マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

大きく変わる渋谷は注目の街!

大きく変わる渋谷は注目の街!

いま、渋谷が変わりつつあります。

渋谷のパルコが2016年8月に閉館して改装工事に入り、2019年リニューアルオープンを予定しています。また、東急プラザがあった跡地でも再開発工事が進行中です。そして、2020年のオリンピックとその先を見据えて渋谷では2027年の完成を目指して区内を中心に大規模開発が進んでいます。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

渋谷の街の再開発は2012年の渋谷ヒカリエから始まりました。2018年に渋谷駅南街区にオープンする複合ビル「渋谷ストリーム」を皮切りに、東京オリンピックの開催される2020年までに駅ビルの東棟や道玄坂の複合ビルや南平台のオフィスビルなどの施設が相次いでが完成します。オリンピックの開催後も再開発は続き、駅ビルの中央棟、西棟や駅西口の整備が進み、2027年に全ての開発が完了します。

展望デッキのある超高層ビル

新しくなる渋谷の駅ビルは東棟、中央棟、西棟からなります、2019年オープン予定の東棟は地上47階高さ230メートルの高層ビルで、場所はちょうど渋谷ヒカリエと渋谷駅の中間に位置します。

サンシャイン60とほぼ同じ高さのこの施設は屋上が展望庭園として整備され、一度に多くの人が高所からの眺望を楽しむことができます。最上階のまわりをガラス張りの回廊が囲み、中央は屋根のないオープンスペースになる予定で、新しい観光資源として海外からの観光客を含む多くの人が訪れる場所になるでしょう。

交通の利便性もアップ

東急プラザの跡地に建設される複合ビル渋谷ストリームには、空港リムジンバスの発着場を含むバスターミナルが導入される予定です。渋谷駅からは歩行者デッキで連絡されるので更に利便性が高くなりそうです。また、鉄道網では、地下鉄銀座線のホーム改修と移動が行われている他、JR線と地下鉄の4路線とが直接つながる「アーバン・コア」が導入され、地上3階でJRと接続し、埼京線や湘南新宿ラインも移設されます。

ビジネスオフィスとオアシス「渋谷川」

駅の南エリアは桜ケ丘地区と南平台地区に37階建てのビルを始めとする5棟のビルが建設あされ、ホテルや住居も併設したビジネスオフィス街が形成されます。

また、渋谷には以前渋谷川という河川が流れていました。街の開発と共に地面の下と流れるようになっていたこの川を、今回の開発では南街区に復活させ、憩いの場所にする計画も進んでいます。金王橋の上流には「渋谷三丁目のシンボルとなる広場」を建設する計画で、渋谷川広場と名づけられる予定です。

ハチ公周辺の整備も

オリンピック後には西口のハチ公周辺の整備も行われます。西側から東西をつなぐデッキが整備され徒歩でのアクセスが向上、駅ビルの東棟につづく地上10階の中央棟、地上13階の西棟が建設され、渋谷駅の上には3つの高層ビルが立ち並ぶことになります。

周辺地域の再開発も進む

渋谷周辺の地域でも開発が進んでおり、恵比寿ではタワーマンションの開発が行われたり渋谷から一駅の池尻大橋では駅近くに日本通運の跡地に東邦大学医療センター大橋病院が2018年に開院するなど、渋谷周辺の生活環境も良くなっています。

また、東京オリンピックの競技会場の一つである新国立競技場から間近のエリアである南青山地区でもビル建て替えなど再開発が行われています。渋谷駅での鉄道やバスなどの交通の利便性がアップすることで南青山へのアクセスの改善が期待できます。他にも、東急線で渋谷から一駅の代官山では2015年に商業施設「LOG ROAD DAIKANYAMA」がオープンしています。

今回の開発では渋谷南街区から代官山までの約1.5kmの区間を遊歩道として整備し、遊歩道と商業施設が融合した裏渋谷エリアのショッピングエリアとして展開する予定になっています。

まとめ

渋谷周辺の再開発は100年に一度の規模と言われています。

それはただ、商業ビルの利便性を高めただけのものではなく、2020年のオリンピックを見据えた電車やバスを利用しての駅のアクセス向上や東棟ビルの展望台などによる新たな観光資源の創出、オフィスエリアの充実なども行い、東京オリンピックの後の成長も視野に入れた幅広い視点での開発になっているのです。

センター街、東急文化村、パルコの出店、渋谷ヒカリエ…など常に時代の最先端を走ってきた渋谷の街ですが、新たな再開発で街や周辺の南青山・恵比寿・代官山・池尻大橋など周辺の住環境も変わっていきます。2027年には高層ビルが立ち並び、世界に発信できる街として成長した渋谷を見ることができそうですね。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top