マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

「東京のブルックリン」蔵前の魅力を紹介

「東京のブルックリン」蔵前の魅力を紹介

東京にスカイツリーが開業して以来、かつて下町と呼ばれていた地域に関心が高まっています。その代表格として最近人気なのが台東区の蔵前です。最近では、サンフランシスコの有名店、ダンデライオンチョコレートが日本初出店して話題になりました。

おしゃれなカフェや個性的な飲食店が並ぶ風景はどこかニューヨークの人口密集地区であるブルックリンの街並みを想わせる所から「東京のブルックリン」とも呼ばれています。

蔵前は東京の日本橋と浅草の中間に位置するエリアです。その名前は江戸幕府の御米蔵(浅草御蔵)があったことに由来しています。蔵の町として栄えた蔵前は次第に玩具問屋などが土並ぶものづくりの街として栄えるようになって行きました。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

蔵前の街をリニューアルした話題のお店

 ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前

サンフランシスコからの日本第一号の出典として有名になったチョコレートとカフェのお店です。店内のチョコレートファクトリーに併設されたカフェではホットチョコレートやブラウニーを食べることができます。

 NAKAMURA TEA LIFE STORE

創業100年を超える静岡の老舗のお茶屋問屋である「中村屋」が蔵前にオープンしたお茶の専門店です。急須でお茶を飲むという文化を広めたい、という思いから作られたこのお店では無農薬栽培された商品の全てに茶葉の収穫日、収穫場所、栽培担当者や栽培方法が記載された品質保証書が付いています。家族や友人など、親しい人にも安心して飲んでもらえる商品になっています。

 MIRROR(バー・カフェなど)

隅田川沿いに立つカフェやバーなどが入居した複合施設です。川を眺めながらチェアに腰掛けたり、洋風の座敷でくつろいだり…を自分にあったすたるで食事やお酒を頂くことができる場所です。

伝統と和食のお店

新しいお店や洋風の飲食店なども出典する中で歴史のある蔵前の街では長い伝統のある飲食店や素材にこだわった定食のお店なども頑張っています。

いせや (天ぷら)

蔵前には古くから営業している飲食店も数多くあります。中でもいせやは120年の伝統をもつ老舗の天ぷら屋さんです。どんぶりからはみ出す位盛りつけられた天丼はごま油を使用して揚げているので、女性にも食べやすいと評判です。

 結わえる(定食)

健康のための玄米生活を提案する素材にこだわった定食のお店です。名物は炊き上げてから3日間以上寝かせるという「寝かせ玄米」です。一緒に頂くお惣菜は肉や魚などバラエティに富みんだものが揃っています。・

ものづくりの街として

以上の様に古いものと新しいものが同居して新たな魅力を生み出している蔵前ですが、

ものづくりの街としての側面を古くから持っています。靴やカバン、帽子などの日用品の他、江戸表具、三味線、太鼓、神輿、江戸漆器や提灯などの伝統産業に関するものの製造も行い、代々技術の継承と研磨を行っています。

台東区では毎年、地場産業部門、伝統的産業部門に分け、区内の産業を支えている職人を

優秀技能者顕彰制度で表彰し、伝統文化や技術の継承に勤めています。

また、平成27年度には極めて優れた技能を持ち、他の技能者の模範と認められる人々を認定する東京都の優秀技能者表彰制度、東京マイスター表彰を稲田漆工芸者の稲田氏が受賞しています。

 新旧の融合

江戸時代から商業・文化の中心地であり、ものづくりの街でもあった蔵前は古い文化や技術の継承や保護を行うだけでなく、新しいものを取り入れて、新しいものと古いものの融合する街として発展しつつあります。

その商品やサービスの根底に流れているのは、おそらく日本古来の「おもてなし」の心なのでしょう。

古くて新しい街、東京のブルックリン・蔵前にあなたも足を運んでみて下さい。

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top