マンションジャーナル

マンションジャーナル

【今すぐ実践!】狭いマンションでも子ども部屋を作る秘訣とは?

【今すぐ実践!】狭いマンションでも子ども部屋を作る秘訣とは?

都内では桜も色めき、入学式を迎えた人たちも多いのではないでしょうか。

そこで子どもたちが成長するうえで欠かせないのが子ども部屋です。

しかし、都心のマンションにお住いの場合、スペースがだいぶ限られているため、家具の配置に頭を悩ませたり、そもそも部屋の確保が難しいという人も多いのではと思います。

今回は、そんな子ども部屋について色々書いてみました!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

子ども部屋はいつ頃作ればいい?

子ども部屋には就寝と収納以外に、勉強スペースとしての役割があることも考えなければなりません。

そのため、小学校に入学する頃には子ども部屋を設けるのがベストだと思います。

しかし、部屋があると子どもに目が届きにくくなるというデメリットも生じるので注意が必要です。

各部屋に“子どもコーナー”!

ba7a0a4793b7d8c029ea3cfb8f7fe610_s

その対策として、子ども部屋は作らずに、各部屋に子ども専用のスペースを設けることもできます。

以下が具体例です。

  • 両親も眠る寝室に、子ども用のベッドを置く。
  • リビングには子どものおもちゃ収納を置く。
  • 両親が使う本棚の一角には、子どもの絵本コーナーを設ける。
  • ウォーキングクローゼットには子どものための収納ケースを置く。

こうして、各所に子どもコーナーを設けて、その管理は本人に任せるという方法で、子どもの自立心を育むことが可能になります。

さらに、もし兄弟がいるなら、個人ごとの収納を作ることで、それぞれの責任を明確にします。

そうすることで、子ども部屋がなくても、自分のモノの管理は自分でしっかりと行う習慣が身につくことでしょう。

収納は細かく分けているものを選ぶのはあまり好ましくありません。

長く使うにつれて、子どもなりの収納の仕方ができてきます。

最初から細かく仕切られていては、子どもが自分で考え工夫する余地がなくなってしまいます。

子ども部屋の作り方

幼児期からから子ども部屋を与える場合には、あまり家具は置かずに子どもが思い切りおもちゃを広げて遊べるような空間を作りましょう。

パステルカラーの家具は幼児期にはお似合いですが、男の子は小学校高学年になると嫌がる場合もありますから、長く使えるシンプルなものを選ぶといいでしょう。

子どもの成長を考えて、成長に合わせて座面を変えられる椅子を選ぶのもいいです。

椅子 子育て

出典:http://item.rakuten.co.jp/rcmdfa/ms-sk-trapp/

子ども部屋にちょうど良い部屋がない場合も、工夫次第で子ども部屋は作れます。

たとえば、広いリビングの一角や寝室の一角をパーティションで仕切って子ども部屋にする。

兄弟に一部屋しか与えられない場合でも、二段ベッドや本棚で仕切って二部屋のようにしてプライバシーを保つことができます。

子ども部屋の収納

子ども部屋は服やおもちゃ、本、楽器など、他の部屋に比べて物が増えやすい部屋です。

机の下に引き出しを置く、ベッドの下など、使える収納スペースを広げることをおすすめします。

また、使わなくなった教科書や参考書などは積極的に捨てることをおすすめします。

後でまた使うかもと取って置く人も多いと思いますが、現代ではインターネットを利用すれば欲しい情報が容易に手に入るので、処分した方が良いと思います。

まとめ

子ども部屋の作り方のヒントをご紹介しました。狭いマンションでも工夫次第で子ども部屋は与えられます。

また、もし子ども部屋をすぐに与えられないとしても、子どもの自立心は工夫次第で育てられます。ぜひ参考にしてみてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top