マンションジャーナル

マンションジャーナル

【衣替えシーズン到来!】冬服を収納する前の注意点とは?

マンションジャーナル最新記事

More
【衣替えシーズン到来!】冬服を収納する前の注意点とは?

日差しも暖かくなり、春物の服を着たくなってきました。そろそろ衣替えのシーズンです。この冬にお世話になったコートやセーター、マフラーなどを収納する前に、感謝の気持ちを込めてお手入れをしておきましょう。お気に入りの冬服に来シーズンも大活躍してもらうために、収納する前に注意しなければいけないポイントをお伝えします。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

しみや汚れの除去

一度でも着た洋服は、きちんと洗濯してから収納しましょう。ほんのすこしのしみや汚れも、黄ばみや虫食いの原因になります。

自宅で洗濯、もしくはクリーニングを利用し汚れをしっかり落としてから収納しましょう。ウール素材や柔らかく光沢があるカシミヤはドライマークがついていれば自宅で洗えます。摩擦防止のために1枚ずつ優しく、短時間で洗います。そして風通しの良い場所に平干台を置き、かたちを整えて自然乾燥させます。

収納場所もお掃除

せっかく衣類をきれいにしても、収納場所が汚れていては台無しです。クローゼットや押入れなど収納場所にホコリやごみが溜まっていませんか。衣類を入れ替えるこの時こそ、絶好のお掃除チャンスです。

春のお天気のよい日に、引き出しの角やクローゼットの角など掃除機のブラシノズルを利用してホコリを吸い取り、しっかりお掃除しておきましょう。拭き掃除をする場合は 乾拭きが基本です。衣類保管には湿気は禁物です。

防虫剤の準備

防虫剤は、エンペントリン、ナフタリン、しょうのうなどいくつか種類があります。形状も異なり、クローゼットにかけるタイプのものや 衣装ケースに入れるタイプのものなどさまざまです。収納する服の素材や収納場所を決めてから防虫剤を用意しましょう。

冬服素材といえば、毛皮や皮製品です。手皮や皮製品には防虫効果が高く、持続性が優れているナフタリンがおすすめです。防虫剤から出る成分は、空気より重いので衣装ケースの下に入れても効果は弱いです。上から下へ成分が下りてくることをイメージすると置くポイントとしては、衣装ケースの上に置くようにしましょう。

断捨離

せっかくの衣替えシーズン到来です。収納スペースにとりあえず入れてしまうのではなく、翌年使うかを考え、手放すと決めたものはこれを機会に処分しましょう。

収納スペースに衣類の詰め込みすぎはNGです。程よいゆとりがなければ衣類にシワができやすくなり、湿気もたまりやすくなります。特にウール素材やカシミアはふんわりたたんだ状態で、収納スペースの8割収納を意識しましょう。

まとめ

冬服は特にかさばります。ダウンや毛のものも多く、管理が大切です。是非時間を見つけて衣替えの前のケアを行ってください。冬服を全部床に並べて来年も着るか、ありがとうと言って処分するかを検討するのも大切です。普段なかなかできない衣類の整理を、衣替えシーズンに合わせておこなってみてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top