マンションジャーナル

マンションジャーナル

リノベーションで自分の理想の空間を

マンションジャーナル最新記事

More
リノベーションで自分の理想の空間を

0から自分たちの住みたい空間を作ろうとすると、建築士の人と綿密な打ち合わせを重ね家を建てる必要があります。ただ、こだわりが強いほど費用は高くなりますし、建築士に設計をしてもらうだけで割高になってしまいます。

また、都心部であれば一軒家を手に入れるのはハードルが高く、マンションも高額なものが多いです。

そこで、一から自分だけの空間を作ることができるリノベーションに人気が集まっています。ここでは、リノベーションの事例と費用についてまとめます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

リノベーションの魅力について

https://renoverisu.jp/case/p/howzlife-single_liferenovation/

リノベーションとは、中古の一軒家やマンションを購入し、自分が好きなように「改造」することを言います。リノベーションには様々な魅力があります。

まず、購入価格を抑えることができます。新築の物件を購入するよりも、中古物件であれば費用を抑えることができますし、都心に近い物件でも手が届くかもしれません。費用を抑えて手に入れた物件をリノベーションすることによって、合計の費用を抑えることができるようになるのです。

また、リノベーションをすれば自分の好みの部屋を作ることができます。中古物件の場合、キッチンやお風呂は前のモデルになっていることが多いでしょう。リノベーションで最新の設備にすることができますし、自分好みの設備にすることができるのです。

例えば、お風呂にはあまりこだわりがないのでできるだけ安いシンプルなものを選び、キッチンはシステムキッチンに変えるプランを立てることができるようになります。

リノベーションの費用について

http://www.kukansha.com/works/41.html

リノベーションの費用は、専門企業によって大きく違います。一番良いのは、好みを伝えて見積もりを出してもらうことです。複数のリノベーション会社に依頼をして、見積もりを比較してみてもいいでしょう。

価格に差が出やすいポイントをお伝えします。1つは壁紙です。壁紙は1平方メートルで2千円違った場合、家全体を考えると何十万円という差が出てきます。

リノベーションの場合は、新しい壁紙に張り替える場合が多いため、前の壁紙を剥がした後の凸凹が目立たないように、厚めの壁紙にすることが多いのですが、厚くしすぎると単価が上がっていきます。リノベーション会社に聞けばどのタイプが良いのか教えてくれますが、価格が高くなり過ぎた場合は壁紙の見直しをしてみるといいでしょう。

1つ1つの設備についても「何にこだわりたいのか」を明確にしておきましょう。トイレやお風呂はメーカーによっても値段に差がありますので、ショールームに出向いてみることをお勧めします。リノベーション前はぼんやりとしているイメージもショールームに行くことで形になってくることがあります。

人気のあるスケルトンリフォーム

リノベーションの魅力には、間取りを変更できるポイントもあります。都心に多いのは、大きなリビングを手に入れたいという人です。3LDKのマンションを購入した後、1つの壁を取り除いて広いリビングのある2LDKにすることができるスケルトンリフォームは、リノベーションをする上での大きなメリットでしょう。

子供がいない家庭や、子供が1人で部屋がたくさんいらない家庭など、自分たちの理想的な空間を作ることができるようになります。押入れをリフォームするのも多いですね。奥行きがありますので、うまく利用をして引き戸を綺麗にしてみたり、仕切りを入れて棚の数を増やしたり、収納を理想的にできるのもリノベーションの魅力です。

まとめ

リノベーションについて、魅力が伝わったのではないでしょうか。自分たちの空間を手に入れることができると、生活は豊かになりますし、こだわりが満足感へと変わっていくものです。費用を抑え、好みの家を手に入れることができるリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

>>>「リノべる。で1点モノの住まいを手に入れよう!!」も併せてチェック!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top