください!

靴箱を整理して綺麗な状態で保管することで気分も上がり、さらなる女子力向上も見込めるかもしれませんよ!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top